まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    spo16022219560049-p1



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/10/22(月) 12:36:22.41 ID:hHbDtfIva
     ロッテの林球団本部長は埼玉ロッテ浦和球場で行われた秋季練習初日の22日、補強について
    「うちは井口監督の方針でDHではなく、走る、守る、打つの三拍子揃った選手を求めている」と話した。

     今オフには地元千葉・出身の広島・丸佳浩外野手がFA権を行使する可能性があり、同球団本部長は25日のドラフト会議に向けては
    「やはり投手ですかね。(野手を含め)高校生、大学、社会人と満遍なくだが、投手の割合をどうするか。いずれにしても半分は投手ですから」と明かした。
    ドラフト1位候補には大阪桐蔭の根尾、藤原の名前が上がっているが、競合覚悟で将来性に託し、金足農・吉田に行くか注目される。

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/10/22(月) 12:36:38.46 ID:hHbDtfIva

    【ロッテ球団本部長「ドラフトは半分投手」「補強は走る、守る、打つの三拍子揃った選手を求めている」】の続きを読む

    logo_1

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/10/22(月)00:21:38 ID:DOr
    阪神 ー オリックス
    阪神 ー 楽天
    中日 ー オリックス
    中日 ー 楽天
    DeNA ー オリックス
    DeNA ー 日本ハム
    DeNA ー 楽天
    広島 ー ロッテ
    広島 ー 楽天
    ヤクルト ー 日本ハム
    ヤクルト ー ロッテ
    ヤクルト ー 楽天

    広島 ー ソフトバンク がついに実現した

    【未だに実現していない日本シリーズのカード一覧がこちら】の続きを読む

    maru




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/10/22(月) 04:11:30.06 ID:E6f0nESQH
    B とはいえ今オフは、キャリアハイの39本塁打を放った丸佳浩(29)や、新井の後継者として3割打った松山竜平(33)がFA権を持ってるから、来季は自慢の打線が「歯抜け」になるんじゃないか。

    C 大丈夫でしょう。近しい関係者によれば、2人とも残留濃厚だと。

    A 今オフのFAの目玉・丸は巨人、阪神と、地元のロッテが狙っているけど、正直、今の広島から出てまで移籍するメリットがない球団ばかりだな。
    昔はケチ球団で有名だったけど、今はブームで儲かってるから、そこまで年俸をケチることもないし。

    C 丸をいちばん欲しがっているのは、不振と高齢化で外野陣が崩壊した巨人。
    3年連続で後塵を拝した広島の戦力を切り崩す意味合いもあります。広島OBの江藤智3軍監督(48)がツテをたどって暗躍しているという話まである。
    ただし丸本人は「まだ子供が小さいし、生活環境を変えたくない」と語っているようです。

    A 巨人の印象は悪いよね。村田修一(37)を2000安打目前にして解雇した一件を見ても、生え抜きじゃない選手への冷遇体質がバレバレだから。
    「あれはひどい」って、各球団の選手もみんな言ってるよ。
    https://www.asagei.com/excerpt/114344

    【広島・丸(29)残留濃厚だった…関係者「丸・松山、2人とも残留濃厚」】の続きを読む

    img_965b72db3f377b0cddb50c64aab18e1b191466


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/10/21(日) 23:33:50.35 ID:pBcq+oTe0
    ──ピッチャー、ショート、外野というどこのポジションでも良いパフォーマンスを発揮していますね。

    根尾:大阪桐蔭でいろいろなポジションをやらせてもらったし、出させてもらっていたので、そういうところも関係していると思います。好きなポジションは、ショートとピッチャーです。

    ──プロでも、二刀流でやっていきたい?

    根尾:はい。たとえ片方になろうが、やっぱりやれる事はあると思いますし、上には上の選手がたくさんいるので、まず自分もそこに少しでも近づいていければ、いつか追い抜けるようにと感じています。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181020-00000001-pseven-spo&p=5

    【大阪桐蔭・根尾「プロでも二刀流でやっていきたい」改めて明言】の続きを読む

    このページのトップヘ