p2022



1: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:21:12.02 ID:Geva9CiP0
1位:オリックス
2位:西武
3位:ロッテ
4位:日本ハム
5位:ソフトバンク
6位:楽天

https://news.yahoo.co.jp/articles/368feb57db772bf1603c3e42a73877604efeed4d?page=4

2: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:22:55.60 ID:Geva9CiP0
6位:楽天

一軍主力投手:早川隆久
一軍主力野手:
一軍戦力投手:
一軍戦力野手:
二軍主力投手:高田孝一、(王彦程)
二軍主力野手:水上桂、黒川史陽、武藤敦貴

 一覧に名前が挙がった選手は12球団で最少となる6人。ここ数年FAなどで積極的に戦力を補強した結果一軍の戦力は充実したが、若手に関してはかなり寂しい状況と言える。
特に厳しいのが投手陣だ。昨年は早川が一軍で9勝、高田も二軍でチーム2位となる6勝とルーキーの2人が存在感を示したが、それ以外では二軍まで含めて戦力となっている若手は育成契約の外国人選手である王しかいない。
支配下で指名している高校生投手がそもそも少なく、その中でも期待されていた藤平尚真が停滞していることも大きく響いている。
現在のローテーションはベテラン中心だけに、数年後を考えるとかなり危険な状況と言えるだろう。

 一方の野手も黒川と武藤は楽しみな存在だが、それ以外はかなり手薄な状況となっている。
期待されながら停滞している内田靖人、オコエ瑠偉などは既に中堅に差し掛かっており、二軍の主力メンバーもこれからの成長が期待できる選手は少ない。
昨年のドラフトでは1位で吉野創士、3位で前田銀治と高校生野手を高い順位で指名したが、彼らをいかに早く主力にできるかがチームの命運を握ることになりそうだ。

6: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:23:31.31 ID:Geva9CiP0
5位:ソフトバンク

一軍主力投手:
一軍主力野手:
一軍戦力投手:津森宥紀
一軍戦力野手:三森大貴、リチャード
二軍主力投手:スチュワート・ジュニア
二軍主力野手:増田珠、野村大樹、水谷瞬、佐藤直樹

 毎年のように楽しみな選手が出てくるソフトバンクだが、選手層の厚さもあってどうしても一軍定着までに時間がかかり、昨年の時点で主力となっている選手は投手、野手ともに不在という結果となった。
そんな中でも野手は三森が準レギュラーと言えるところまで成長し、待望の大砲候補であるリチャードが一軍で7本塁打を放ったのは大きなプラスだ。
二軍でも増田、野村、水谷の3人は高校卒でまだまだ若いだけに今後の成長も期待できる。今年は彼らの中から一軍の戦力となる選手を輩出したいところだ。

 一方の投手は野手以上に中堅層が厚く、若手で結果を残している選手は非常に少ない。
大きな希望の星と言えるのが今年で来日4年目を迎えるスチュワート・ジュニアだ。二軍では完全に格の違いを見せており、昨年は一軍デビューも果たしている。
ただ、外国人選手ということでどうしてもメジャー復帰の危険性はあるため、他にも太い柱となる存在は必要である。そういう意味でもドラフト1位ルーキーの風間球打にかかる期待は大きい。

48: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:33:16.05 ID:uETBWjv10
>>6
津森って日ハム伊藤と年同じなのに
若手の基準がよくわかんねぇ

7: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:23:58.42 ID:Geva9CiP0
4位:日本ハム

一軍主力投手:堀瑞輝
一軍主力野手:野村佑希
一軍戦力投手:河野竜生、立野和明
一軍戦力野手:万波中正
二軍主力投手:吉田輝星、望月大希
二軍主力野手:田宮裕涼、清宮幸太郎、上野響平、(難波侑平)

 実績のある選手を次々と放出するのはもはやお家芸とも言える日本ハムだが、若手の輩出スピードは一時期と比べて少し鈍っている印象を受ける。
それでも昨年は堀が最優秀中継ぎのタイトルを獲得し、野村がチーム4位の99安打を放つなど徐々に新たな芽が出てきたのはプラス材料だ。
河野と立野の投手2人もシーズン終盤は先発ローテーションに定着しており、今年は飛躍が期待できる。

 そんな中でやはり気になるのが吉田と清宮のドラフト1位コンビの2人だ。
吉田はルーキーイヤーに初登板初勝利をマークしてからは一軍で結果を残すことができず、清宮も4年目の昨年はプロ入り初の一軍出場なしに終わっている。
ともに二軍ではそれなりに結果を残しているものの、それでファンが満足するような立ち位置でないことは明らかである。
新庄剛志新監督を迎えた今年が大きな転機であり、逆に言えばこのチャンスを逃せばズルズルと低迷する危険性も高いだろう。

