IP190513TAN000051000



 死闘を最後に締めたのは背番号「29」だった。5月9日、大宮で行われたライオンズ戦。九回2死から同点に追いつかれ、窮地に立たされたマリーンズはそれでも土俵際からの粘りを見せた。延長十一回に1点を勝ち越して迎えたマウンドにかつての守護神、西野勇士投手が向かった。打者3人に対して2奪三振。11球で料理し、2016年7月26日のバファローズ戦(京セラ)以来、3年ぶりとなるセーブを記録してチームの勝利に貢献。マリーンズの勢いを加速させるターニングポイントとなった試合において勝利の立役者となった。

 「緊張しました。試合の最後のマウンドに立って、勝つというのはやっぱり格別なものがありました」

 今季はここまで14試合に登板をして防御率4・15。5月4日のファイターズ戦(ZOZOマリンスタジアム)では15年7月28日以来となるお立ち台に立つなど好調のチームにあって、重要なピースとなっている。






 もがき苦しんだ日々の中で光を見いだした。16年に21セーブを挙げたがシーズン中は右肘の痛みを感じながらの日々。翌年は肘の状態も考慮し先発に転向した。しかし、思ったようなパフォーマンスは出せず、5試合に登板をして2勝3敗。そこから暗い森の中をさまよい続けた。昨年は14試合に登板をして防御率6・19。1年の大半は2軍で過ごした。

 「自分の中では先発に転向して変な責任感を持っていました。10勝以上はしないといけないと。肘をかばいながら我慢をして投げていた。結果的にそれが悪い方に出てしまいました。フォームも崩れ、いろいろなところも崩れてしまった。スピードも出なくなった。結果的に中途半端にやってしまったことで、すべてが悪くなってしまいました」









2000: 管理人ひとこと 2019/05/16(木) 09:06:06.26.29.net
西野……(泣)なんて行動力や
復活した理由はちゃんとあったんやな

去年、ファームで清宮にボコボコホームラン打たれてるの晒されてた時はもうダメかと思ったが…

ここ最近はなんやったら守護神の時より安定感あるし
今リリーフが強いのも西野が復活したのがだいぶウエイト締めてるわ
また抑えにもどるのかわからんけど、とりあえずキャリアハイ叩き出して億プレイヤーに返り咲いてほしい






※GIF画像(4月23日延長11回ピンチで奪三振)
 



おすすめゲームアプリ攻略サイト