まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    images

    1: 風吹けば名無し 2020/01/23(木) 08:54:23.62 ID:qhAurPYFa
    日本プロ野球選手会が出場機会に恵まれない選手の移籍を活性化させるため、日本野球機構(NPB)に早期導入を求めているブレークスルードラフト(現役ドラフト)の方式の有力案が22日、分かった。
    実施時期は7月20日前後で、各球団が指名対象となる選手を8人ずつ出し合う見込み。両者は今季からの実施を目指す方向性で一致しており、細部を詰めた上で、開幕前の合意を目指す。

    << 下に続く >>

     画期的なブレークスルードラフト(現役ドラフト)の実現に向け、また一歩前進した。NPBは選手会との事務折衝で、前日21日の実行委員会で取りまとめた案を提示。
    選手会との窓口になる選手関係委員会の谷本修委員長(阪神球団副社長兼球団本部長)は12球団の方針が大筋でまとまったことを認めた。

     「(事務折衝の)回を重ねるにつれて、互いの理解が深まっていると思う」

     球界関係者の話を総合すると、主なNPB案は3つある。

    【NPB現役ドラフト、7月20日に実施 各球団6~8人で対象選手は非公開】の続きを読む


    images

    1: 風吹けば名無し 2020/01/21(火) 20:27:53.03 ID:Z/YKxTER0
    現役ドラフト今季導入へ22日選手会合意で現実に

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-01210779-nksports-base
    3: 風吹けば名無し 2020/01/21(火) 20:28:21.71 ID:Z/YKxTER0
    日本野球機構(NPB)は21日、都内でセ・パ理事会および実行委員会を開催。同ドラフトの制度について協議し、12球団の基本的な方向性は集約されたとみられる。 
    22日には選手会と事務折衝を行い、選手会側が合意すれば、出場機会の少ない選手を対象とした新ルールの今季導入が現実になる。 

    NPBの井原事務局長は「事務折衝次第です。(今季導入は)そういう方向で話は進めている」と話した。

    【現役ドラフト、今季からガチで爆誕!】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/01/19(日) 08:55:55.98 ID:OI3CUg2U0
    出場国
    1組 ニカラグア、南アフリカ、フランス、ブラジル、ドイツ、パキスタン
    2組 パナマ、イギリス、ニュージーランド、チェコ、フィリピン、スペイン

    日程
    3月12日~25日

    場所
    アリゾナ州ツーソン

    各組の上位2か国計4か国が本大会出場
    これにより本大会の出場国は16→20になる
    EOXwXMKVAAEBEor

    【画像 WBC2021予選の出場国と日程が決まる】の続きを読む

    このページのトップヘ