8: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:24:33.47 ID:Geva9CiP0
3位:ロッテ

一軍主力投手:
一軍主力野手:安田尚憲
一軍戦力投手:鈴木昭汰、佐々木朗希
一軍戦力野手:佐藤都志也、藤原恭大、山口航輝、和田康士朗
二軍主力投手:森遼大朗、(佐藤奨真)、(小沼健太)
二軍主力野手:西巻賢二、(山本大斗)

 井口資仁監督が就任してから若手の抜擢が目立つロッテ。
投手でやはり大きいのは佐々木朗希の存在だ。2年目の昨年はシーズン終盤にエース格へと成長し、今年はさらなる飛躍が期待できる。近い将来、球界を代表する投手となる可能性も高いだろう。
二軍ではいずれも育成出身の森、佐藤奨真、小沼が結果を残し、まず森が支配下登録を勝ち取った。他にも故障からの復活を目指す種市篤暉、古谷拓郎などが控えているのも心強い。

 野手は安田がサードのレギュラーに定着。期待の高さを考えると昨年の成績はかなり物足りないが、今年で23歳ということを考えるとまだまだ成長は期待できる。
他にも育成出身の和田が盗塁王を獲得するなど、一軍の戦力となっている若手は多い。山口、山本と強打者タイプが出てきたこともプラスだ。
安田、藤原のドラフト1位コンビが中軸となり、他の選手が脇を固めるような布陣でシーズンを通して戦えるようになれば、一気に黄金時代も見えてくるだろう。

27: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:29:38.98 ID:OEJ3jUvk0
>>8
西巻よりまだ平沢のが期待できるわ

35: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:30:41.92 ID:80YfwMWPd
>>8
安田はサードのレギュラーに定着してないぞ

42: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:32:06.85 ID:re2LNb6i0
>>8
安田あの成績でレギュラー定着扱いでええんか

10: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:25:05.56 ID:Geva9CiP0
2位:西武

一軍主力投手:今井達也、平良海馬
一軍主力野手:
一軍戦力投手:渡辺勇太朗、水上由伸
一軍戦力野手:若林楽人
二軍主力投手:浜屋将太、(上間永遠)
二軍主力野手:渡部健人、ブランドン、山村崇嘉、川野涼多、高木渉、鈴木将平
※上間は昨年11月にトミー・ジョン手術を受けて2022年シーズンはリハビリの予定

 昨年は42年ぶりの最下位に沈んだ西武だが、若手に限ればリーグでもトップクラスの顔ぶれとなった。投手は平良がリーグを代表するリリーフへと成長。
今井もポテンシャルを考えると物足りない部分はあるものの、昨年は初めて規定投球回をクリアするなどキャリアハイの成績を残している。
今年22歳の渡辺も昨年は一軍で4勝をマークし、育成で入団した水上も1年目から中継ぎで貴重な戦力となった。
二軍の主力投手が少ないのは気がかりだが、昨年のドラフトで大学球界を代表するサウスポーの隅田知一郎と佐藤隼輔が獲得できたことも大きなプラスとなりそうだ。

 一方の野手も投手と比べると一軍の戦力になっている選手は少ないが、今後が楽しみな選手は非常に多い。特に目立つのが一昨年のドラフトで指名した選手たちだ。
若林は膝の怪我で離脱するまではレギュラーとして活躍し、渡部、ブランドン、山村も1年目から二軍で結果を残している。現在のレギュラーは中堅、ベテランが大半なだけに、彼らの成長がチームの命運を握っていることは間違いないだろう。

63: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:35:55.82 ID:c5aE2G0l0
>>10
シーズン前半でいなくなった新人を戦力と断定してええんか
まだ底すら見えてないのに

11: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:25:34.86 ID:H+zqTsXd0
佐々木は一軍主力投手じゃないんかい

15: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:26:03.54 ID:Geva9CiP0
1位:オリックス

一軍主力投手:山本由伸、宮城大弥
一軍主力野手:紅林弘太郎
一軍戦力投手:山崎颯一郎
一軍戦力野手:太田椋
二軍主力投手:本田仁海、山下舜平大、中川颯、(東晃平)、(榊原翼)
二軍主力野手:元謙太、宜保翔、来田涼斗、佐野如一

