まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    カテゴリ:【○○くくり】

    kkkkk



    1: 名無しさん 2024/07/18(木) 13:13:51.11 ID:uQ947s3X0
    実業家の堀江貴文さんは宇宙ロケット開発やラジオ局など、さまざまな分野で事業を手がけている。そのうちの一つがプロ野球チームの経営だ。ライブドア社長として日本プロ野球機構への参入を断念してから20年、なぜ野球にこだわり続けるのか。ノンフィクション作家の野地秩嘉さんが聞いた――。

    ――北九州フェニックスは意外といっては失礼ですが、思ったよりも、お客さん、入ってますね。

    【堀江】毎回、満席とまではいかないけれど、けっこう入ってます。

    ――オリックス・バファローズの元オーナー、宮内義彦さんが『諦めないオーナー プロ野球改革挑戦記』(日経BP)を出しました。そこでは球団をこれ以上増やすことに「反対です」と明言しています。12球団でいいと。

    そんなこと書いてるんですか。

    ――はい、増やさなくていい、って。でも、増やしたほうがプロ球団はどこも儲(もう)かるんじゃないでしょうか?

    それは球団を増やしたほうが儲かります。ただ、既存のオーナーが絶対に嫌だって言うんですよ。宮内さんだけでなく、どの球団オーナーも嫌だろうから、僕はNPBが変わることはまったく期待してない。

    ――それはどうしてでしょう?

    彼らは自分たちと同じ考え方の人は入れる。でも、そうじゃない人は入れないスタンスになっている。はっきり言えば自己中心的で全体を見ていない。僕はずいぶん前からこのことを言ってきたけれど、ずっと黙殺されてきました。だから、自分で独立リーグの球団を作ったわけです。それが北九州下関フェニックス。

    【ホリエモン、NPBに物申す「NPBが12球団制を死守する本当の理由」】の続きを読む


    no title


    1: それでも動く名無し 2024/07/10(水) 01:58:58.56 ID:gq7VHZPO0
    謎だよな

    【佐々木朗希の160キロより江川の145キロの方が速く見える現象】の続きを読む

    1: それでも動く名無し 2024/07/06(土) 13:48:05.27 ID:12Z9HVCKd
    no title


    はよセにDHとピッチクロック入れろ
    投手有利すぎる

    【NPB平均球速、たった12年で140.4→146.9km/hに上がっていた】の続きを読む


    e3d66_50_00b95344_4c9d18af
    1: それでも動く名無し 2024/06/25(火) 02:07:19.03 ID:4YWJHZot0
    少なくともボールは変わってないはず

    【昨今の異様な投高打低、理由がわからない…】の続きを読む

    ypakzBY



    1: 名無し 24/06/11(火) 12:31:38 ID:e3JO
    1 遊 牧田召喚の儀
    2 中 関根アウトカウント
    3 二 塁審よそ見
    4 三 久古のアレ
    5 左 そうきたか~
    6 一 微動だにしないツライ
    7 右 消えた梶谷
    8 捕 ふんわりグラブ置き
    9 投 山井のアレ

    【プロ野球の面白gif画像で打線組んだwww】の続きを読む

    o0981102414386831894



    1: 名無し 24/06/03(月) 19:23:31 ID:w9Qx
    1 :名無し:14/09/07(日) 04:26:15 ID:3mopWxt9i主
    1 中 駿太トリプルスリー達成
    2 二 マー引退(33歳)
    3 遊 鳥谷聖域化三
    4 一 北海道伊藤ハムファイターズ
    5 三 国吉サイヤング賞
    6 左 巨人の秘宝プホルス
    7 右 福留孝介(47)
    8 捕 カージナルス森友哉
    9 投 大谷より速い球投げる高校生出現

    マーだけガチであり得る可能性濃厚で草も生えない

    【2014年の10年後予想スレを調べてみた結果www】の続きを読む

    SH_1BJBH43600_XL



    5: 名無し 2024/06/15(土) 18:28:56.89 ID:104uZdyGp
    ちなこれ


     バットの芯で捉えた“いい角度”の打球が空中で失速し、フェンス手前で外野手のグラブに収まる――熱心なプロ野球ファンなら、今季どこかでそんなシーンを目撃した記憶があるのではないだろうか。

    異例の事態「ホームランが消えている」
     6月14日の試合を終えた時点で、セ・リーグの平均打率は.235、1球団あたりの1試合平均得点は3.02。同パ・リーグの平均打率は.240、平均得点は3.22と、近年まれに見る“投高打低”だった昨季をも下回る超低水準となっている。打率3割を超える打者はヤクルトのサンタナ(.319)、ソフトバンクの近藤健介(.341)、日本ハムの田宮裕涼(.335)と、セ・パを合わせて3名しかいない。

     さらに深刻なのが「野球の華」とされるホームランの減少だ。過去半世紀の記録を遡ると、規定の反発係数(※打球の飛距離を左右するボールの跳ね返りやすさ)を満たしていない“違反球”が使用された2011年(939本/1球団1試合平均0.54本)、2012年(881本/1球団1試合平均0.51本)を除き、両リーグ合算のシーズン総本塁打数は常に1000本を超えていた。だが、今季はここまで約840本ペース(1球団1試合平均0.489本)にとどまっている。

     ホームランやヒットが出にくい状況は、出塁率と長打率を足した指標であるOPSにも端的に表れている。平均OPSはセが.627、パが.636。いずれも“違反球時代”の2011年、2012年以下の数値だ。
    【NPB&ミズノが大ピンチ…Yahooニュースのトップに飛ばないボール疑惑記事が来てしまう】の続きを読む

    このページのトップヘ