まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    20171221-00000006-ftaiwan-000-1-view




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/12/21(木) 22:40:46.33 ID:ri7ysJim0
    ソフトバンク柳田、台湾の“大王”王柏融と「一緒に日本シリーズ勝ちたい」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171221-00000006-ftaiwan-cn
    (台北 21日 中央社)日台のプロ野球選手が台湾の中高生球児を指導する野球教室が19日と20日、台北市内で行われた。
    参加したソフトバンクの柳田悠岐外野手は、台湾プロ野球・ラミゴに所属する、台湾の“大王”こと王柏融外野手について、ソフトバンクに来てほしいと呼び掛け、「一緒にクリーンナップを打って、日本シリーズを勝ちたい」と意欲を見せた。

    【柳田、台湾・王柏融へ「一緒に日本シリーズ勝ちたい」】の続きを読む

    201711250000235-w500_1





    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/11/25(土) 06:53:46.68 ID:wLlFCur+0
    ソフトバンクの孫正義オーナー(60)が24日、福岡市で開かれた「オフィシャルスポンサー感謝の集い」にVTR出演し、一部で"金満野球"とも批判される球団経営について「金満うんぬんと言う人もいますが、それは言わせておけばいい」と我関せずで従来通り突き進む考えを示した。

     次第に口調が熱を帯びた。チームの年俸総額は42億円を超え、2年連続で12球団トップ。昨オフには長打力不足を解消するためロッテから3年12億円プラス出来高でデスパイネを獲得するなど、毎年のように補強を繰り返してきた。
    しかし、孫オーナーは「ややもすると金満ソフトバンクと言われますが、素晴らしいチームとしてファンが応援してくれれば」と"金満上等"との持論を展開。
    一方で、育成選手からチームの中心となった千賀、甲斐らを念頭に「FAや海外の優れた選手を募るだけでなく、育成の下積みから夢を見て練習を重ねた育成(出身)の選手のみなさんが日本シリーズの大舞台で活躍してくれた」と、決して「マネー」だけの日本一ではないことを力説した。

     「戦う以上は勝たねばならぬ。来年もソフトバンクになって5度目の日本一をとってもらいたい」と、あらためて連続日本一を厳命した孫オーナー。今後も資金は惜しまず常勝軍団を作り上げる。(戸田 和彦)

    ◆孫正義オーナーの"資金力" 米経済誌「フォーブス」が今年3月に発表した2017年版の世界長者番付によると、資産は212億ドル(約2兆3500億円)で日本勢最上位の34位。
    ソフトバンクグループとしては、昨年7月に英半導体開発大手ARMホールディングスを約240億ポンド(約3兆3000億円)で買収。
    同年12月には大統領就任前のトランプ氏と会談し、米国で5兆円超の投資などを行うと約束した。


    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20171124-OHT1T50304.html

    【ソフトバンク孫オーナー“金満上等” 一部批判に「言わせておけばいい」】の続きを読む

    maxresdefault



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/11/15(水) 00:34:06.93 ID:cVRy2Cuy0
    1(中)柳田
    2(遊)今宮
    3(指)デスパイネ
    4(一)内川
    5(左)中村
    6(三)松田
    7(二)鈴本
    8(右)上林
    9(捕)甲斐
    先発 東浜千賀武田和田バンデンハーク石川
    中継 岩嵜 嘉弥真 飯田 森 五十嵐
    抑え サファテ

    【ソフトバンクとロッテが合体したらめちゃくちゃ最強な件 】の続きを読む

    201711140000229-w500_15




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/11/15(水)13:46:48 ID:IPV
    MAX141キロの速球も通用しそう
    いまのところヤクルトが興味をもっている模様


    WS000007


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171115-00000116-spnannex-base

     12球団合同トライアウトが15日、広島・マツダスタジアムで行われ、前ソフトバンクの左腕・大隣憲司投手(33)が好投をみせた。

     先頭の前巨人・松崎には外角低めの139キロの直球で見逃し三振。2人目の前楽天・北川も外角低め、140キロの直球で見逃し三振。3人目の前DeNA・山崎には右中間二塁打されたが、最後の打者・前広島の多田は変化球でバットを折り三ゴロに仕留めた。

     直球の最速は141キロも制球力は健在。投球を終えるとマツダスタジアムからは大きな拍手と歓声が起こった。



    【元SB大隣、トライアウトで好投し争奪戦待ったなし!】の続きを読む

    このページのトップヘ