まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    20200414-24140455-nksports-000-6-view



    1: 風吹けば名無し 2020/04/14(火) 23:33:45.50 ID:ddQNlbz59
    <寺尾で候>

    日刊スポーツの名物編集委員、寺尾博和が幅広く語るコラム「寺尾で候」を随時お届けします。

    【写真】王会長は16球団に拡張希望「4チーム誕生して」

       ◇   ◇   ◇

    ソフトバンク王貞治球団会長の「プロ野球16球団構想」がいまだ波紋を呼んでいる。スポーツ、政財各界に影響力をもつ“世界の王”だけに「球団をもちたい企業はあるんですよ」という発言に根拠がないわけはないとみている。

    実際、6年前のソチ五輪が開催された14年には、自民党で現総務大臣・高市早苗氏を本部長とした日本経済再生本部が「プロ野球16球団構想」を披露。地方再生の起爆剤にしたいと話題になった。

    最近は18年にファッション通販「ZOZOTOWN」の当時社長だった前澤友作氏が新規参入に強い意向を示した。実際、複数オーナー、関係者と面会し、具体的な交渉に至ったが、最終的に12月に断念することを明らかにした。

    前澤氏と球団保有について話し合いを続けていた関係者と接触した。「最後まで千葉にこだわった」。前澤氏は出身地の千葉県をフランチャイズにした球団経営に固執したという。その夢がかなわないと判断した時点で決着がついた。

    一方、エクスパンション(球団拡張)の動きに異論を唱えるのは、オリックス宮内義彦オーナーだった。1988年(昭63)に阪急ブレーブス買収で球団を保有。04年は近鉄との球団合併を成立させて、「1リーグ制」導入を主導した1人だ。

    日本経済界をリードした企業経営者。現在オリックス・シニア・チェアマンの宮内オーナーに16球団構想について問うたのは、すでにキャンプインしたずっと後のことだった。少し考え込んだ末に「難しいだろうね」と私見を述べた。

    わたしは現状維持が望ましいと思っています。これから球団数を拡大していくことはチーム力の低下につながっていく。そこは避けたい。むしろ今の12球団を底上げしていって、メジャーリーグに対抗していくべきでしょうね」

    宮内オーナーは「それよりも日本にマイナーリーグを作ることです」と続けた。18年日刊スポーツのインタビューの際も強調したが「1軍の補助機関でなく、地方にマイナーリーグを展開しながら野球界を発展させていくべきです」と主張する。

    新型コロナウイルス感染で、東京五輪の1年延期をはじめ、プロ野球開幕も大幅にずれ込んだ。これが長い歴史上の転換点であるとすれば、これから何が起きても不思議ではない。

    4/14(火) 17:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200414-24140455-nksports-base

    【王貞治の16球団構想にオリ宮内オーナーが待った「チーム力の低下につながっていく」】の続きを読む

    20200410-00000024-dal-000-5-view




    1: 風吹けば名無し 2020/04/10(金) 10:36:42.52 ID:Lg8J6+4I0
     湊社長は16球団制だけではなく、現状の12球団を米大リーグのメジャーのようにトップリーグと位置づけ、ここに24球団のマイナーリーグを傘下に置くという案を提示した。

    【オリックス湊球団社長、36球団構想を提案】の続きを読む

    20200218-00010000-chibach-000-1-view




    1: 風吹けば名無し 2020/03/31(火) 18:57:49.04 ID:tX6EYFsa0
    4月24日を目標としているプロ野球の開幕が、再々延期する可能性が3月31日、高まった。

     この日、福岡ソフトバンクの後藤芳光球団社長(56)をはじめパ6球団の社長が急きょオンライン会議を実施。
    新型コロナウイルスの感染拡大状況や、活動休止などが相次ぐ各球団の状況を鑑み「4・24開幕」では難しいとの意見で一致した。

     4月3日に都内で予定されている12球団代表者会議で最終決定される見込みだが、これまで2度延期された今季の開幕日はまたしても先延ばしが必至の状況となった。

    2: 風吹けば名無し 2020/03/31(火) 18:58:00.23 ID:tX6EYFsa0
    プロ野球、パは4・24開幕「困難」で一致 6球団社長で緊急オンライン会議
    3/31(火) 18:46配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200331-00010007-nishispo-base

