まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    IP190729TAN000018000




     明らかに場違いな雰囲気を感じながら若者は集合場所に向かった。7月12日、東京ドームで行われたオールスター第1戦。打撃投手として今年からマリーンズの一員となった中臺(なかだい)淳志は、ある使命を帯びて三塁側パ・リーグロッカーに向かった。試合前のホームランダービーに出場するブランドン・レアード内野手の投手役に指名されたのである。

     「レアード選手から『投げてみないか』と声を掛けてもらいました。え、ボクでいいの? というのが最初の感想。正直、冗談と思っていました。でも、実際にこの日を迎えた。光栄ですし、とてもうれしい。なかなか経験できることではないと思います」






    【千葉魂 若き打撃投手との友情 レアード、晴れ舞台に“新人”指名】の続きを読む

    IP190721TAN000103000






     7月3日。ロッテ浦和球場ではマリーンズの2軍とジャイアンツの3軍による練習試合が行われていた。曇り空の下、行われたこの試合で特別な想(おも)いを胸にマウンドに上がった投手がいた。プロ4年目の原嵩投手だ。昨年は右肩鏡視下手術、および右肘神経移行術でリハビリを余儀なくされ登板はゼロ。今年は2軍で順調に登板を重ねていた。この時点で中継ぎとして9試合に登板。6月9日のイースタン・ジャイアンツ戦では白星も記録していた。そんなどん底から地道な努力を重ねて、はい上がってきた若者にとって、7月3日はとても大事な日だった。

     「母の命日なんです。1年目の時にも7月3日にビジターのイーグルスとの2軍戦で先発予定だったのですが、その時は雨で中止となった。そういう意味ではプロに入って初めて母の命日に投げることができた。とても感慨深いものがありましたし、なんか緊張してしまいました」





    【千葉魂 原、母への想いを胸に 故障乗り越え、命日に登板】の続きを読む

    IP190708TAN000015000





     「やることをしっかりとやっていれば、いいことがあるよ」。トレードでタイガースへ移籍した高野圭佑投手が胸に刻んでいる言葉である。それは昨年8月19日。楽天生命パーク宮城でのイーグルス戦の事だ。前年の7月以来、1年以上もの長い期間にわたって1軍での登板機会がなかった高野にようやくチャンスが巡ってきた。久々の1軍のマウンド。出番は3点ビハインドの八回。負けが濃厚の場面での登板だったがアピールすべく必死だった。アドレナリンが出た。




    【千葉魂 旅立つ高野が胸に刻む言葉 根元現コーチから受けた祝福】の続きを読む

    IP190701TAN000063000





     特別な想(おも)いでマウンドに上がった。ブランドン・マン投手は6月11日の横浜DeNA戦で三番手として登場した。1回を投げて打者3人、無失点。古巣相手に見事な投球を披露。翌12日も1回を無失点に抑えた。

     「知っている選手が沢山いる。こうやってまた日本に戻ってきて、思い出深いチームと対戦できたことはとても良かった。成長した部分を見せることが出来たかなと思う」




    【千葉魂 日本を愛する男ブランドン 仲間思いの左腕、念願の再来日】の続きを読む

    IP190624TAN000020000




     チャンスをつかむことはできなかった。平沢大河内野手が13日のベイスターズ戦(ZOZOマリンスタジアム)の試合後に2軍落ちを通告された。正遊撃手の藤岡裕大内野手が5月21日のバファローズ戦(京セラD)にて右足の肉離れで戦線離脱。巡ってきた絶好機も結果は伴わず、藤岡の復帰と共に抹消となった。肩を落とし帰路につく若者に声をかけたのは大村巌打撃コーチだった。

     「次に1軍に呼ばれた時にはすぐに結果を出せるように、揺るぎない自分のいいものをつくってこい」

     大村コーチは平沢がプロ1年目の時の2軍打撃コーチ。仙台育英高校から競合の末、ドラフト1位で入団をしてきた若者の輝きを誰よりも知っている人物だ。ルーキーイヤーのファーム1号はイーグルスのレイ投手から。そして2本目が同じくイーグルスのミコライオ投手。2本目を打つ前に「プロ1号おめでとう。次は150キロの速球を打ってみろ」と課題を出したところ、見事に剛速球を打ってのけた。



    【千葉魂 大村コーチ、2軍落ち平沢にげき 苦悩の教え子へ「チャンスだ」】の続きを読む

    IP190527TAN000033000





     プロ野球への道は夢でしかなかった。周囲の誰もが入れるとは思っていなかった。それでもブレなかった。努力を重ね、一歩一歩と前に進んだ。自分を信じた。その結果、道が開けた。信じる心が大きな花を咲かせた。角中勝也外野手が25日のホークス戦(ZOZOマリンスタジアム)で通算1000試合出場を果たした。11日のホークス戦(ヤフオクD)では通算1000安打達成。初出場は2007年7月24日のホークス戦(ヤフーD)。苦節13年での到達であった。

     「ありきたりですけど、入団した時はまさかここまで来ることができるとは思わなかった。そういうコメントが一番似合う選手じゃないかと思います。独立リーグから入って…。自分としては特別うれしいという思いはないですけど、周りの人が喜んでくれることがうれしいです」








    【千葉魂 苦労人 角中の軌跡 独立リーグ出身が偉業達成】の続きを読む

    IP190520TAN000031000




     あの日以来のマウンドに、福浦和也内野手は感慨深げな表情を見せた。5月11日、習志野の第一カッター球場で行われたイースタンリーグ・東京ヤクルト戦。福浦の地元でのゲームということで、試合前に始球式イベントが行われた。このセレモニーに合わせて習志野高校時代のチームメート16人と当時のマネジャーも駆け付けた。久々の再会を懐かしみ、旧友たちが見守る中、ボールを投じた。

     「高校の卒業式以来に会ったメンバーもいた。懐かしかった。ストライクが入って本当に良かったよ」







    【千葉魂 福浦、26年越しのマウンド 地元「習志野秋津」で始球式】の続きを読む

    このページのトップヘ