まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    1: 風吹けば名無し 2014/01/23(木) 15:48:40.03 ID:wAWxdDPF
    村田「こら坊主、こんなところに勝手に入ってきちゃダメじゃないか」
    no title

    【コナン「へ~、ここがジャイアンツのキャンプ地か」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2014/01/25(土) 09:03:49.83 ID:L8hFrSqR
    日本ハム大谷翔平投手(19)が24日、チームメートの稲葉らとともに、沖縄・名護で合同自主トレを開始した。
    今オフ初めて屋外で行ったフリー打撃では、右翼場外の丘の上にある、駐車場付近まで飛ぶ推定150メートル弾を放つなど、圧倒的な存在感を見せた。
    ローテ入りを狙う投手起用がメーンになるとはいえ、今季も投打「二刀流」は継続。マー君が去る日本球界を、規格外のプレーで盛り上げていく。

     感嘆の声と、場を盛り上げる口笛が響いた。キャンプ地とはいえ、自主トレ期間中では、まだファンの姿もまばらな沖縄・名護。“観衆”は稲葉や金子誠、陽岱鋼らチームの先輩たちだ。
    大谷が今オフ初めて屋外で行ったフリー打撃。右翼芝生席後方にある高さ約5メートルの防球ネットを軽々と越えた大飛球は、場外の小高い丘にある駐車場付近にまで到達した。
    大谷 飛距離は去年より出ていると思います。トレーニングの成果もそうですし、スイングもしてきた。いろいろやってきたことが全部出ているんだと思います。
    プロ入り最長の推定150メートル弾にも、本人は平然としていた。

    http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140125-1248539.html
    no title

    no title

    【【やっぱり打者に専念すべき?】打者・大谷、ネット2つ超えの150m弾!】の続きを読む

    no title

    1: 風吹けば名無し 2014/01/16(木) 22:24:09.56 ID:rYPrj/r3
    2次リーグのベネズエラ戦から決勝のアメリカ戦までの日本代表チームの成績です

    投手の成績は確定ですが野手の成績は描写のない部分も多く確定していない部分があります

    ただし打点と本塁打数は確定です

    なお選手名は実在の選手の名前を使用しています

    それではまず投手成績から
    【MAJORの日本代表の本戦成績wwwww】の続きを読む

    no title

    1: 風吹けば名無し 2014/01/21(火) 02:08:32.12 ID:pkbehCDh
    打線組んだとかでありがちな順位の平均が平等になる組み合わせでセパでチームを組ませてペナント回すやで
    ソフトはパワプロ2013アップデート済み

    基本的に過剰戦力やからちょっとでも余りを減らせるようDHのあるパに編入させるで
    2013シーズン終了時の戦力での組み合わせやから退団、移籍した選手も元のチームのままで編成しとるで
    外国人枠はちゃんと守って組むで
    設定は組み合わせが崩れないようトレードなし、新外人獲得なし

    ワイの好みでオーダー組んだから気にいらんかったらすまんな
    【セパの1位6位・2位5位・3位4位を合併してペナント】の続きを読む

    no title

    1: 風吹けば名無し 2014/01/24(金) 10:27:54.28 ID:HUFNGnay
    http://www.yomiuri.co.jp/sports/mlb/news/20140124-OYT1T00177.htm

     楽天の若きエース、田中がヤンキース入りする。

     移籍金に上限が設定され、複数球団との交渉が可能になった新ポスティングシステムが、超大型契約の成立を後押しした。23日に記者会見に臨んだ田中は、やや緊張した面持ちでチーム決定に至る心境や、ヤンキースの印象などを語った。

              ◇

     田中の一問一答は次の通り。

     ――ヤンキースは、楽天1年目の2007年から注目していた。

     「大変光栄。そんな時から見ていただいたんだなと感じている」

     ――日本で心に残っていることは。

     「思い出はたくさんある。いい思い出だと(リーグ)優勝と日本一」

     ――大リーグでの目標は。

     「世界一」

     ――大リーグの印象は。

     「日本では失投しても単打で終わる場面が、長打や本塁打になったり、パワーが違うと思う」

     ――登板間隔は中4日が基本となる。

     「その分、球数が管理されている。失敗もすると思うが、繰り返しながら適応できればいい」

     ――ヤンキースの印象は。

     「歴史がある名門。野球人生でそういう環境でプレーしたことがないので、違うところでやってみるのもありかなとは思った」

     ――違った環境でやれば、大きな成長が期待できる。

     「自分次第でいくらでも変わる。環境は全く変わるし、どうなるか楽しみ」

     ――大型契約に見合う働きをしないといけない。

     「背負えるものは背負うが、背負ってつぶれてしまうことだけはしたくない。金額でやらなければいけないことが変わるわけじゃない」

     ――イチローや黒田とチームメートになる。

     「メジャーで長年活躍している大先輩。一緒にできることは大きい」

     ――第1球は何を投げる。

     「プロ野球1年目にもこの質問があったので、まさかこの質問を受けるとは思っていなかった。まあ、ストレートでいくのかと思う」

     ――対戦したい打者は。

     「特にない。それはもう、いい打者がいっぱいいるから」

     ――新ポスティング制度での移籍として注目された。

     「何も不安はなかった。代理人ともコミュニケーションは取れていた」

     ――ヤンキースはメディアも厳しいが。

     「もちろん聞いている。どういう状況でも、取り上げてもらえるのは選手としては幸せなこと。注目が集まるのはいいことだと思う」
    【【さいてょ「」】会見にて…田中マー「背負ってつぶれることはしたくない」】の続きを読む

    このページのトップヘ