IP190204TAN000018000





 ロッカーの弁護士になるな。大村巌1軍打撃コーチはキャンプ前日に行われた全体ミーティングで開口一番、口にした。それは2軍打撃コーチを任されていた昨年までずっと若手選手に口酸っぱく言い続けてきたことだった。

 「よくいるのだよね。試合が終わってロッカーでいつまでも自分を弁護するように周りに話をしている選手がね。そんなことをしても、なんの進歩もない。体調が悪かったとか、今日、使ったバットがイマイチだったとか。そんなことを言っている暇があったら、練習をして欲しいし、なにがダメで打てなかったかを反省すべき」







 2軍での若手指導が評価されての1軍昇格。今のマリーンズ野手陣に若手が多い事から、その性格や特徴を知り抜いている点を着目されての絶妙な配置転換となった。チームとして1年の始動となる春季キャンプでまず伝えたのは原点。ずっと言い続けている事だった。

 「つねに前向きであって欲しいし、言い訳で自分を守ることもしてほしくない。よく勘違いしている人がいるけど、評価というのは自分がするものではない。他人がすること。だから、自分で自分を良く見せようとしてもダメ」

 熱血漢の理論派。情熱を持った指導と、着目点の鋭いアドバイスには定評がある。これまでファイターズとベイスターズの打撃コーチとして数々の選手を1軍の主力として育てあげた実績も買われている。今季、レギュラー取りが期待される平沢大河内野手、安田尚憲内野手を2軍で鍛え上げ、今季はドラフト1位ルーキー藤原恭大外野手も加入した。これら次代のマリーンズを背負う選手を勝ちながら育てていくという究極の目標を求められている。









2000: 管理人ひとこと 2019/02/07(木) 07:36:06.26.76.net
巌コーチ今年から1軍やし、シーズン中打線が不振に陥った時にどうテコ入れしてくれるか楽しみやね
今まで別にコーチが悪かったというわけではないけど、一旦打てなくなったら絶望的に打てないとかわりとあったからね…それと平沢安田ら若手をどこまで伸ばしてくれるのかもほんと期待してる
平沢はもう十分見てもらったかもしれんけど。






おすすめゲームアプリ攻略サイト