まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    IP170710TAN000028000





     よく食事に連れていってもらった。プロ入りしたばかりの二木康太投手は今も鮮明に覚えている。鹿児島から1人、ロッテ浦和寮に入寮をして右も左も分からず戸惑っていた時、一番最初に声を掛けてくれたのが1歳年上の田村龍弘捕手だった。甲子園は遠い世界だった二木にとってその舞台で大活躍をしていた田村はスターのような存在。テレビの向こうの選手といろいろ話が出来たのがうれしかった。

     「いつも食事に連れていってもらいました。いろいろなアドバイスをもらいました。一番、言われたのはもっと貪欲になれ。もっと欲を出せということですかね。ボクはすぐに満足することがあった。そういう点を指摘された。それではプロの世界では生きていけないぞと。しっかりと目標を決めて、それを達成したら次の目標へと成長をしないとダメだぞと言われました」





    【千葉魂 先輩田村と挑む夢の舞台 オールスター初出場の二木】の続きを読む

    IP170703TAN000016000





     チャンスは必ず来ると信じていた。だから、諦めず、いつ呼ばれてもいいように準備と心構えをして備えていた。石垣島での春季キャンプ。三木亮内野手の名前がマスコミをにぎわすことはなかった。キャプテンの鈴木大地内野手がショートからセカンドへコンバート。空いたショートのポジションは3年目の中村奨吾内野手と2年目の平沢大河内野手の2人が争っていた。子供の時から内野一筋。中でも遊撃にこだわりをもっていた三木は注目が2人の後輩に集中する中で虎視眈々(たんたん)と出番を待った。

     「2人の名前が取り上げられるのは仕方がないと思っていた。でも、競争。オレにもいつか必ずチャンスは来ると信じていた」




    【千葉魂 どこまでも泥臭く自分の姿勢 遊撃で躍動見せる三木】の続きを読む

    IP170626TAN000027000






     思えば子供の頃からマイナス思考だった。失敗をしたらどうしよう。怒られるのではないか。荻野貴司外野手の頭の中にはいつもマイナスな結果と、それによって生じるであろう最悪の事態がいつも浮かび上がっていた。だから、楽しみながらアグレッシブにプレーをする新助っ人の姿がまぶしく見えた。シーズン途中でキューバから加入をしたロエル・サントス外野手はポジションが同じということもありライバル関係にあたる。しかしその姿と言動にいつしか魅了され、刺激を受ける自分がいた。



    【千葉魂 新助っ人から感じた想い 荻野、サントスと共に重ねた円陣】の続きを読む

    IP170612TAN000032000






     試合後、いつも同じTシャツを着ている。投げた時も投げなかった時も。抑えた時もそうではなかった時も大嶺祐太投手はこのTシャツを着てウエート場に向かうのが決まりだ。サンフランシスコ・ジャイアンツのジョニー・クエト投手。MLBの個性派右腕として100勝以上を挙げるスター選手がデザインされたシャツである。

     「たまたま動画でクエト選手がウエートをしている姿を見たんです。それからですね。刺激を受けて。積極的に取り組むようになりました。元々、ウエートはしていたけど、アメリカで行なっているトレーニング方法などを担当の方に聞いて新しいやり方や考え方を勉強しています」



    【千葉魂 大リーガー手本に励む日課 昨季のリベンジ誓う大嶺祐太】の続きを読む

    IP170605TAN000021000







     打球はライトスタンドに吸い込まれていった。1点ビハインドの八回2死一塁。打席に入った鈴木大地内野手はカウント2ボール、1ストライクからイーグルス先発・岸のスライダーを振り抜いた。逆転の2ラン。ボールが大きな弧を描き、右翼に消えていくのを見届けるとチラッと三塁側内野席上に位置する個室に目を向けた。その姿を少しだけ確認するとうれしさが、またこみ上げてきた。

     「きょうは勝ててよかったです。実は88歳になる母方のおじいちゃんが初めてマリンに試合を見に来てくれていたんです。打てて、勝ててよかったです」

     試合後、スタンドのファンへの挨拶を済ませると何度も三塁側の個室で応援をしてくれた親族たちに手を振った。



    【千葉魂 祖父にささげた逆転2ラン 初観戦の試合で放った鈴木】の続きを読む

    IP170529TAN000038000_0001_C







     「闘魂」。マリーンズのベンチで今やすっかり合言葉となっている。25日のホークス戦(ヤフオクドーム)の試合開始直前。2連敗で借金21と膨れ上がった状況下のベンチ内で伊東勤監督は腕を組みながら天井を見上げていた。なにやら思いついたのか、スッと立ち上がるとスタメンなどの選手情報が記載されているホワイトボードの方に向かった。そして一心不乱にペンを走らせた。「闘魂」。記された言葉は闘志あふれるものだった。指揮官の気持ちが乗り移ったかのようにこの試合、打線が爆発。5本塁打で今季初の2ケタ得点となる12得点を挙げ、これまで10敗と天敵としていたホークスを打ち破った。


    【千葉魂 指揮官の原点、ナインへ 「闘魂」胸に交流戦に臨む】の続きを読む

    IP170522TAN000031000_0001_C






     今季通算10勝目は劇的な形で訪れた。全員で苦しみ、悩み、考えた末にたどり着いた。5月19日のイーグルス戦(ZOZOマリンスタジアム)。九回に同点に追いつかれた後、迎えた延長十回1死二、三塁の場面だった。打球は右前に転がり、サヨナラの走者がホームを踏んだ。抱擁しながら喜びを分かち合う選手たちの姿を伊東勤監督はうれしそうに見つめた。そして戻ってくる選手、一人一人と握手をして、ねぎらった。目は真っ赤に充血しているようにも見えた。

     「泣いていないよ。周りからもそう言われたけどね。目薬だよ。目薬!」

    【千葉魂 苦悩の先に…「必ず立て直す」 伊東監督、ナインと重ねる対話】の続きを読む

    このページのトップヘ