まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    201812110000051-w500_0




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/12/11(火)09:44:17 ID:9yT
    オープナーとは救援投手を初回に使い、相手上位打線を封じる作戦。
    今季最初に試みたレイズは5月19日エンゼルス戦でロモ(今季25セーブ)を先発させ、1番打者から3者三振に仕留めた。
    試合は2回から4人を継投し5-3で勝った。

    登録枠の増加に伴い、今後は公式戦でも力押しのできる投手の先発起用が見られるかもしれない。
    今季、初回の失点がワースト1、2位のロッテ、阪神など、試してみてはどうだろう。

    たとえばロッテなら今季の上位3球団に対して手を打てる。
    西武は秋山、源田、ソフトバンクは上林、柳田、日本ハムは西川、近藤と上位打線に有力な左打者がおり、左の先発陣も手薄なため救援左腕の松永をいきなりぶつけるのだ。

    阪神はメッセンジャーがFA権を取得し、外国人枠を外れる。今季32セーブのドリス、新外国人ジョンソンの2枚を有効に使え、セットアッパーに回っている能見は先発経験十分だ。
    阪神の今季の救援防御率3・70はリーグ1位。終盤に抑える力を頭から使えば、勝機が広がる可能性はある。【織田健途】
    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201812110000051.html
    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201812110000051.html?Page=2

    【来季から29人制になるからロッテ・阪神はメジャーで話題の「オープナー」を採用すべき】の続きを読む

    K10011739291_1812081038_1812081038_01_02

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/12/08(土) 00:00:09.80 ID:Lvwc/Tmi0
    プロ野球の1軍の公式戦に出場選手として登録できる人数が来シーズンから1人増えて29人となることが関係者への取材でわかりました。
    プロ野球では現在、1軍の公式戦に出場選手として登録できる人数は28人以内と野球協約で定められています。
    関係者によりますと、来シーズンからはこれを1人増やして29人以内に変更することで12球団で合意した一方、
    ベンチ入りできる選手の人数は25人のままだということです。
    登録枠を増やす案は、プロ野球の選手会が若手の出場機会を増やし、
    選手がより活発に移籍できる新たな制度の導入を求める中、セ・リーグの球団の間で協議されてきました。
    各チームでは、1軍の登録枠が増えることで、ベンチ入りさせる選手の選択肢が増え、
    若手選手などが1軍での出場機会を得やすくなることが期待されます。
    そして、1軍の出場選手登録が一定の日数に達すると取得できるFA=フリーエージェントの権利についても、
    選手が日数を稼ぎやすくなり移籍の活性化を求める選手会の要望に合致することになります。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181207/k10011739291000.html

    【プロ野球、来季から1軍登録枠が1人増え29人に】の続きを読む

    20181129-00000015-sph-000-view

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/11/29(木) 10:58:09.76 ID:v0HI5JTO0
    今季の制度では、ストライクボールの判定やハーフスイングだけでなく、自打球や守備妨害、走塁妨害、塁審より前方の打球なども対象外とされた。
    来季はこれらのうち一部を、リクエストを行使可能なプレーに加えることを検討している。

    また、回数については減らすか現状維持の2択で議論を進めている。今季は1試合2回まで(延長は新たに1回可能)でリクエスト成功の場合はカウントされなかった。
    今後はリプレー検証検討委員会などで制度の改善策を議論し、1月の監督会議での説明を目指す。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00000015-sph-base

    【リクエスト制度が一部変更へ、来年1月までに“新ルール”を固める見通し】の続きを読む

    スクリーンショット 2018-10-18 17.29.11

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/10/18(木) 13:41:59.11 ID:sB/XkIvOd
    日本野球機構(NPB)は18日、今季から始めたリクエスト制度によるリプレー検証の回数を発表した。
    レギュラーシーズンで494件(セ・リーグ251件、パ・リーグ243件)のリクエストがあり、判定変更は162件。全体の32・8%だった。
    この他、審判が自らリプレー検証した回数は40件だった。


    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/amp/201810180000434.html

    【今季リプレー検証の回数494件!判定変更は32.8%】の続きを読む

    このページのトップヘ