まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    images (1)



    1: 風吹けば名無し 2020/01/09(木) 09:30:32.65 ID:flJO8ne8d
    今年もBクラスだったらバッシングヤバそう

    【今年のロッテ井口監督について】の続きを読む

    images



    143: 風吹けば名無し 2020/01/08(水) 02:57:22.29 ID:E2787ECfa
    ロッテもようやく球団に金を出してやるかってなってるときにこけると球団もやっぱ金かけたくないってなるかもしれんで
    今年が勝負なんやぞロッテは

    【サブローもロッテを離れ、井口監督の長期政権はほぼ確定?】の続きを読む

    20200102-00650907-fullcount-000-2-view



    1: 風吹けば名無し 2020/01/02(木) 18:40:42.26 ID:ThEAQ/0n0

    2: 風吹けば名無し 2020/01/02(木) 18:40:59.27 ID:ThEAQ/0n0
    「Full-Count」では新春特別企画として、井口監督に独占インタビューを行い、その胸の内に迫った。今回は全3回シリーズの前編として、2019年シーズンを振り返る。

     ◇ ◇ ◇

    ――監督就任2年目の2019年は、最終的に2ゲーム差でクライマックスシリーズ(CS)を逃す悔しいシーズンになった。

    「なんとかCSに行きたかったですけど、最後の10試合(3勝7敗)でチームの実力が出てしまった。やっぱり今まで、ここ一番で競る争いをしたことのない経験の浅い選手が多いところが出たかなと。これは本当に経験でしかないんで、我々がいろいろな後押しをしてやっていくしかない。ただ、3位争いではあったけど、これを経験できたことが、今年さらに上に行くためのプラスになるんじゃないかと思います」

    ――この悔しい思いが選手にとってステップアップの糧になる。

    「2018年は早めに優勝争い、CS争いから脱落していたし、その前年も同じ。そういう意味で、2019年は若い選手に切り替えながらも、3位争いができて本当にいい経験になったと思います」

    ――2019年はホームランラグーンができるなど球場が大幅改修された。監督も戦術を変える必要があった?

    「レアードをはじめ長打を打てる選手がいたので、前年に比べたら機動力は使えなくなった部分はあります。そこで(鈴木)大地を2番において極力前半は打ちながら繋いで、1番の(荻野)貴司を走らせて、という攻撃になっていた。そういう意味では2018年とはちょっと戦い方は変わったかな。

     でも、ラグーンができたからといって、そこに入るホームランが増えたわけじゃない。しっかり打てば(スタンドに)入るというのを、みんな分かってくれたと思います。去年は158本で、その前年は78本。倍以上か……だいぶ増えましたね(笑)。新加入のレアードが32本だったから、それを引いてもかなり増えましたね」

    【ロッテ井口監督独占インタビューwww】の続きを読む

    20191229-00000098-spnannex-000-2-view



    1: 風吹けば名無し 2019/12/29(日) 09:50:18.34 ID:NYAEViKq0
     今季のロッテを振り返った時、一番印象的だったのは3月29日の開幕戦(対楽天、ZOZOマリン)だった。チームのリーダーとして不動の地位だった鈴木の名前が、スタメンから外れていたのだ。それだけではない。試合でも一度も名前を呼ばれることなく、連続試合出場は532試合で止まった。

     連続試合出場などの個人記録はよほどの不調やケガでない限り、首脳陣が気遣い、代打や代走での出場機会を与える。この時は真意を測りかねたが、後日、井口監督の話を聞いて納得した。

     「大地(鈴木)はこのまま、打率・260そこそこ、ホームラン一桁の選手で終わっていいのか? そんな思いがあったんです」

     長らく一緒にプレーしてきた指揮官は鈴木の能力があれば「打率3割、2桁本塁打」の力はあると考えていた。現在の立ち位置に満足してはいないか?考えた末、危機感を与えることを決めた。

