まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    IP180712TAN000001000_0





     それは不思議な光景だった。試合開始直前の出来事。真顔で戦士たちは歌いだした。1日のホークス戦(ヤフオクD)。ベンチ前で行う恒例の円陣でのことだ。鈴木大地内野手の「せーの」の掛け声に、全員が「ハッピーバースデー、トゥーユー」と声を合わせて歌いだした。あえて笑わずに真顔。下を向いたまま歌う男たちの姿にこの日、誕生日を迎えた鳥越裕介ヘッドコーチは円陣の真後ろでうれしそうに笑っていた。

     「練習前からみんなで『きょうは鳥越ヘッドの誕生日だから、なにかしよう』という話になっていて円陣でハッピーバースデーと歌おうということになった。驚いてもらいたいと思っていたので、練習中は誕生日ということは知りませんよという雰囲気をあえてみんなで醸し出して、円陣の時に一斉に下を向いたまま歌った。大成功でしたね。『ビックリしたよ』と喜んでくださった」と鈴木はしたり顔で話した。








    【千葉魂 鳥越ヘッドからの教え 熱きコーチからみなぎる活気】の続きを読む

    IP180702TAN000029000_0





     それは入団が決まった時から決めていたことだった。マリーンズの新外国人として1月に来日したマイク・ボルシンガー投手は初めて訪れることになる異国の地で6月に予定日となっていた第1子を産むことを望んだ。通常、夫人の出産に立ち会うために球団から一時帰国が認められるが、その選択肢を最初から自身の意志で除外してのマリーンズ入りだった。ジャパニーズドリームをつかむため、そして家族と一緒に過ごす時間を大切にしたかった。

     「いろいろな考え方があるだろうけど、ボクは日本で産むことが最良だと思っていた。初めてのチャレンジである日本の野球で自分にとっての大きなチャンスを逃したくなかった。しっかりと毎週、登板をして結果を出したかった。それにずっと家族と一緒にいることが自分にとっては必要。妻ともそう。そして新たに生まれてくる息子とも1日でも早く一緒に住み、3人の時間を共有したかったんだ」








    【千葉魂 右腕のメモリアルな日々 ボルシンガー、家族とともに】の続きを読む

    IP180625TAN000001000_0




     力強さがあった。魂のこもったスイングから繰り出された打球は大きな弧を描き、スタンドに吸い込まれていく。井上晴哉内野手は悠々とダイヤモンドを回った。復帰2試合で3発。1本目は復帰初戦(23日埼玉西武戦、ZOZOマリンスタジアム)、3点ビハインドからのプロ入り後、初となる満塁弾で逆転勝利を呼び込んだ。2本目と3本目は翌24日の埼玉西武戦。2打席連続でセンター方向へと飛び込んでいった。2試合で3発8打点。扁桃(へんとう)炎を患い2軍落ち。しかし最短10日で復帰した長距離砲は即座に結果を出した。さまざまな想いが入り乱れる中での打席だったが、ひとたび打席に立つと心を無にし、集中した。







    【千葉魂 指揮官の言葉を胸に 井上、復帰2戦で3発】の続きを読む

    IP180618TAN000027000_0






     ガッツポーズはなかった。打った瞬間にサヨナラ打を確信したが、冷静に一塁を踏んだ。そしてベンチから駆け付ける先輩たちを待った。17日のジャイアンツ戦(ZOZOマリンスタジアム)。人生初のサヨナラ打を打った20歳の若者は控えめな笑顔を見せた。それはプロ3年目の平沢大河内野手の想いのすべてを物語っていた。

     「前進守備だったので打った瞬間に抜けることは確信しました。ただ、自分はこれで喜んでいられる立場じゃない。結果を出し続けないといけないので、もちろんうれしかったですけど、そこは冷静な部分がありました。これで浮かれることなく継続的に結果を出したい。次の甲子園でもチャンスがあればしっかりと結果を出したい。すぐにそれを考えていました」







    【千葉魂 笑顔なきサヨナラ打 平沢「結果を出し続けないと」】の続きを読む

    IP180603TAN000047000_0





     あれは忘れもしない、よく晴れた日だった。大学4年生だった若者は野球部のリーグ戦が終わり、つかの間のオフに入っていた。だから友人とプロ野球を見に行くことにした。広島から一人、上京し都内の大学に進学した若者は時折、無性に故郷の匂いを感じるために広島カープの応援に行きたくなることがあった。だからこの日もレフトスタンドに座った。2011年6月12日の千葉ロッテマリーンズ対広島カープ戦(現ZOZOマリンスタジアム)のことだ。井上晴哉内野手はその試合のある場面を今でも鮮明に覚えている。マリーンズの選手が放った打球はグングンと伸びて来て、自分が座っている目の前に落ちた。当時、ルーキーだった伊志嶺翔大外野手が放った1号本塁打だった。






    【千葉魂 憧れのチームとの対戦 原点思い出した井上】の続きを読む

    IP180528TAN000017000






     本当に視野の広く優しい男だ。エース・涌井秀章が力投した。18日のホークス戦(ZOZOマリンスタジアム)。まだシーズン序盤。公式戦143試合あるうちの1試合ではあったが、ある人にとっては特別な試合だった。ZOZOマリンスタジアム場内アナウンス担当の谷保恵美さん。まだ千葉に移転する前の1991年8月9日のファイターズ戦(川崎球場)から場内アナウンス業務を行い、この試合が1700試合目のメモリアルなゲームとなっていた。





    【千葉魂 ウグイス嬢への白星 節目の1700試合、花添えた涌井】の続きを読む

    IP180521TAN000039000_0





     空気の変化を読み取った。だから鈴木大地内野手は全体練習が始まる前に野手全員に呼び掛けた。連敗で迎えた17日。ZOZOマリンスタジアムで野手だけによる自主ミーティングが行われた。開幕して35試合を消化していた。マリーンズの借金はその時点で5。新生井口マリーンズとして好スタートした新チームはどこか開幕時の勢いを失っていた。

     「みんな疲れているように見えた。気持ちはあっても、うまくいっていない。一回、なにかクッションというか、キッカケが必要だと思った。みんなで意見交換をしようということになった」




    【千葉魂 原点戻り、再進撃へ 鈴木の呼び掛けと福浦の言葉】の続きを読む

    このページのトップヘ