    【パリーグ6球団社長、オンライン会議で4月24日の開幕は困難と認識一致】の続きを読む

    20200122-01220528-nksports-000-6-view




    1: 風吹けば名無し 2020/01/22(水) 22:02:20.90 ID:GB0PwlFj0

    3: 風吹けば名無し 2020/01/22(水) 22:02:56.26 ID:GB0PwlFj0
    ロッテが22日、都内でコーチ会議を行っている。

    会議冒頭では、河合克美オーナー代行兼球団社長(67)があいさつ。19日に老衰で死去した重光武雄オーナー(享年98)に黙とうをささげた。


    河合オーナー代行は、重光オーナーと球団の歴史を振り返った後に「重光オーナーがここまでずっと支援してきたロッテ球団です。何が何でも優勝しなければいけない。今年優勝しないでいつ優勝するんだ、という年です。その気概を持って、選手たちにも自分ごととして自覚させてください。最後の最後まで絶対にあきらめず、優勝を勝ち取りましょう」と、出席した30人以上のスタッフを鼓舞していた。

    【ロッテ河合オーナー代行「今年優勝しないでいつ優勝するんだ」亡き重光さんと球団の歴史を振り返る】の続きを読む

    スクリーンショット 2020-01-11 19.41.45

    1: 風吹けば名無し 2020/01/11(土) 17:32:33.86 ID:JNZ8iVpB0
    ソフトバンクの王貞治球団会長(79)がプロ野球のエクスパンション(球団拡張)について注目発言した。11日に放送されたTNCテレビ西日本の報道番組「CUBE」内でインタビューに応じ「野球界のためにはできるものなら16、あと四つ球団が誕生してほしい」と言及した。

    【王貞治氏、16球団構想に賛成「チームは多い方がいい」】の続きを読む

    https___imgix-proxy.n8s.jp_DSXMZO5415565008012020000001-PB1-3



    1: 風吹けば名無し 2020/01/09(木) 16:20:47.79 ID:FwWZPr/N0
    ――美馬学(前楽天)、福田秀平(前ソフトバンク)のFA選手2人を口説き落とせたわけは。

    「FA宣言するような選手には当然、いろんなチームからオファーがくるが、そのチームに行って自分が活躍できるか、出場機会をちゃんと持てるか、ということが意識にあると思う。
    ロッテとしてはそこを狙ったわけではないけれど、その選手をなぜほしいのか、とはっきり示すことで『そうか、確かにおれが行ったら、このチームは強くなるよな』
    『じゃあ、一丁活躍してやろうか』と、思ってくれたとしたら、うれしい。FA選手は自分の能力を最大限に発揮できるところを(第一に)選択しようと考えているように思う」

    ――昨季、前日本ハムのレアードを獲得したのはよかったが、外国人補強に課題を残した。

    「そこは(むしろ)うまくいったのではないかと考えている。(大砲候補の)バルガスがなかなか日本の野球にマッチしないとなったとき、マーティンをすぐに獲得できた。
    日本の野球と海外の野球は違うので、レアードのような日本で実績のある選手とは違い、初めて来日する選手は合う、合わないの問題が出てくる。
    最初の2、3カ月でそれは割合はっきりするので、外国人補強では『次の一手』を常に用意しておくことが重要になる」

    【ロッテ河合オーナー代行兼新社長さん、有能っぽい】の続きを読む

    no title



    1: 風吹けば名無し 2020/01/06(月) 16:06:22.15 ID:8YZU7g8i0
     ロッテは6日、仕事始めとなり、ZOZOマリンスタジアム内で河合克美オーナー代行兼社長(67)が社員に向けて訓示を行った。

     「幸いにもチームは補強もうまくいって、本気で優勝を狙いにいく。準備はできてきた。やっぱり強いチームあってこその球団運営。チームにも頑張ってもらって、それを全力でバックアップしてビジネスにつなげていって、圧倒的な飛躍を目指していきたい」

     昨季は初の黒字化に成功した2018年を超える業績を達成。「新しいことにチャレンジして、マリーンズ流の成功方程式をつくっていってほしい」とさらなる上昇を期待した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00000531-sanspo-base

    【ロッテ河合球団社長「本気で優勝を狙いにいく」】の続きを読む

    このページのトップヘ