まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    iguchi-550x825



    https://nikkan-spa.jp/1447912



    4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/01/24(水) 12:18:05.68 ID:sBNxFQC10
    ――今季のマリーンズの戦力は?

    井口:現状のチームは、決してバカバカ打って勝てるチームではないし、ピッチャーが常に2点台で抑えるチームでもない。そのなかで何ができるかと考えるとやっぱり「足」を使った野球だと思うんです。

    ――なるほど。

    井口:何年も前からこのチームは走れる選手が多いのに、なぜ走らないのかと思っていました。走りたくてウズウズしている選手もたくさんいる。そうであれば自分が現役時代にやってきた、足を絡めた野球はできるなと。足に不調はないのでチーム全体で目標を掲げてやっていきたい。

    ――監督就任の要請を聞いたのは?

    井口:前監督が昨年の8月の中頃に退任を発表されて、(球団から)すぐに声をかけていただきました。正式には8月末頃でしたか。でもその時は自分の引退試合を控えていたので、「そうですか、ありがとうございます」って簡単に返事をしていました。

    8: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/01/24(水) 12:18:57.83 ID:sBNxFQC10
    引退試合に備えた2軍で見た若手選手の「矛盾」


    井口:それから少しして、引退試合に向けて2軍での調整に入りました。ダイエー時代の1、2年目くらいまでは1軍と2軍を入ったり来たりはありましたけど、1か月近くもいたことはなかったんで。そしたら2軍の選手のモチベーションの低さ。「なんじゃこりゃ!」って驚きました。

    ――そこで井口さんはどんな行動をされたのですか?

    井口:いろんな選手に話を聞いてみたんです。そうすると徐々にですが2軍の選手たちの意識が低い理由がわかってきたんです。そのひとつが2軍への落とし方です。選手に2軍降格を伝える時、
    どうやって伝えていたのかと。「(最短の)10日で戻ってこいよ」「期待しているから2軍で頑張れよ」と送り出してあげれば、ひょっとしたら彼らは(再昇格を目指して)2軍でがむしゃらにやるんじゃないかと。でも「お呼びがかからないから、ほどほどに頑張っとこうか」みたいなのが見えていた。なかでも衝撃的だったのは「1軍に上がりたくない」という選手もいて。




    【ロッテ井口新監督、堂々と伊東前監督を批判する】の続きを読む

    20180117-00000272-sph-000-2-view




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/01/18(木) 07:58:46.76 ID:xt4IBdHU0
    ロッテの井口資仁監督(43)が17日、昨年12月に「昭和49年会」を発足させていたことを明かした。
    「これからイベントなど同年代でいろいろとやっていこうとなった」と説明。昨オフに都内で食事会を開催し、同世代の14人の元プロ野球選手らが集結。
    幹事の楽天・部坂打撃投手を中心に“発足式”を行い、早くも来年1月に野球教室を開催するなど準備を進めていくことを決めた。

    井口監督が「“大輔(松坂)世代”と言われてるけど、うちらも結構(実績のある選手が)いるんですよ」と話す通り、巨人、ヤンキースなどで日米通算507本塁打を放ち野球殿堂入りした松井秀喜氏、
    日米通算203勝の黒田博樹氏(元広島、ドジャースなど)、日米通算234セーブのロッテ・小林雅英投手コーチ、現役では通算404セーブの中日・岩瀬もいる。

    日米通算2254安打の指揮官自身も含め、元大リーガーや名球会選手ら、そうそうたるメンバーがそろう。

    【ロッテ井口監督「昭和49年会」発足し勢力拡大を目指す 松井、黒田、岩瀬、小林雅…名選手ズラリ】の続きを読む

    20180116-00007983-besttimes-000-2-view




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/01/16(火)11:45:23 ID:9IZ
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180116-00007983-besttimes-base
    球団との話し合いの中では、チームとしての今後のビジョンについて、球団から「選手の育成ももっとしっかりやっていきたい」という意見ももらいました。
    僕自身もその必要性を痛感していたので、「ぜひ、取り組ませてください」と応じたわけですが、そこで僕の出した第一の条件というか希望が、今季から二軍監督を務めてもらう今岡真訪(いまおか・まこと)の招聘です。