    5: 風吹けば名無し 2019/12/29(日) 09:51:39.90 ID:NYAEViKq0

    【ロッテ井口監督、開幕戦で鈴木大地を外した真相を語る】の続きを読む

    20191215-00000049-dal-000-2-view



    1: 風吹けば名無し 2019/12/15(日) 12:46:12.05 ID:BPDJbIe70
     プロ野球・ロッテの井口資仁監督(45)が15日、千葉・ZOZOマリンスタジアム室内練習場で「親子野球教室」(主催メルセデス・ベンツ日本株式会社)を開いた。

     親子40組80人が参加し、キャッチボール、ベースランニング、ノック、ティー打撃で約2時間汗を流した。井口監督はトークセッションでの質問に
    「(野球が上達するには)よく食べてよく寝る、よく練習してよく勉強する」、「(遠くに飛ばすのは)体全体を使った練習をすること」と答えていた。

     来季のロッテの戦いにも触れて「今年は4位でしたが、来年は優勝する予定です」と宣言。最後はプレゼント抽選会を行い、子供たちと笑顔で記念撮影に収まっていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191215-00000049-dal-base

    【ロッテ井口監督が宣言!「来年は優勝する予定です」】の続きを読む

    201709240000427-nsogp_0



    1: 風吹けば名無し 2019/12/05(木) 16:16:37.34 ID:aEbuZ0380
    辻発彦監督(西武) 評価:A
    主力の移籍があったにも関わらず、2年続けてペナントを制した。これといった補強もなかったのに、である。
    3番に森友哉を据えてから、打線がつながる形を見つけ出して最後まで駆け抜けたのは見事だった。
    投手陣は、今井達也、高橋光成といった将来の主軸になる投手を我慢して起用し続けた。
    投手の台頭も生み出した。今季というよりも、先につながっただろう

    一方、リリーバーの平井克典の登板過多やフレキシブルな起用法という点では課題も残った。来季はその点をどう改善できるか。

    工藤公康監督(ソフトバンク) 評価:A
    適材適所の選手の起用法には工藤監督の戦術眼の高さを感じずにはいられなかった。
    「選手層が厚い」と言われるが、ただ人の多さだけで勝ち切ってきたわけではない。その選手層をどのようにして生かしていくかが、
    工藤監督はその見極めに長けている。試合展開をどう読み、先手を取るのか。機先を制する戦いを常に目指している。

    【パリーグの監督、名将か愚将か査定されてしまう】の続きを読む

    20191126-00000206-spnannex-000-7-view



    1: 風吹けば名無し 2019/11/27(水) 08:28:57.77 ID:GzzskP8oa
    ロッテ・鳥越ヘッド 福田の決断喜ぶ「電話をもらった時“うそだろ?まじか?”と言ってしまったよ」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-00000206-spnannex-base

     ロッテ・鳥越ヘッド兼内野守備走塁コーチ(48)は26日に国内フリーエージェント(FA)権を行使し、ロッテ入りを決めたソフトバンク・福田秀平外野手(31)の決断を喜んだ。

     「半分以上、あきらめていた。来ないだろうと思っていたから、電話をもらった時“うそだろ?まじか?”と言ってしまったよ」

     福田によれば5回以上、電話があり「いまのロッテにはお前が必要」と口説いたというが「最初から無理強いはしていない。あまり言い過ぎたらいかんと思って、ここ数日は知らんぷりしていた」と鳥越ヘッド。
    最後は静かに決断を待った。

     この日「最後(の決め手)は鳥越さんの存在」と福田は一番の理由を語った。

     その福田の言葉を伝え聞いた恩師は「それはうれしい限りだね。さんざん、怒って泣かせたけどハラスメントじゃなかったってことだね(笑い)」とほっとした声で言った。

    【ロッテ鳥越ヘッド、福田に5回以上電話して勧誘「半分以上あきらめていた」】の続きを読む

    このページのトップヘ