まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/01/18(木)16:44:28 ID:Dvt
    プロスピ諦めないけどこれは有能 楽しみや~
    あとはサクセスがまともなら良作確定 栄冠は知らん
    no title

    no title

    【パワプロ2018、サクセスキャラ200人以上収録!!】の続きを読む

    20180118-00010002-sportiva-000-1-view




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/01/18(木) 17:39:49.60 ID:tpuGbtgz0
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180118-00010002-sportiva-base

     そして今シーズン、昨年の京田や源田のように、チームの“隙間”にスッポリはまりそうなルーキーがいる。ロッテがドラフト2位で指名した藤岡裕大だ。社会人の名門・トヨタ自動車で2年間腕を磨き、満を持しての入団となった。

     その2年前のドラフト。当時、亜細亜大4年の藤岡は強肩、強打、快足の内野手として指名候補に挙がっていた。
    しかも東都大学リーグで6連覇を達成した時代の、いわば黄金期の中心選手として、単なるドラフト候補どころか上位指名もあるのではないかと注目を集めていた。

     しかし、結果はまさかの“指名漏れ”。そのときの悔しさがトヨタ自動車での2年間を実り多きものにしてくれたと、本人も認めている。

     トヨタ自動車での1年目、藤岡に与えられたポジションはライトだった。なぜなら、ショートには源田がいたからだ。
    だが、そのライトの守備が凄かった。俊敏な動きで難しい打球に追いつき、“超”がつくほどの鉄砲肩で何度も走者の進塁を阻止。これまで何年も外野を守っていたかのような熟練したうまさがあった。

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/01/18(木) 17:40:41.01 ID:tpuGbtgz0
     そして昨シーズン、今度は源田の抜けたショートに回ると、ここでもスーパープレーを連発した。
    鋭い野球勘とめったにエラーをしない精度の高いプレーを持ち味とするのが源田なら、飛んできた難しい打球に追いつく瞬発力とパワフルなスローイングで打者走者をアウトにしてしまうのが藤岡だ。

     実力は申し分なし。なにより、今のロッテには正遊撃手がいないという現状も、“藤岡推し”の大きな理由となる。
    2016年のドラフト1位・平沢大河はなかなかレギュラー獲りの兆しが見えず、フィールディングのいい三木亮が抜擢されることも多かったが、バッティングに課題を残した。ならば、藤岡はどうか。

     守備のうまさは先述したとおりだが、バッティングだってまだ粗削りな部分はあるものの、一発で仕留めてしまう“怖さ”を持っている。

     印象に残っているのが昨年夏の都市対抗、九州三菱自動車との1回戦だ。緊迫した試合は、延長11回を終わり1対1の同点。タイブレークの攻防となった12回裏だった。
    一死満塁で打席に入った藤岡は、初球をひと振りで仕留め、打った瞬間「それ」とわかる特大アーチを放ってみせた。

     京田や源田と同じように、多少のミスには目をつぶり、いいところだけを見るようにして使っていけば、いつの間にかレギュラーとして確かな存在感を発揮している。
    今季の藤岡について、そんな“絵”がはっきりと私の頭の中で浮かんでいる

    【ロッテのドラ2・藤岡裕大に漂う「新人王野手」京田、源田と同じ匂い】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/01/17(水)22:35:05 ID:eHq
    高校通算7割1分←ヒエ~ッwwww
    盗塁阻止率9割←ディエ~ッwwww

    ロッテを逆指名←!???wwww!!!???
    7ee668ed

    【ドカベン山田太郎(明訓) 高校通算75本←ほ~んそんなもんなんや】の続きを読む

    このページのトップヘ