 今や球界のエースと言える山本と昨年大ブレイクした宮城の2人が揃い、文句なしで1位に選んだ。ともにまだまだ成長の余地があり、右と左でタイプも異なるという点も強みだ。故障さえなければ、今後も他球団にとって脅威の二枚看板となる可能性は高い。
投手陣でもう1人楽しみなのが昨年終盤に先発の一角に定着した山崎だ。2019年にトミー・ジョン手術を受けて一時は育成契約となったが、リハビリ期間のトレーニングの成果からか見違えるほどボールが力強くなった。今年は一気に成績を伸ばす可能性もあるだろう。
二軍でもまだ結果は出ていないが本田、山下などがイニング数を重ねており、近い将来のブレイク候補として期待がかかる。

 一方の野手も紅林が高卒2年目にしてレギュラーに定着。2018年ドラフト1位の太田も存在感を示しており、二軍でも宜保、来田、元など高校卒の若手が経験を積んでいる。
彼らの中から紅林に次ぐレギュラーが出てくることも十分に期待できるだろう。

16: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:26:48.21 ID:nUWt7anqa
増田とかもうポジ鷹ですら名前出さんわ

20: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:27:26.28 ID:F8Veym+zM
>>16
スチュアートに一気に取られた感じやな

22: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:27:48.71 ID:Geva9CiP0
>>20
リチャードと間違えてるのでは

21: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:27:47.44 ID:0bv49kvY0
主力と戦力の基準曖昧すぎやろ

25: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:28:44.15 ID:fKPrI50A0
割と主力が主力やなくて草

26: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:28:52.83 ID:eRjcGS/BM
ロッテの野手組はともかく佐々木朗希は楽しみではある
後半はエースだったからな

39: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:31:36.10 ID:Geva9CiP0
ちなセリーグ
https://news.yahoo.co.jp/articles/158c87e2bed4a9e71dd82f0fd73d65428ead4ac8

1位広島
2位ヤクルト
3位阪神
4位DeNA
5位巨人
6位中日

57: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:34:55.14 ID:dqmLB9+qM
>>39
ほぼイメージ通りやな
阪神は投手が若いし

64: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:35:56.18 ID:re2LNb6i0
>>39
まぁセリーグは広島やろな
去年で一気に若返った感ある

40: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:31:41.07 ID:bMhzUhUR0
楽天の若手のイメージは確かにないけど黒川はガタイも良いし柔らかいバッティングするよな

126: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:44:32.82 ID:hkbAG+WLa
>>40
オリックスにいた日高みたいなバッティングするよな.270 8くらいは打てるようになりそう

45: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:32:26.86 ID:cQK5s/s6r
黒川は島内になれるかなれないかくらいやな

52: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:33:51.76 ID:Geva9CiP0
>>45
打点王ならようやっとる

53: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:33:54.23 ID:+VzoU6y7p
黒川はセンスめっちゃあるやろ
ハムの高濱くらいはやれるはず

74: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:38:40.84 ID:Geva9CiP0
1位:広島

一軍主力投手:森浦大輔
一軍主力野手:坂倉将吾、小園海斗、林晃汰
一軍戦力投手:玉村昇悟、高橋昂也、大道温貴
一軍戦力野手:石原貴規、羽月隆太郎
二軍主力投手:遠藤淳志
二軍主力野手:中村奨成、矢野雅哉、韮沢雄也、(木下元秀)

 野手の充実度から広島をリーグナンバーワンの評価とした。昨年はプロ入り5年目の坂倉がリーグ2位の高打率(.315)をマーク。
そしてともに3年目の小園と林が三遊間のレギュラーに定着すると、小園は打率3割に届かなかったものの規定打席に到達し、林も二桁本塁打を放つ見事な活躍を見せた。
主砲の鈴木誠也が抜けるのは大きなマイナスだが、中村奨成にも開花の兆しが見られており、二軍で主力となっている若手が多いのはプラス材料だ。

 投手は森浦がセットアッパーに定着。同じくルーキーだった大道も素材の良さを見せ、玉村と高橋のサウスポー2人も先発として成長を見せている。
しかし二軍の主力としてカウントした遠藤は前年から大きく成績を落とし、アドゥワ誠、山口翔、田中法彦なども停滞が続いている。
今年2年目となる小林樹斗は楽しみな存在だが、そろそろ高校生の大物投手をドラフトで狙いたいところだ。

77: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:39:10.42 ID:Geva9CiP0
2位:ヤクルト

一軍主力投手:奥川恭伸
一軍主力野手:村上宗隆
一軍戦力投手:金久保優斗、梅野雄吾
一軍戦力野手:古賀優大、元山飛優
二軍主力投手:木沢尚文、寺島成輝
二軍主力野手:内山壮真、武岡龍世、長岡秀樹、(赤羽由紘)

