IP210606TAN000044000




 打席に向かう時、不思議な感覚がした。5月31日に育成から支配下登録された高浜卓也内野手は6月1日のドラゴンズ戦(バンテリンドームナゴヤ)から、早速1軍に合流。1点を追う九回1死、代打に指名されると打席に向かった。



 椎間板ヘルニアの手術を受け2020年のシーズンを育成選手として過ごし、今季は2軍で35試合に出場して22安打の打率3割3分3厘、1本塁打、11打点。地道に結果を残し、支配下に返り咲いた。打席に向かう途中、脳裏をよぎったのは苦労したここまでの過程ではなく、2月に87歳で他界した祖父のことだった。

 「支配下になって最初の1軍の打席に向かう中でパッと出てきた感情は感慨ではなくて、じいちゃんと一緒にいるように感じる不思議な気持ちでした。この緊張感を一緒に感じてくれていると思うと肩の力を抜くことができました」と高浜はその打席をしみじみと振り返る。




※続きはコチラから







2000: 管理人ひとこと 2021/06/13(日) 10:36:06.26.61.net
兄弟そろって支配下復帰したのほんますごい
NPB史上初ちゃうの
できればそれをおじいちゃんに見せたかったやろなぁ
弟はつい最近満塁ホームランも打ったし。
ドラ1やしせっかく支配下復帰したし活躍期待したいな











まとめロッテ!ちゃんねる(Youtube)



実況・雑談の場作りました


おすすめゲームアプリ攻略サイト