まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    タグ:キューバ

    20180105_lotte_hy-560x373




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/04/04(水)04:34:31 ID:pey
    https://full-count.jp/2018/01/05/post100928/

    記事にキューバ人選手育成で2人採用、3月末には来日って書いてあったのにもう4月やぞ

    【ロッテのキューバ人を育成選手で取る話どうなったの?】の続きを読む

    20180302-00000075-sph-000-1-view




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/03/02(金) 15:47:14.99 ID:w6QvgdW40
    中日「ええのおるやん。契約したろ」

    中日 キューバ代表候補の21歳大型捕手と育成契約
    中日は2日、キューバ出身のアリエル・マルティネス捕手(21=マサンタス)を育成契約で獲得すると発表した。右投げ右打ち、身長190センチ、95キロ。背番号210。
    若くしてチームで主軸も打つ打力と強肩が魅力。昨年のWBC代表候補に入るなど、キューバの次世代の主力に期待される有望捕手だ。
    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201803020000373.html

    【ロッテ林本部長「ええのおらんから16歳の投手をキューバから取るやで。開幕前に合流や」中日「ほーん」】の続きを読む

    20180130-00104638-fullcount-000-1-view



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/01/30(火) 08:27:02.28 ID:ulGdr3WU0
     ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手(31)が28日、母国キューバリーグのグランマで、2年連続優勝を達成した。
    グランマはキューバリーグの優勝決定シリーズで、ラストゥナスと第7戦を戦い、3-2で勝利。デスパイネは「4番左翼」で出場し3打数1安打、中日ライデル・マルティネス投手(21)がセーブを挙げた。

     デスパイネはこれで、同一シーズンでソフトバンクの日本一と母国の優勝に貢献。
    キューバ国内メディアに「日本のシーズンが終わった後、休暇を取り、練習をする間もなくプレーオフに出場した。そのせいで本塁打は打てなかったが、最後にチームが勝つことが大事」と話した。

     グランマはキューバ代表として2月2~8日にメキシコで開催されるカリビアンシリーズに出場する。
    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201801290000606.html

     
     デスパイネは、キューバリーグのグランマに所属。28日(同29日)に行われたラストゥナスとの優勝決定シリーズ第7戦に勝利し、V2を飾った。デスパイネは、この試合に「4番・左翼」で先発し、3打数1安打。昨季ロッテに所属したロエル・サントス外野手は「1番・中堅」で先発し、5打数1安打。最後は中日の育成、ライデル・マルティネス投手が試合を締めくくった。

     デスパイネはサントスとともに笑顔で優勝トロフィーを掲げる写真を公開し、「グランマ・カンペオン(チャンピオン)2年連続王者」と書き綴り、優勝を喜んだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180130-00104638-fullcount-base
    【デスパイネ、サントスと共にキューバリーグ2年連続優勝!カリビアンシリーズ出場へ】の続きを読む

    Yurisbel20Gracial20-20WBC-thumbnail2




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/12/30(土) 09:49:36.05 ID:YRgnP2+b0
    ロッテ・林信平球団本部長は26日、キューバから育成選手を獲得する意向を明らかにした。
    林本部長は20日にキューバ入りし、24日に帰国。
    滞在中に野手5人、投手5人の計10人によるトライアウトを行っており、「将来性のある若い選手を育成レベルで預かりたい」と話した。
     キューバ・スポーツ省が仲介して、参加選手は16歳から23歳までだった。
    実戦形式でトライアウトを行い、「140キロ台後半のボールを投げる投手もいた」そうで、キューバ代表選手も参加した。
    年明けには社内でビデオによるデータ分析や検討を進める。
    https://www.daily.co.jp/baseball/2017/12/26/0010850199.shtml

    ソフトバンクが新外国人として、キューバ代表のユリスベル・グラシアル内野手(32)の獲得に乗り出していることが29日、分かった。
    右打ちの強打者のグラシアルは今年のWBCで、元巨人・セペダ、ソフトバンクのデスパイネらとキューバ打線の中軸を担った。
    実力を見せつけたのが3月14日の2次ラウンド、日本戦(東京D)。
    日本球界を代表する右腕、巨人・菅野のスライダーを見事に捉え、左翼席に2ランを運んだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171230-00000029-sph-base

    【ロッテ「キューバにお願いして育成枠で2人獲得する」SB「代表のグラシアル貰ったわ」】の続きを読む

    20170222_2_1-1



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/12/26(火) 18:11:46.47 ID:GQ6CBBcR0
    ロッテ林信平球団本部長(57)が26日、外国人選手の補強状況について説明した。

     メジャー通算42本塁打のレッドソックス傘下3Aのドミンゲスと契約合意したと、米国で報じられた。それについて「まだ、そういうことではない」とした。
    ドミンゲスが獲得候補かについては、肯定も、否定もしなかった。いずれにせよ「年内に外国人選手の補強は終わりにしたかったが、年内は厳しい。
    お話できる状況ではないです。外国人選手を追っかけているのは事実。年が明け、また報告させていただきたい」と、引き続き補強を続ける方針を示した。

     また、林本部長は20日に日本を出発し、キューバでトライアウトを実施。16~23歳の選手10人(投手5人、野手5人)が受けた。現在、データなどを分析し、最大2人の獲得を検討している。

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/12/26(火) 18:12:30.88 ID:GQ6CBBcR0
    「将来性のある、若い選手を育成レベルでお預かりできないか、という話をキューバ政府と何年も前からしていた。
    今回の選手は、1軍の4人枠ですぐに、というわけではなく、来年、再来年と、もっと先を目指して、将来、活躍できる選手を育てていければと思っている」と狙いを明かした。

    トライアウトを受けた10人には、キューバ代表の経験者も含まれているという。ただし、兄ヨエニスがメッツでプレーしているヨエルキス・セスペデス外野手(20)は、テストを受けなかった。

    キューバ政府との交渉が順調に進めば、来春2月1日のキャンプインに合わせたチーム合流を見込んでいる。

    3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/12/26(火) 18:12:47.31 ID:GQ6CBBcR0

    【ロッテ、キューバ代表経験者ら若手2選手獲得を検討 】の続きを読む

    このページのトップヘ