IP221122ttTAN000009000_00




 一晩考え抜いた。10月31日、宮崎で行われた秋季教育リーグ(みやざきフェニックス・リーグ)最終日。最後に何を話すか。試合後の選手たちによるミーティングが終わると吉井理人監督が選手たちの輪の真ん中に立った。

 「今の気持ちを忘れないでほしい。君たちはすごい可能性を持っている。これから、突き抜ける活躍ができる選手たち。自分の可能性に大いに期待してこのオフシーズン、何をしたらいいか。いろいろあると思うけど、しっかりと優先順位を決めて、自分たちで考えて行ってほしい。頼みます」





 吉井監督は優しい表情で若い選手たちの目を見つめながら、話をした。新しい指揮官は10月7日に就任を発表すると2日後には宮崎に飛んだ。フェニックス・リーグに参加をしているのはこれからの活躍が期待できる若い選手ばかり。一日も早く若い選手たちとじかに触れ、会話を重ねたかったからだ。

 最初に出した指示はプレーではなくミーティング。これまではコーチたちが試合の総評を行い、問題点などを選手たちに指摘していたが、これを変更。プレーをした選手が、その日、気が付いたこと、思ったことを話し、お互いで指摘し合いながら進める形とした。最初はまだ硬さがあったが、日を重ねるごとに徐々に活発に意見交換が行われるようになった。若い選手が遠慮することなく年上の選手に判断ミスなどを指摘する場面もあった。選手たちには自分で考える力を身につけて成長をしてほしい。明確なメッセージだった。





※続きはコチラから





2000: 管理人ひとこと 2022/11/25(金) 10:36:06.26.21.net
代表コーチの仕事もあって忙しいやろうにすごいわ
吉井マリーンズはよ見たい
投手陣の成長が特に楽しみ












まとめロッテ!ちゃんねる(Youtube)



実況・雑談の場作りました
まとめロッテ!実況・雑談いろいろ
http://matomelotte.com/archives/52589837.html


おすすめゲームアプリ攻略サイト
パワ速@プロスピA攻略まとめ
http://pawapuro.xyz/

ハチナイ速報
http://hachinai.net/