20160226-00000097-sph-000-1-view (1)

(前列左から大木、宮崎、成田、高野、原。後列左から柿沼、田中英、信楽、東條、寺嶋)



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160226-00000097-sph-base


 ロッテの新人7人を含む若手10選手が26日、鹿児島・南九州市の知覧特攻平和会館を見学した。薩摩川内市で行われている2軍の二次キャンプ練習後、2軍帯同中のルーキーと昨年は1軍帯同で見学していなかった2年目の田中英祐投手(23)、宮崎敦次投手(23)、寺嶋寛大捕手(23)が平和の尊さを学んだ。

 キャンプ地から車で約2時間の距離にある知覧は、第二次世界大戦末期の沖縄戦で敵艦に必死の体当たり攻撃を行った特攻隊の旧陸軍基地があった土地だ。平和を祈念して建てられた同会館には、若くして散華した多くの搭乗員に関する資料が展示されている。選手は会館の語り部から歴史的背景や特攻隊員に関する講話を聞き、出撃直前の覚悟や心情をつづった遺書や遺品、当時の貴重な資料などを真剣な表情で見て回った。

 見学を終えたドラフト3位ルーキーの成田翔投手(18)は、「自分と同じような年代の方たちが、戦争のためにこのような形で命を失ったと想像をするだけで胸がしめつけられるような思いになりました。今、自分たちは平和な時代にいて、好きな野球が出来ている事に感謝をしたいと思います。また1日1日を大切に、日々練習に励み、過ごしていきたいと思います」と、命や平和の大切さをかみ締めた。


 

2000: 管理人ひとこと 2016/02/25(木) 22:36:26.13 et
野球選手ってこういう場所にも訪れて、色々と学んだりそしてコメントもしたりと結構大変やな
分かってたけど、ただ野球やってるだけじゃアカンねやな
まぁ練習の合間の息抜きみたいなんも兼ねてるんかもやが。

来年はこのメンバーの何人かが上(1軍)にいってくれてるかね

※おまけ
平沢選手・成田投手・原投手が龍舞を体験
新しいサイト作りました

プロスピの記事などはこちら