まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    IP170312TAN000075000_0001_C





     3月4日、島孝明投手は東海大市原望洋高校の卒業式に出席するため、しばしチームを離れた。久しぶりに会う仲間たち。懐かしの校舎。数カ月前まで生活をしていたこの場所が、遠い昔のことのように思えた。

     「懐かしかったです。なんともいえない安心感があった。これからはいよいよ高校生ではなくなる。一人の社会人としていろいろなことを学びながら、頑張っていきたい」

     チームに戻ると強い口調でキッパリと言い放った。その表情からはあどけなさが取れ、りりしさが感じられた。



    【千葉魂 島、新たな旅立ち 初心忘れず日々一生懸命】の続きを読む

    IP170306TAN000016000_0001_C





     充実した表情を見せた。福浦和也内野手は2月26日に石垣島での2軍キャンプを打ち上げると、28日からロッテ浦和球場で練習を再開した。24年目のキャンプもバットを振り、体をイジメ抜いた日々だった。

     「2軍でマイペースに好きなようにやらせていただいた。これだけじっくりとやらせていただけたことに感謝。おかげさまでいいキャンプを送ることができた。振って、動いてけがなくここまで来ている」


    【千葉魂 体イジメ、若手と濃密な時間 福浦、24年目のキャンプ終えて】の続きを読む

    IP170227TAN000012000_0001_C






     特別な思いでマウンドに上がった。2月23日。石垣島キャンプを終えたマリーンズは沖縄本島で対外試合をスタートさせていた。初戦の相手は宜野座でのベイスターズ。そのゲームで新人の有吉優樹投手は八回から登板をし、1回を無安打無失点に切り抜けた。ルーキーとはいえ25歳。大事なアピールの場で結果を出した。

     「意外と落ち着いて投げることができました。気持ちで投げました」




    【千葉魂 シンデレラストーリー始動 有吉、営業マンからプロ選手】の続きを読む

    IP170220TAN000011000_0001_C






     晴天の続く順調なキャンプだった。最終日2日前、伊東勤監督は練習前にグラウンドに選手を集めた。ここまで練習前の集合では担当コーチに任せ、輪の外で見守り、あえて言葉を発することはなかったが、終了を目前に控えて全員の前でメッセージを伝えた。青空の下、切り出した。

     「けがなく、しっかりと練習をしてくれた。やりたい練習は、ほとんどできた。順調だった。ここからは試合が多くなり、練習に割ける時間は減ってくる。その中で自分たちの置かれている状況を考えながらそれぞれが練習に取り組んでほしい。ゲームでは、ふるいにかける作業となる。結果を出せるように準備をして、どんどんアピールをしてくれ」




    【千葉魂 限界超えた走塁で勝利を 攻撃的に先の塁を狙う】の続きを読む

    20170214-00010000-chibatopi-000-1-view





     忘れてはいけないことがある。7月8日のファイターズ戦(札幌D)。二木康太投手は打たれた。初回だけで7失点。二回も打たれ、さらに2失点。結局、3回9失点でマウンドを降りた。惨めな気持ちでベンチに座った。居場所がなかった。チームは3-12で大敗。宿舎に戻ると自室でふさぎ込んだ。

     「つらくて情けなくて…。オレはなにをやっているのだろうと思いました。チームに迷惑をかけてしまった。部屋から一歩も出ることができませんでした」



    【千葉魂 あの日のことを忘れない 二木、屈辱に学び奮い立つ】の続きを読む

    IP170206TAN000005000_0001_C






     堂々と力強くストレートを投げ込んだ。大嶺祐太投手が石垣島キャンプのブルペンで存在感を見せている。プロ11年目。背番号は「1」から「11」。そして「30」へと2回目の変更を行った。心機一転して挑む新たなシーズン。今季に懸ける強い決意がみなぎっている。

     「背番号の変更に関しては、いい意味でとらえています。30という番号は気に入っています」



    【千葉魂 胴上げ投手の番号を背に 心機一転、大嶺祐が強い決意】の続きを読む

    IP170130TAN000022000_0001_C






     その唄はスッと大学時代の佐々木千隼投手の耳に入ってきた。自宅で大の字になり寝ころび、天井を見上げていた時だった。「どんな時も 信じることをやめないで きっと チャンスは何度でも 君のそばに~」。その歌詞の部分を聞き終わると流れていた涙を拭って立ちあがった。部屋を飛び出し、ひたすら走った。





    【千葉魂 黄金ルーキー支え続けた一曲 スタートラインに立つ佐々木】の続きを読む

    このページのトップヘ