まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    タグ:オリックス

    20181117-00000063-spnannex-000-11-view



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/11/17(土) 11:55:14.43 ID:9zRxwvsG0
    FAにてを出すよりよくない?

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00000063-spnannex-base
    オリックス・金子千尋投手(35)が、球団から4億円のダウン提示を受けていることが16日、分かった。年俸1億円で、今季の5億円から、野球協約で定められた減額制限(1億円超の選手は40%)を大幅に超える80%減。
    プロ野球史上最大減額は、15年オフの巨人・杉内の4億5000万円で、金子が受け入れた場合はこれに次ぐ大減俸となる。

    【沢村賞投手・金子千尋が一億+α出せば獲得できるかもしれないという事実】の続きを読む

    no title



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/10/05(金) 04:26:28.75 ID:v6OZMLtQ0
    オリックスの来季監督に、西村徳文ヘッドコーチ(58)が就任することが4日、分かった。

    https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20181005-OHT1T50001.html

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/10/05(金) 04:27:07.18 ID:v6OZMLtQ0
    15年6月の代行就任から4年弱指揮を執った福良淳一監督(58)は、続投要請を断って辞任。
    球団は、2010年に監督としてロッテを3位から日本一に導いた西村ヘッドの経験と実績、さらにオリックスで3年間参謀を務めた手腕を評価し、4年連続Bクラスの低迷からの脱却を託す。シーズン終了後にも正式発表され、西村オリックスが誕生する。

    3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/10/05(金) 04:27:49.64 ID:v6OZMLtQ0
    球団は以前から、その統率力と手腕を評価。首脳陣間や選手への橋渡し役として円滑な関係を築くことにたけ、シーズン中に打撃面でアドバイスを続けたドラフト3位の福田がレギュラーに定着するなど、的確な指導力も備える。球団が求める監督像にも合致していることから、来季の監督を託す方向で決定した。

    【オリックス西村徳文新監督、近日中誕生へ!2010年ロッテで「史上最大の下克上」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 18:34:01.21 ID:CNTFN+n30NIKU
    https://full-count.jp/baseball/top/main.html

    ロッテ 1-7 オリックス
    試合終了
    ZOZOマリン
    敗 石川
    勝 山岡
    阪神の藤浪晋太郎投手が29日、ナゴヤドームでの中日戦で9回5安打7奪三振2四球無失点の快投で、2年ぶり完封勝利を挙げた。
    2016年6月2日の敵地での楽天戦以来849日ぶり、自身6度目の完封劇で今季5勝目。4-0でチーム4連敗を阻止した。→【詳細記事】
    WS010876

    【藤浪、ロッテ対オリックス戦で完封勝利】の続きを読む

    bandicam 2018-09-29 17-59-54-295





    672: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018-09-29 17:53:30
    あっさり終わったー
    WS000002

    WS000003


    WS000004


    WS000005


    WS000006


    WS000007


    WS000008


    WS000009


    http://www.marines.co.jp/gamelive/result/2018092901/

    【9月29日 ロッテ1-7オリックス 先発石川が6回6失点、打線も井上の一発のみで援護できず本拠地10連敗…】の続きを読む

    img_f5e19dac3b0d483d6d164179cafd54af154540



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/09/26(水) 06:31:48.91 ID:RDu3lh4j0
    福良の後を継ぐ模様

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00000326-sph-base

     オリックスの福良淳一監督(58)が25日、成績不振の責任を取って今季限りで辞任することを表明した。ソフトバンク戦(京セラD)前に取材に応じ「結果の世界ですから」と話した。球団は9月初旬に続投を要請したが固辞され、逆に辞任の申し入れがあり、了承した。しかし、吉田正、山本ら若手を成長させた育成の手腕などを評価。福良監督に、アドバイザー的な立場でのフロント入りを打診している。

     後任監督については、田口壮2軍監督(49)、西村徳文ヘッドコーチ(58)の昇格や、外部からの招聘(しょうへい)も視野に入れて人選を進めていく。

    【オリックス福良監督辞任で後任に西村ヘッドコーチが浮上】の続きを読む

    このページのトップヘ