まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    6_1



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/01/18(木) 18:29:43.43 ID:CTVNLWjC0
    マジでどこで使うんや

    【ロッテ平沢大河、ガチで詰む】の続きを読む

    20180118-00010002-sportiva-000-1-view




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/01/18(木) 17:39:49.60 ID:tpuGbtgz0
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180118-00010002-sportiva-base

     そして今シーズン、昨年の京田や源田のように、チームの“隙間”にスッポリはまりそうなルーキーがいる。ロッテがドラフト2位で指名した藤岡裕大だ。社会人の名門・トヨタ自動車で2年間腕を磨き、満を持しての入団となった。

     その2年前のドラフト。当時、亜細亜大4年の藤岡は強肩、強打、快足の内野手として指名候補に挙がっていた。
    しかも東都大学リーグで6連覇を達成した時代の、いわば黄金期の中心選手として、単なるドラフト候補どころか上位指名もあるのではないかと注目を集めていた。

     しかし、結果はまさかの“指名漏れ”。そのときの悔しさがトヨタ自動車での2年間を実り多きものにしてくれたと、本人も認めている。

     トヨタ自動車での1年目、藤岡に与えられたポジションはライトだった。なぜなら、ショートには源田がいたからだ。
    だが、そのライトの守備が凄かった。俊敏な動きで難しい打球に追いつき、“超”がつくほどの鉄砲肩で何度も走者の進塁を阻止。これまで何年も外野を守っていたかのような熟練したうまさがあった。

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/01/18(木) 17:40:41.01 ID:tpuGbtgz0
     そして昨シーズン、今度は源田の抜けたショートに回ると、ここでもスーパープレーを連発した。
    鋭い野球勘とめったにエラーをしない精度の高いプレーを持ち味とするのが源田なら、飛んできた難しい打球に追いつく瞬発力とパワフルなスローイングで打者走者をアウトにしてしまうのが藤岡だ。

     実力は申し分なし。なにより、今のロッテには正遊撃手がいないという現状も、“藤岡推し”の大きな理由となる。
    2016年のドラフト1位・平沢大河はなかなかレギュラー獲りの兆しが見えず、フィールディングのいい三木亮が抜擢されることも多かったが、バッティングに課題を残した。ならば、藤岡はどうか。

     守備のうまさは先述したとおりだが、バッティングだってまだ粗削りな部分はあるものの、一発で仕留めてしまう“怖さ”を持っている。

     印象に残っているのが昨年夏の都市対抗、九州三菱自動車との1回戦だ。緊迫した試合は、延長11回を終わり1対1の同点。タイブレークの攻防となった12回裏だった。
    一死満塁で打席に入った藤岡は、初球をひと振りで仕留め、打った瞬間「それ」とわかる特大アーチを放ってみせた。

     京田や源田と同じように、多少のミスには目をつぶり、いいところだけを見るようにして使っていけば、いつの間にかレギュラーとして確かな存在感を発揮している。
    今季の藤岡について、そんな“絵”がはっきりと私の頭の中で浮かんでいる

    【ロッテのドラ2・藤岡裕大に漂う「新人王野手」京田、源田と同じ匂い】の続きを読む

    20180114-OHT1I50213-L




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/01/18(木) 12:19:04.69 ID:dLrEk85lp
    この日はロングティーを行い約40スイング。
    通常のバッターボックスから約8メートルほど後方で打ったため、サク越えこそなかったが、強烈なライナーが何度もフェンスに直撃した。

    大丈夫か?

    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180114-OHT1T50340.html

    【ロッテ安田が8メートル下がってロングティー柵越え0本やけど】の続きを読む

    20180117-00000272-sph-000-2-view




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/01/18(木) 07:58:46.76 ID:xt4IBdHU0
    ロッテの井口資仁監督(43)が17日、昨年12月に「昭和49年会」を発足させていたことを明かした。
    「これからイベントなど同年代でいろいろとやっていこうとなった」と説明。昨オフに都内で食事会を開催し、同世代の14人の元プロ野球選手らが集結。
    幹事の楽天・部坂打撃投手を中心に“発足式”を行い、早くも来年1月に野球教室を開催するなど準備を進めていくことを決めた。

    井口監督が「“大輔(松坂)世代”と言われてるけど、うちらも結構(実績のある選手が)いるんですよ」と話す通り、巨人、ヤンキースなどで日米通算507本塁打を放ち野球殿堂入りした松井秀喜氏、
    日米通算203勝の黒田博樹氏(元広島、ドジャースなど)、日米通算234セーブのロッテ・小林雅英投手コーチ、現役では通算404セーブの中日・岩瀬もいる。

    日米通算2254安打の指揮官自身も含め、元大リーガーや名球会選手ら、そうそうたるメンバーがそろう。

    【ロッテ井口監督「昭和49年会」発足し勢力拡大を目指す 松井、黒田、岩瀬、小林雅…名選手ズラリ】の続きを読む

    20180117-00007984-besttimes-000-1-view



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/01/17(水)22:41:12 ID:TfE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180117-00007984-besttimes-base

     昨日お話した今岡真訪二軍監督招聘以外にも、福岡ソフトバンクホークスから来てもらった鳥越裕介ヘッドコーチ兼内野守備走塁コーチ、清水将海バッテリーコーチ、
    北海道日本ハムファイターズから来てもらった的場直樹戦略兼バッテリーコーチなど、僕が「自分が監督をするなら、この人と」と以前から考えていた人材を集めることができました。

     なかでも鳥越コーチは、長年、ホークスの中心的指導者を務めてきた人物。今岡二軍監督や清水、的場両コーチは千葉ロッテマリーンズでプレーをしたことがありますが、
    鳥越コーチは千葉ロッテとは縁も所縁もありません。普通に考えれば、来てくれる理由が見つからない……。

     ただ、どうしても今のマリーンズを改革するためには鳥越コーチの力が必要でした。今だから言えることですが、絶対に力が必要だと思ったからこそ、その交渉を球団だけに任せず、
    僕自身もホットラインを使って口説き落としました。僕の引退試合が終わってからは、連日のように電話をして、マリーンズのコーチに就任してくれるようにお願いしたわけです。

    【ロッテ井口監督、鳥越コーチに連日電話しまくって口説き落としていた】の続きを読む

    20180117-00102420-nksports-000-5-view




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/01/17(水) 21:39:24.56 ID:IVX+D/RG0
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00102420-nksports-base

     ロッテ平沢大河内野手(20)が17日、「マリーンズ・ベースボールチャレンジ」の一環として千葉・都賀の台小を訪問した。児童にキャップを贈呈したほか、体育の授業でボールの投げ方などを直接指導。終了後は教室で机を並べ、4年生と一緒に給食を食べた。

     子どもたちからの質問コーナーでは、野球を始めたきっかけや好きな女性のタイプ、仲のいい選手は誰かなどの疑問に答えた。

     中には「年金はいくらもらってますか」(年俸を聞きたかったようだ)という珍質問も。これには「年金はまだもらってません。年俸はネットに載ってるから」と笑いが止まらない。「みんな元気いっぱいで、逆に僕が元気をもらいました」と振り返った。

    【ロッテ平沢、小学生に「年金はいくらもらってますか」と質問される】の続きを読む

    このページのトップヘ