    同い年であり、ともに大学生としてアトランタ五輪に出場した仲でもある彼は、僕が野球界で最も信頼を置く人物。自分が監督になるのだったら、絶対に欲しい人材なのだと、球団に伝えました。

    【ロッテ井口資仁「監督引き受けてもいいけど、どうしても今岡を二軍監督に欲しいなあ」】の続きを読む

    DNgeHcvUIAI-pV1

    https://twitter.com/Chiba_Lotte/status/925522889687699457




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/01/11(木) 21:01:24.16 ID:6vYk5mpkM
    1991~1993 名門報徳学園に入学。これといった話題は無い。

    1994~1997 日本大学に進学。これといった話題は無い。地味だ……。

    1998~1999 落合、初芝、戸部とロッテにゆかりがある東芝府中に入社。都市対抗でさっそく満塁弾を打たれる。

    【ロッテ投手コーチ就任記念に、清水直行の野球人生を紹介する 】の続きを読む

    20180111-00007947-besttimes-000-2-view




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/01/12(金)21:49:36 ID:dO2
    >試合後に出す監督のコメントにも同じような傾向があります。
    >日本の場合は、敗因について選手個人の名前が挙がることがある。
    >それが、メディアを通した監督のメッセージだという考え方もあるそうですが、
    >僕はあまり賛成できません。

    >次の日のスポーツ紙に自分の名前が戦犯として掲載されているのを見たら、
    >選手は気分を悪くします。今だったらインターネットがあるから、
    >帰宅するころには、もうそういう記事が上がっている。たとえ、
    >その選手のミスが原因で負けたとしても、それはその選手自身が一番身に染みていることなんです。

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/01/12(金)21:49:50 ID:dO2
    >北海道日本ハムファイターズの栗山英樹監督は、負け試合の後、必ずと言っていいほど、
    >「監督の自分の責任」とコメントしています。
    >選手のミスで負けた試合まで「自分が悪い」と言うつもりはないですが、
    >決して選手に責任を押し付けない姿勢は見習いたいです。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180111-00007947-besttimes-base&p=2

    【ロッテ井口、暗に伊東前監督の事を手厳しく批判する】の続きを読む

    20180111-00000083-spnannex-000-1-view




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/01/11(木) 16:31:32.09 ID:gns7/TTj0
     ロッテが2月の沖縄・石垣島で行う春季キャンプに元横浜ヘッドコーチの島田誠氏(63)を臨時走塁コーチとして、招へいすることが10日、分かった。

     島田氏は97年から06年まで10年間、ダイエー、ソフトバンクで1、2軍の外野守備走塁コーチを務めた。
    96年にドラフト1位で入団しながら4年間で34盗塁と伸び悩んでいた現役時代の井口監督をマンツーマン指導し、01年に44盗塁で初タイトルへ導いた。03年も2度目の盗塁王へ導くなど走塁の「恩師」と言える存在。キャンプ初日から10日間程度、指導の予定だ。

    【ロッテ春季キャンプ臨時コーチに、井口を2度盗塁王に導いた島田誠氏を招聘】の続きを読む

    show_img




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/01/09(火) 13:06:00.07 ID:4aVLNwBWE
    高校通算69発の肩書きに、周囲が大きな期待を寄せるのも無理はない。
    だが、まだ選手としても人間としても成長過程にある20歳そこそこの若者だ。
    1軍では思うような結果が出ず、次第に大きくなる批判と失望の声に、心は少しずつささくれ立っていた。
    3年目を迎えた2012年は、1軍で主に三塁手として出場し、初めて規定打席に達したが打率は.218。
    このまま期待外れの高校スターとして消えていくのか、踏みとどまって花を咲かせるのか。
    そんな瀬戸際に立って迎えた2013年、筒香を変える1つの出会いがあった。
    同年から2軍打撃コーチに就任した大村巌コーチ(現ロッテ2軍打撃コーチ)との出会いだ。
    筒香は今でも「大村さんとの出会いが僕を変えた。あの出会いは大きかったです」と迷いなく言い切る。

    【筒香を覚醒させた現ロッテ大村コーチとの出会い「伝説の2週間」】の続きを読む

    このページのトップヘ