まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    20171014-00027522-nksports-000-6-view

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/10/17(火) 14:35:59.55 ID:F8tXPXwR0
    小川「いらないお」
    高田「いい選手だけどミスマッチ」

    どうすんの

    【元巨人村田さん思ってたより就職活動が大変 】の続きを読む

    DJgoBFhVoAEG4M4





    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/10/13(金) 16:28:06.63 ID:CAP_USER9
    読者からの質問にプロフェッショナルが答える「ベースボールゼミナール」。
    今回は捕手編。回答者はロッテ2度の日本一、WBC初代世界一に貢献した、元ロッテの里崎智也氏だ。

    Q.巨人は今季、小林誠司選手が正捕手となって2年目のシーズンを戦いました。
    終盤戦には宇佐見真吾選手がデビューし、小林選手の座を脅かそうとしました。
    里崎さんが監督だとしたら、どちらを正捕手として起用しますか。またその理由と、2人の特徴について教えてください。(山形県・32歳)

    【元ロッテ・里崎智也に聞く】巨人の小林誠司と宇佐見真吾、“里崎監督”ならどちらを使う?

    現状では“里崎監督”なら小林を正捕手として起用するという

    A. 捕って止めて投げる能力が一軍レベルなら、それ以上の守備力に関わらず打てるほうを使う。
    解説のお仕事をさせていただいていると、「守れるキャッチャーと、打てるキャッチャーがいたら、どちらを起用しますか?」というような質問をされることがあります。
    私の答えは決まっていて、必ず「『捕って、止めて、投げる』能力(スキル)が一軍のレベルにあるのならば、打てるキャッチャーを使います」と回答しています。

    つまり、ある一定以上のスキルが備わっている選手がA、Bと2人いるとして、Aのほうが守備能力が圧倒的に優れていても、
    もう1人のBは守備ではAに数段劣るけれども、バッティングが良ければ、私は迷わずBを選ぶということです。
    逆に、その3つのスキルが一軍レベルにないと判断すれば、どんなにバッティングが良くても、キャッチャーのレギュラーとして見ることはできません。
    DHや代打、たまにマスクをかぶらせることはあるかもしれませんが、レギュラーとしては信用できないでしょう。
    周りの方に言わせると、私の考える「一軍レベル」は、ハードルが高過ぎるそうなのですが、それは仕方がありません。

    これらを踏まえてジャイアンツの2人ですが、確かに宇佐見真吾選手は後半戦4本塁打など長打力が魅力の良いバッティングをすると思います。
    ですが、『捕って、止めて、投げる』が私の考える一軍レベルにあるかというと、残念ながら信頼のおけるレベルには達していないと見ていて感じました。

    一方で、今春のWBCでは侍ジャパンでも正捕手を務めた小林誠司選手に関しては、キャッチャーのスキルは文句なく一流だと思います。
    捕球、ブロッキングも良いですし、スローイングももともとの地肩の強さもありますが、
    プロで4シーズンを過ごす中で、8割のスローイングで全力と変わらない質の高いボールを投げられるようにもなっています。
    バッティングでは苦しんでいる部分もありますが、私の判断基準に沿って正捕手を決めるのならば、現段階では小林選手でしょう。

    ちなみに、この基準の中に『リード』はありません。
    結果論で左右されてしまうためですが、もちろん、相手打線に対するデータを蓄積し、それを活用することは、キャッチャーならば最低限すべきこととして考えています。


    ●里崎智也(さとざき・ともや)
    1976年5月20日生まれ。徳島県出身。鳴門工高から帝京大を経て99年ドラフト2位でロッテ入団。06年第1回WBC代表。14年現役引退。
    現役生活16年の通算成績は1089試合出場、打率.256、108本塁打、458打点、6盗塁。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171013-00000010-baseballo-base 



    【元ロッテ里崎智也に聞く 巨人の小林誠司と宇佐見真吾、“里崎監督”ならどちらを使う?】の続きを読む

    20171014-00000036-sph-000-5-view




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/10/14(土) 06:09:32.80 ID:m7tZ+O7ha
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171014-00000036-sph-base
    ―今後は他球団からの連絡を待つことになるが、希望の球団や条件などは?

