まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    20181114-00000127-spnannex-000-2-view



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/11/14(水) 15:04:19.18 ID:YQEU2VUC0
    国内FA宣言選手

    埼玉西武ライオンズ 浅村 栄斗 内野手 3
    オリックス・バファローズ 西 勇輝 投 手 21
    広島東洋カープ 丸 佳浩 外野手 9
    海外FA宣言選手

    埼玉西武ライオンズ 中村 剛也 内野手 60
    埼玉西武ライオンズ 炭谷 銀仁朗 捕 手 27


     プロ野球のフリーエージェント(FA)宣言選手が14日、コミッショナーから公示され、西武の浅村栄斗内野手(28)、オリックスの西勇輝投手(28)、広島の丸佳浩外野手(29)、西武の炭谷銀仁朗捕手(31)、西武の中村剛也内野手(35)の5選手が名を連ねた。15日から所属した球団以外との交渉が可能になる。

     国内FA権を行使したのは丸、浅村、西の3人。海外を含めた全ての球団と交渉が可能になる海外FA権を行使したのは炭谷で、中村は海外FA権を行使しての残留が決まっている。

     丸は今季、打率・306でいずれも自己最多の39本塁打、97打点をマークし、広島のリーグ3連覇に貢献。広島は球団は4年契約で出来高払いを含めて総額17億円を打診している様子。宣言残留も認めているが、巨人が25億円超、丸の地元・千葉に本拠を置くロッテも20億円規模の資金を用意していると見られ、リーグ屈指のスラッガーの争奪戦に発展しそうだ。

     また、浅村はプロ10年目の今季は自己最多の32本塁打、127打点をマーク。主将としてリーグ優勝に導いたチームへの愛着も強く、会見では「今の自分があるのもライオンズのおかげ。ここを最優先に考えている」と繰り返し悩める胸中を吐露したが、はソフトバンク、オリックス、楽天が興味を示している。

     西は今季初の開幕投手を務めるなど先発陣では唯一ローテーションを守り、自身5度目の2桁10勝をマーク。オリックスもシーズン終了後に残留交渉。既に4年総額8億円の複数年契約を提示しており、宣言残留も認めているが、阪神とソフトバンクが獲得に興味を示している。

     炭谷はプロ13年目の今季は47試合の出場に止まったが、巨人などが興味を示している。


    【FA公示キタ━━(゚∀゚)━━!!今年は大物5選手が権利行使!】の続きを読む

    20181113-00000151-spnannex-000-2-view




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/11/13(火) 23:13:29.12 ID:6Bsj17wL0
     今季国内フリー・エージェント(FA)資格を新規取得していたロッテ・角中勝也外野手(31)が権利を行使せず、残留することが13日、決まった。この日、ZOZOマリンの球団事務所を訪れて、林信平球団本部長へ「来年もロッテでやります」と伝えた。

     同本部長は「今年はケガで出遅れたけど、ナンバーワンの打者。来季は全試合出場で頑張ってほしい」と期待を語った。

     また、同じく国内FA資格を取得した清田育宏外野手(32)、大谷智久投手(33)、海外FAを取得した唐川侑己投手(29)の残留も決まった。

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/11/13(火) 23:14:11.84 ID:6Bsj17wL0

    【ロッテ、角中・清田・大谷・唐川がFA権行使せず残留決定!】の続きを読む

    WS011142




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/11/13(火) 09:38:03.75 ID:LmyP/dLm0
    ロッテ、FA広島・丸とは週明けにも交渉へ
    https://www.sanspo.com/baseball/news/20181113/mar18111305000003-n1.html
    日程次第では井口資仁監督(43)も交渉の席につく予定で、年俸についても「もちろん上限がないわけではないが、それなりには」として、4年総額20億円規模で丸の獲得に挑む。


    【ロッテ、FA資金について「上限がないわけではないが、それなりには」交渉は週明け】の続きを読む

    jiji_maru




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/11/10(土) 16:57:51.99 ID:HcpNKntI0

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/11/10(土) 16:58:07.95 ID:HcpNKntI0
     今オフFA戦線の目玉となっている広島・丸佳浩外野手(29)に関する“臆測”が次々と広がっている。丸は広島市に本店を構える地方銀行のCMに出演中だが、ネット上では「契約を打ち切ったらしい」などの書き込みが散乱。移籍を前提としたかのような怪情報に周囲はピリピリしている。その一方で同僚の松山竜平外野手(33)は9日、今季取得した国内FA権を行使せずカープ残留を表明。こちらは一安心だ。

    【丸、引っ越しの噂について完全否定「引っ越してないですよ!」】の続きを読む

    20181108-00000011-dal-000-8-view



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/11/08(木) 19:20:31.07 ID:G7Q/G08x0
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000034-tospoweb-base&pos=4

    球団を選ぶうえで重視する点について現時点で丸は「まだ分からない」と言葉を選びつつ、気になる発言もあった。
    「結果的に3連覇することができたけど、本当の目標である日本一というのがなかなか届いていないのが現状。当然、僕自身もさらに上のレベルに行きたいなという思いはある。
    違う環境に身を置くことでレベルアップ? そういう選択肢もあると思うし、いろんなやり方があると思う」

     この言葉がいったい何を指すのか。全球団との交渉解禁は15日。
    「年内には決めたいと思っているけど、早い段階で決められたらいいかなと。僕一人の問題でもないので」と話した丸。どのような決断を下すのか注目される。

    【FA行使した広島・丸「年内の、早い時期で決められたら良いかな」】の続きを読む

    このページのトップヘ