まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    DCGyUQ9UAAAi-GC



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/10/17(火) 12:47:01.96 ID:F7L6DWYla
    ちな鴎やがこれはロッテ

    【ヤクルトとロッテどっちが暗黒臭漂う? 】の続きを読む

    20171015-00135098-baseballk-000-3-view




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/10/16(月) 12:05:55.75 ID:H5RKTiefK
    ・一塁三塁が不在
    ・怪我に強い
    ・東京在住
    ・最下位に慣れてる
    ・背番号25が空く
    ・神宮が好き
    ・巨人との試合が多い
    これはヤクルト行くだろ

    【ロッテ、村田争奪戦でもヤクルトに条件で負けてしまう】の続きを読む

    201710060010-spnavi_2017100600039_view



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/10/09(月) 15:32:04.89 ID:K5HBooVs0
    自身の成績に対しても、不甲斐ないという思いは強い。
    それでもシーズンを通して1軍登録から外れることなく、11年以降では自己最多の94試合に出場できたことは、大きな自信になった。
    「監督やコーチに気を遣ってもらって、足のことも常に心配してもらってたし、
    そうやって使ってもらってここまで来たっていう感じが強いですけど、
    ケガなく1年できたのは本当に大きいですよ。
    なんとかこの経験を、来年につなげられるようにしないといけないと思います」

    https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201710060010-spnavi

    【大松尚逸(35) .162 3本 16打点 OPS.492「今年の経験を来年につなげたい」】の続きを読む

    20171002-00015184-nksports-000-3-view




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/10/02(月) 09:06:47.95 ID:W5jqEwPR0
     「サンキューマッツ」。

     また新たな伝説が生まれた。9月16日。インターネット上ではヤクルト大松尚逸外野手(35)の名前が最も熱かった。

     マツダスタジアムで行われた広島-ヤクルト戦。広島が優勝へのマジックを1とし、勝てば優勝が決まる一戦。大松は2点を追う7回2死二、三塁で代打で登場。
    広島薮田に2球で追い込まれるが3球目をしぶとくはじき返し、一、二塁間を破る同点の2点適時打を放った。その後、ヤクルトが勝ち越し、広島の地元での優勝が消えた。

     くしくもその日はパ・リーグのソフトバンクも優勝を決めており、大松の同点打は59年ぶりのセ・パ同時優勝を阻止する意地の一打となった。
    この大仕事にYahoo! JAPANが提供するリアルタイム検索では「大松」が「ソフトバンク優勝」を抑えて、トレンド1位に浮上。ツイッターなどでは冒頭の言葉とともに大松の名前がつぶやかれ続けた。

     大松はネット上の野球ファンから愛されている。詳細は割愛するが、ロッテ時代から印象に残る活躍が多く、一種の伝説としても騒がれるほどだ。
    ヤクルトに移籍した今季も伝説を残し続けた。5月9日の広島戦では12回裏に代打で登場してサヨナラ弾をたたき込んだ。
    7月26日の中日戦では0-10から10-10に追いつき、延長10回に代打でサヨナラ弾。プロ野球タイ記録となる歴史的な逆転劇を決める1発を放った。

     本人はネット上で騒がれることをどう思っているのか。直撃してみた。

     大松 知ってるよ。僕は(ネットを)見ないけど、周りが知らせてくれる(笑い)。良くも悪くも名前が挙がるというのはいいこと。
    たくさんの人が、この世界に長くいられるわけじゃない。そうやってネタにされるだけでもありがたいと思わないと。プラス思考かな(笑い)。

     反応を好意的にとらえ、自らのモチベーションへと変えていた。

     現実世界でも、愛されていた。16日に広島の優勝を阻止した夜のことだ。

     大松 あの日、ご飯を食べに外に出かけたんだ。で、入ったお店が広島ファンでいっぱい。赤いユニホームを着た人がずらっと並んでてさ。
    やばいなーと思ったんだけど、最後にお店を出る時にみんなから握手を求められたんだよ。
    広島のファンの方から「勝負の世界だからしょうがないけえ。すばらしい活躍をしたね」と言われた。すごいよね。

     優勝を阻止した相手選手の活躍にも賛辞を送る広島ファンの、野球選手に対する尊敬の念。純粋に野球を応援する文化がすばらしいと感じた瞬間だった。
    ちなみに、退店する時には空気を読み「すいませんでした!」と頭を下げたという。

     優しい人柄と、ここぞの場面でファンに歓喜をもたらす男、大松尚逸。まだまだ伝説を見せてほしい。【ヤクルト担当=島根純】
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-00015184-nksports-base

    【大松、大松ネタを知っていた「僕は(ネットを)見ないけど、周りが知らせてくれる(笑い)」】の続きを読む

    このページのトップヘ