IP231128shTAN000024000_00



 悔しい一年となった。井上晴哉内野手のプロ10年目は32試合の出場で1本塁打に終わった。2018年、19年と24本塁打を放ったマリーンズの誇る長距離砲は不本意な成績を残し、静かにシーズンを終えた。

 「悔しいシーズン。来年は強い気持ちで挑みたい」

 ZOZOマリンスタジアムで行われた契約更改後の会見で井上は悲壮な表情で、また一から出直すことを誓った。



 新しいシーズンは大幅なモデルチェンジをして挑む覚悟だ。シーズン終盤から映像や自身のデータを見直した。そして大きな転換に踏み切る決意を固めた。

 「違うスタイルで挑戦したい。今まで後ろにポイントを置いて打っていたけど、ちょっと窮屈な打撃になっている。前さばきを考えている」と井上。

 これまでのボールを引き付けて打つ打撃から転換。ポイントを前に置いて打ち返す打撃をイメージしている。そして打席の中で力任せに強振していた部分もあったが、二塁打の意識でコンパクトスイングも意識する。



※続きはコチラから





2000: 管理人ひとこと 2023/11/29(水) 09:26:06.26.52.net
アジャがもう1回20本打つぐらいに復活したらだいぶ打線分厚くなるで
まぁポランコが残留してくれる事前提やけど…
正直ちょっと諦めて山口に鞍替えしてたけど千葉移転後初の日本人30本塁打達成してほしいわ










まとめロッテ!ちゃんねる(Youtube)



実況・雑談の場作りました
まとめロッテ!実況・雑談いろいろ
http://matomelotte.com/archives/52589837.html