IP170206TAN000005000_0001_C






 堂々と力強くストレートを投げ込んだ。大嶺祐太投手が石垣島キャンプのブルペンで存在感を見せている。プロ11年目。背番号は「1」から「11」。そして「30」へと2回目の変更を行った。心機一転して挑む新たなシーズン。今季に懸ける強い決意がみなぎっている。

 「背番号の変更に関しては、いい意味でとらえています。30という番号は気に入っています」




 飛躍の年とすべく挑んだ昨シーズンだったが、わずか1勝と苦汁をなめた。オフに入ると、自己改革を行った。自分の投球を見つめ直し、ストレートの威力を意識するフォームづくりに取り組んだ。そんな矢先に球団から背番号変更を打診された。だから、すぐに提案を受け入れることができた。そしてこれまで9年間、この背番号を着けていた先輩に電話を入れた。

 「伊藤さんの番号をいただけることになりました。来年から背番号30を着けさせてもらうことになりました」


 

 





2000: 管理人ひとこと 2017/02/10(金) 08:06:06.26 30.net
去年はホンマにガッカリさせられたし、今年はホンマ頼むでって感じやな
先発は揃ってるし、中継ぎでもなんでもええから活躍してほしい
一昨年の一番安定感があった頃を思い出して頑張ってくれ





パワプロ・プロスピの記事などはこちら


※イチオシ!
【パワプロ2016】12球団選手データ

【パワプロ2016】パワフェス対戦チーム一覧

【パワプロ2016】パワフェス散策イベント一覧