IP181015TAN000015000





 今まで見たことのない鬼の形相だった。13日。千葉ロッテマリーンズは2018年シーズンの全日程が終了した。59勝81敗3分けの5位。最後は本拠地ZOZOマリンスタジアムで14連敗を喫して終わった。試合終了後、スタンドから大きなため息が漏れた。井口資仁監督は最終戦セレモニー内のスピーチで、どんな時も熱い声援を送ってくれたファンに感謝と謝罪の言葉を続けた。そしてベンチに戻ると全員を選手食堂に集めた。








 「やっぱり悔しいよね」。まず短い言葉を掛けた。しかし、その言葉こそ将の本音だった。誰よりも負けず嫌いで、勝ち負けにこだわる。現役時代に華麗なる成績で成功を収め続けてきた男は今シーズンからマリーンズの指揮を執った。昨年の最下位からの巻き返しを誓っての出発。前半戦は随所にキラリと光るものを見せ、善戦したが7月に入ると歩みはピタリと止まった。7月は7勝10敗3分け。8月に9勝14敗。9月は5勝14敗で10月は2勝9敗。借金は雪だるま式に増えた。開幕から全力疾走を続けたチームは一度、歩みを止めると、もう前に進めなくなった。屈辱の6連敗でのシーズンフィニッシュ。が、結果よりも許せなかったのはその戦う姿勢だった。

 負けが込み始めるとチームに諦めムードが漂い始めた。試合の中でも疲れが表情に出たり、リードを許すとベンチの雰囲気はイッキに沈む。戦う気持ちの欠如がどうしても許せなかった。タイミングを見定めた。あえて最終戦終了後に全選手に厳しい言葉を投げ掛けた。

 「球場は戦場なんだ! 勝つか負けるか。生きるか死ぬか。そんな気持ちで戦っていた選手がどれほどいた? オレにはそうは見えないことがあった。魂を込めてやってほしい。まず気持ちで負けないでやってほしい」











2000: 管理人ひとこと 2018/10/20(土) 18:06:06.26.06.net
井口さんブチギレやん
まぁ当然よなあの試合内容
素人ファンたちにも伝わってきた闘志のなさ
来年は選手もフロントも現場もガチってくれる事を期待









おすすめゲームアプリ攻略サイト