 チームはおろかセ・リーグの主砲へと成長した村上の存在が何よりも大きい。プレーの面はもちろんだが、チームを牽引する姿勢もとても今年で22歳とは思えない貫禄がある。しばらくは4番打者に困ることはないだろう。
野手は他にも元山、武岡、長岡、赤羽と内野手に有望株が多く揃った。特に元山は今年で2年目だが、ショートのレギュラー獲得も期待できそうだ。
一方で強打者タイプがやや不足しているだけに、村上に続く大砲候補もそろそろ指名を検討したいところだ。

 一方の投手は昨年奥川が2年目ながらエース格へと成長したが、野手に比べると少し手薄な感は否めない。
二軍の主力として名前を挙げた木沢と寺島の2人もイニング数こそ投げているものの成績は芳しくなく、一軍の戦力となれるかはかなり不透明な状況だ。
奥川が不動のエースになることはもちろんだが、それに続く柱の確立も大きな課題と言える。

85: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:39:36.38 ID:Geva9CiP0
3位:阪神

一軍主力投手:
一軍主力野手:佐藤輝明
一軍戦力投手:及川雅貴
一軍戦力野手:
二軍主力投手:西純矢、村上頌樹、浜地真澄、(牧丈一郎)
二軍主力野手:栄枝裕貴、小幡竜平、遠藤成、井上広大、小野寺暖

 最も目立つのはやはり1年目にいきなり24本塁打を放った佐藤だが、それ以外にも着実に若手の層は厚くなった印象を受ける。
2019年のドラフトでは1位から5位まで高校生という思い切った指名を敢行。その中から及川が早くも一軍で欠かせない戦力となり、西、井上、遠藤の3人も二軍で着実に成績を残している。
昨年の佐藤以外の大学卒選手も村上と栄枝が1年目から二軍の中心となったこともプラス材料だ。

 佐藤と及川の2人もまだ万全とは言い難く、不確定要素が多いぶんヤクルトよりも低い評価としたが、全体的にスケールの大きい選手が多く、楽しみな部分は多い。
ドラフト1位ルーキーの森木大智も含めて、ここに名を連ねた選手たちが順調に主力へと成長すれば、チームの将来はかなり明るくなるだろう。

89: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:40:03.89 ID:Geva9CiP0
4位:DeNA

一軍主力投手:
一軍主力野手:牧秀悟
一軍戦力投手:京山将弥、伊勢大夢、桜井周斗
一軍戦力野手:山本祐大、森敬斗
二軍主力投手:(宮城滝太)
二軍主力野手:益子京右、小深田大地、田部隼人、細川成也

 チームは完全に打高投低の状況だが、若手に関しても同様の傾向がはっきりと見られる。
野手では牧の存在がやはり大きい。昨年もシーズン終盤に成績を上げているだけに、他のルーキーと比べても2年目のジンクスにはまる心配も少なそうだ。
また手薄なキャッチャーとショートも山本と森が昨年成長を見せており、二軍の野手も楽しみな選手が少なくない。
ソト、宮崎敏郎などの力が落ちてきた時にここに名前がある選手がレギュラーにおさまるのが理想的な形と言えそうだ。

 一方で投手陣は一軍の戦力不足以上に二軍の主力となっているのが育成選手の宮城だけという状況が大きな不安要素だ。
入江大生、阪口皓亮、高田琢登などが相次いで故障に見舞われており、数年後の投手陣を背負って立つ太い柱はまだ見えてこない。
そんな中で昨年のドラフトで高校ナンバーワンの評価を受けた小園健太を獲得できたことは大きいが、今後もエース候補になれる人材を積極的に獲得する必要があるだろう。

93: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:40:53.74 ID:Geva9CiP0
5位:巨人

一軍主力投手:戸郷翔征
一軍主力野手:
一軍戦力投手:大江竜聖
一軍戦力野手:
二軍主力投手:戸田懐生、平内龍太、(横川凱)、(堀岡隼人)
二軍主力野手:秋広優人、湯浅大、中山礼都、(喜多隆介)

 毎年のように他球団の主力が入団するのはお家芸と言えるが、その影響もあって一軍の戦力となっている野手は0という結果になった。
主砲の岡本和真が今年で26歳とまだ若さがあるのは心強いが、若手野手の底上げは必要不可欠である。
昨年、高卒1年目ながら二軍で積極的に起用されてある程度の結果を残した秋広と中山の成長が大きなカギを握ることになるだろう。

