IP200523TAN000034000





 背番号「15」。フリーエージェント(FA)でマリーンズの一員に加わった美馬学投手はイーグルス時代と同じ番号を背負っている。入団の際に球団から複数の番号を提示された中で、躊躇(ちゅうちょ)なくこの番号を選んだ。美馬にとって大事な数字だった。

 「亡くなった母の誕生日が1月5日。イーグルスの時に闘病中だった母に元気を出してもらいたいという想(おも)いで、背番号『31』から『15』に変更させてもらった。またこうやってこの思い入れのある番号をつけることができてうれしいです」






 兄、姉の3人兄妹の末っ子だった美馬。「本当に可愛がってもらった」と振り返り、「人を引きつける人。母のところに人が集まっている印象があった。みんなに愛されていた」とありし日の姿を思い出す。そんな母にがんが見つかったのは2013年。美馬は1軍の舞台で投げることで勇気づける。そんな日々を続けていた。

 「野球をよく見に来てくれた。それが生きがいだった。自分が投げることを楽しみに闘病生活をしていた。『また野球場に見に行きたいから頑張る』と言ってくれていた」







※続きはコチラから






2000: 管理人ひとこと 2020/06/14(日) 09:06:06.26.15.net
背番号15ってそういう意味がこめられてたんか
ってか若くしてお母さん亡くしてたんやな…
背番号15は見せれんかったけど、チームを日本一に導いてMVPになった姿を見せたのは最高の親孝行やな
ロッテ来てからどんどん美馬のイメージ変わってくわ
めっちゃ応援したい








おすすめゲームアプリ攻略サイト