    「どこの球団でも拾ってもらえるなら、その球団に対してプレーで恩返しするだけ。
    条件はどうのこうの言える立場じゃない」

    ―十分に働けるという自信もある。
    「体はどこも悪くないし、まだまだ動けるしね」

    ―残り135本に迫った通算2000安打への思いもある。
    「2000安打を達成するだけが野球じゃない。
    だけど、個人的な目標で言えば、そこはなんとか頑張りたいところですね」

    【村田修一(36)さん11球団OK!条件低くても拾ってくれればいい】の続きを読む

    img_0




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/10/02(月) 16:45:48.47 ID:R9PJ1bWR0
    巨人片岡が引退(西武に同期入団したロッテ涌井の話)「辞めるわって連絡くれた時『もう出来ねえんだよ』とかすれた声で言われ、今までの思い出が一瞬でよみがえった。
    もう一緒に出来ないと思うと寂しい、つらい、ただそれだけです。自分の中でヤス君以上のセカンドはもう出会わないでしょう」



    【ロッテ涌井、元同僚の片岡引退に「ヤス君以上のセカンドはもう出会わない」】の続きを読む

    bandicam 2017-09-24 18-45-35-365





    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/09/26(火) 10:17:45.66 ID:4HcLu0QgH
     絶大な人気を誇る井口だが、監督就任を要請するにあたり、ネックになっているといわれていたのが、指導者経験がないこと。伊東監督の辞任に伴い、英二投手コーチと清水外野守備走塁コーチも退任するため、来季から井口を支えるコーチ陣の組閣が注目されている。投手コーチには青山学院大の先輩、川越二軍投手コーチの昇格が濃厚。
    さらに、1999年のダイエー初優勝でともに美酒に酔ったWBC前監督の小久保裕紀氏(45)をヘッドコーチに就任させるプランが浮上している。

     井口にとって青学の3年先輩である小久保氏も指導者経験がなかったが、今年のWBCで日本代表監督を務め、立派な「肩書」がついた。

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/09/26(火) 10:17:57.58 ID:4HcLu0QgH
    ■高橋監督と現役時代から「約束」も

     しかし、小久保氏招聘には最大のライバルがいる。巨人の高橋監督(42)だ。小久保氏が巨人にいたときから2人は非常に親しく、現役時代に「ボクが監督をやることになったら助けてください」と高橋監督から懇願された過去がある。
    3年連続V逸で、しかもBクラスが見えてきた巨人はこのオフ、コーチ陣の大幅入れ替えが必至。高橋監督から要請があれば、二つ返事で巨人のユニホームを着るともいわれている。

     この日、井口の引退セレモニーで花束贈呈に訪れただけでなく、ビデオメッセージにも登場した小久保は「この先、野球界に恩返しできるよう、共に頑張っていきましょう」と語っていた。

     “由伸ゴメン。井口よろしく”とも聞こえるが、争奪戦の行方やいかに……。

    5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/09/26(火) 10:18:27.94 ID:4HcLu0QgH

    【井口ロッテvs由伸巨人、小久保ヘッドコーチ招聘で争奪戦勃発か】の続きを読む

    20170902-00091049-playboyz-000-1-view




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/09/02(土) 09:15:40.93 ID:6ZDmpyzY0
    辞任表明のロッテ・伊東監督にチーム再建が急務の“あの球団”がラブコール?
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170902-00091049-playboyz-base
    >「その球団は巨人。といっても監督ではなく、高橋由伸監督を支える参謀役候補という話です。
    というのも、巨人のバッテリー部門を長らく見てきた村田真一ヘッドコーチは『精神論が多い』『指導に一貫性がない』など批判が絶えない。
    最近では『あそこを代えないと巨人は強くならない』とまで言われる始末です。

    そこで巨人内にも、来季3年目を迎える高橋政権のヘッドコーチ格として伊東氏を招聘するプランが浮上。
    すでに球団関係者が電話で接触したらしい、との話も流れています」(セ・リーグ関係者)

    確かに、巨人と伊東監督との間には“パイプ”がある。
    今季途中に就任した鹿取(かとり)義隆GMは現役時代、西武で伊東氏とバッテリーを組んだ仲。
    また、伊東氏は2009年のWBCで総合コーチとして原辰徳監督(巨人監督と兼任)を支え、優勝に貢献している。

    「当時も伊東氏の手腕は評判になり、原監督のサポート役として巨人入りするのでは、との声もありました。
    WBCは読売新聞が主催する大会ですから、そういう意味でも伊東氏とつながる人脈はできているはずです」(セ関係者)

    【巨人、来季は辞任表明したロッテ伊東監督をヘッドコーチに…?】の続きを読む

    このページのトップヘ