 トータルで見れば6位の中日と比べても厳しい状況に見えるが、わずかに上と評価したのは今年で22歳ながら主戦へと成長した戸郷の存在があるからだ。
昨年は一軍に定着してから数えて“2年目のジンクス”に苦しんだが、それでも2年連続で9勝をマークしたのは評価できる。
しかしまだまだ次代のエースと呼ぶには心許ない状況であり、二軍の主力投手に名を連ねた選手以外にも山崎伊織、堀田賢慎、そして今年入団した翁田大勢(※登録名は大勢)、山田龍聖など上位指名の選手をどう戦力にしていくかが重要になりそうだ。

94: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:40:56.32 ID:j2WGxQHL0
主力と戦力で謎のライン引きしなきゃまだ見れるのに

96: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:41:14.81 ID:w+n1P9bQ0
西尾と小関ってどっちの方が見る目あるんやろ
どっちもアマはまあまあ見てるけどプロのチーム分析となると急に頓珍漢になるようにしか見えんが

115: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:43:40.02 ID:JBl1F48M0
>>96
何でドラフト評論家ってこうなんやろ

98: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:41:30.26 ID:Geva9CiP0
6位:中日

一軍主力投手:
一軍主力野手:
一軍戦力投手:藤嶋健人、橋本侑樹
一軍戦力野手:高松渡、根尾昂
二軍主力投手:清水達也、山本拓実、森博人
二軍主力野手:土田龍空、石垣雅海、伊藤康祐、岡林勇希

 セ・リーグの6球団で唯一24歳以下の主力選手が不在ということで最下位となった。
一軍の戦力となっている4人の選手も藤嶋が主力に近い位置にいるものの(48試合登板で防御率1.59の好成績もホールド数はチーム6位)、それ以外の3人はまだまだ一軍に定着したとは言えない状況だ。
少し年齢層を上げて27歳までを見ても完全に一軍の戦力となっているのは小笠原慎之介(25歳)と外国人選手のR.マルティネス(26歳)だけ。
入団してから一軍に定着するまでに時間がかかるケースが非常に多い印象を受ける。
特に昨年はリーグトップの防御率を誇った投手陣も次代のエース候補が少ないだけに、一昨年のドラフト1位である高橋宏斗を何とか早く戦力へと成長させたいところだ。

 今回は昨年の成績をもとに評価したため6位となったが、それでも野手は根尾、土田、岡林、昨年は故障に苦しんだ石川昂弥など、将来が楽しみな選手は少なくない。
彼らと高橋宏斗の成長次第では、今シーズンが終わった時点では一気にリーグ上位へ浮上することも期待できるだろう。(文・西尾典文)

112: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:43:26.13 ID:cjG0lEc30
山本村上とかいうチート

127: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:44:39.50 ID:m0y5Z+zY0
生え抜き25歳以下ホームランランキング
東京42本 (元山3 村上39)
巨人39本 (岡本39)
広島39本 (中村奨2 坂倉12 宇草4 林10 正随1 小園5 石原4 羽月1))
福岡33本 (周東3 栗原21 谷川原1 リチャード7 柳町1)
オリ31本(宗8 紅林10 太田3 来田2 大下1 佐野1 頓宮5 中川1)
ハム31本(清水4 野村7 浅間5 五十幡1 今川1 万波5 高濱8)
千葉29本 (藤原5 安田8 佐藤6 高部1 山口9 )
阪神26本 (佐藤輝24 中野1 小野寺1)
西武24本(渡辺1 若林2 柘植1 ブランドン3 愛斗8 岸9)
横浜24本 (牧22 山本1 知野1)
楽天23本 (太田4 辰巳10 黒川1 山崎4 渡邊1 小郷2 村林1)
中日1本 (根尾1)
今若手はどこも育ってるからな

138: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:46:05.98 ID:Geva9CiP0
>>127
巨人(岡本)やんけ

139: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:46:11.89 ID:uETBWjv10
基準はなんなんだろう

146: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:47:07.55 ID:ptHyhOnaa
ホークスあかんの?次から次へとポンポン出てくるやん

128: 風吹けば名無し 2022/01/25(火) 18:44:43.06 ID:QIh9MWAh0
若手て年齢やなくてプロ年数にしろよ
その方が分かりやすい



2000: 管理人ひとこと 2022/01/25(火) 18:21:12.02
これに加えて故障明けの種市・古谷もおるし若手投手はかなり充実しとるよな
ってかなんで横山の名前ないんや…?

やっぱ安田藤原朗希世代あたりは楽しみすぎる


引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1643102472/


まとめロッテ!ちゃんねる(Youtube)

実況・雑談の場作りました


おすすめゲームアプリ攻略サイト