まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    AS20170714005443_comm



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/17(月)12:30:31 ID:NA6
     先日14日に日本プロ野球選手会が名古屋市内で臨時大会を開き、契約更改前に、全球団側に事前の提示金額を書面通知するよう求め、拒否された場合は全球団全選手が初回の交渉を保留するなどの対応策を取ることを決めた。

     選手会側の気持ちはわからなくもない。最初に金額を提示してもらったほうが金銭闘争の“作戦”が立てやすい。チームメートや他球団選手とも情報交換できる。また事前に納得いく金額なら1発サインでき、クリーンなイメージも付くかも知れない。

     しかし、球団側にメリットはないと思われ、選手会の要求が通ることは厳しいだろう。ビジネスでは、通常、相手にもメリット、自分にもメリットがあるよう、ウィンウィンの関係を考えて歩み寄ろうとするのだが、選手会側しかメリットがないからだ。

     今回のケースは、選手会側が目指す方向が間違っているような気がしてならない。若手らに考える時間がないというものの、若手にはあまり関係ないのではないかと思う。

    事前提示という前に選手会で交渉術の勉強会を開催するほうが、より現実的ではないか。現役引退後は、自分で交渉していかねばならないため、選手はもっと自立したほうがいいと思う。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170717-01856517-nksports-base

    【里崎「選手会側が目指す方向が間違っているような気がしてならない。」】の続きを読む

    61cf017dfc59e58b7e2486ee43bc5e98-2





    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/12(水) 14:56:58.84 ID:RMbJllMM0
    講談社presentsコミパラwith里崎智也
    http://www.yoppy.tokyo/category/special/comipara


    今一番、業界限定でウケている少女漫画『私がモテてどうすんだ』
    http://www.yoppy.tokyo/articles/8317

    吉田:“腐女子”って言って分かります?
    吉田:アニメとかゲームとか漫画がメチャクチャ好きな女性たちっていうのが……

    里崎:あー!…っていうのが、“腐女子”って言われるんですか?
    吉田:その中でも、もう一つ重要なポイントがあって……。これ、僕ね、説明しきれるか本当に自信がないんですよ!
    そういう女性たちの中で、一番メジャーな楽しみが、アニメとか漫画とかに出てくる男性のキャラクター同士が恋愛しているのを妄想するのが楽しい人っていうのは、メチャクチャな数いるんですよ!
    里崎:え? 男性同士が恋愛する? 
    ほぁ~?(困惑)

    “腐女子”という存在に困惑しつつも、最終的には、「孫悟空とベジータが付き合ってますって感じですよね!」
    「今のプロ野球で言えば、大谷翔平と栗山監督が付き合ってるみたいな!」と深すぎる懐で理解してくれた里崎さん。

    吉田:(“腐女子”の方たちが)見目麗しい人もいれば、どちらかというとルックスにあまり気を使わないタイプの方もいる。「私がモテてどうすんだ」(の主人公・芹沼花依は、)その妄想が大好きなオタクの少女ですよ。
    ぶっちゃけ、もう本当にデブで眼鏡で……みたいな子が、自分の好きなキャラクターが作品の中で死んでしまったのがショック過ぎて、一週間、ご飯が食べられなかった。

    里崎:それって、でも、空想の世界の人が死んだってことですよね?
    吉田:そうです、そうです。それくらいのショックを受ける人はいます!
    何を隠そう「私がモテてどうすんだ」の主人公・芹沼花依は“腐女子”である。作中でも「王子様の隣には王子様!それでいいじゃない!それがいいじゃない!!」とその“腐女子”っぷりを表す名言を残している。
    吉田:架空のキャラクターが死んじゃって、主人公の芹沼花依ちゃん、すごいデブで眼鏡だった人が、一週間、飯も食えなくなって、出てきたら、“超絶美少女”になっていたんです!

    里崎:痩せて? 吉田:痩せて!
    里崎:あははははは(笑)
    吉田:……というところから始まるコメディ!
    里崎:斬新~!
    ==========================
    里崎さんも「ちょっと読んでみます!新世界を覗いてみます!」とすっかり読みたくなってしまった「私がモテてどうすんだ」(著:ぢゅん子)。 恋愛コメディを楽しんでいるうちに、“腐女子”の人たちの生態と考え方が身についてしまう一冊となっている。

    【里崎智也、“腐女子”に困惑 「ほぁ~?」】の続きを読む

    このページのトップヘ