まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    タグ:スタンリッジ

    CkqAy4hVAAAxInU



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/03/01(水) 15:57:24.19 ID:ybFoCmv9H
     外国人選手の待遇は、ロッテでも契約に基づき万全を期す。子供の教育に関してもしかりで、千葉市内のインターナショナルスクールなどへ、スムーズに入学できるような態勢は常に整えている。
     しかし、インターナショナルスクールはいまの時代、一般の日本の家庭でも大人気で、定員オーバーの状況。これを聞いたスタンリッジは、ロッテ移籍1年目の昨季、長男の入学を辞退した。
     「球団の配慮には感謝するが、ほかに待っている人がいるのなら、割り込ませるような形で自分の息子をスクールに入れることは望まない」

    http://www.sanspo.com/baseball/news/20170301/mar17030111300001-n2.html

    【ロッテ・スタンリッジ、来日遅れた理由がぐう聖エピソード】の続きを読む

    IP160808TAN000016000



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/26(日)21:10:45 ID:hYY
    8 大島洋平 1男2女
    9 岡田幸文 3女
    6 鳥谷敬 3男1女
    7 狩野恵輔 3男2女
    D 中村剛也 3男
    3 阿部慎之助 1男2女
    5 村田修一 3男
    4 ルイス・クルーズ 3男
    2 鶴岡慎也 2男1女

    Pマルコス・マテオ 3男2女

    記録はすべて2月1日現在。

    【子だくさんの現役プロ野球選手で打線組んだw】の続きを読む

    no title




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/09(木) 17:46:25.93 ID:8lB2O2U9p
    表 涌井、唐川、西野
    裏 石川、スタン、佐々木

    ここに去年7勝の二木、5勝の関谷、ドラ2で評価の高い酒居が控えてる

    【ロッテの開幕ローテ強力すぎて草】の続きを読む

    CuAP_8YUMAIql0x



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 14:18:24.48 ID:252ury040
    ロッテは5日、ジェイソン・スタンリッジ投手(38)との契約を更新したと発表した。

     1年契約で、推定年俸は現状維持の1億4400万円。

     球団を通じ「ワオ、ベリー、エキサイティング。マリーンズ球団、そしてチームメートと2017年も一緒に戦えることにとても興奮をしています。
    非常に感謝をしています。千葉は私と家族を本当に楽しませて頂いている場所です。
    自分のベストを尽くし、千葉に優勝をプレゼント出来るように頑張ります。今年もサポートと応援の程、よろしくお願いします。GO GO MARINES!」とコメントした。

    http://www.nikkansports.com/baseball/news/1761125.html

    【ロッテ、スタンリッジ(38)と1年1.4億円で契約更新!】の続きを読む

    12940842_1736328543245901_180281126_n






    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/28(水) 07:24:37.60 ID:jPsG+rxe0
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161227-00000386-sph-base
     ロッテのジェイソン・スタンリッジ投手(38)が来季も残留することが27日、決定的となった。林球団本部長が「今は(契約内容の)細かいところを詰めているところ。正式発表は年明けになるが、2~3日のうちに決まると思う」と明かした。
    スタンリッジはソフトバンクから移籍1年目の今季は先発で8勝8敗、防御率3・56をマーク。球団側は、日本球界通算9年で71勝を挙げている実績を高く評価し、保留選手名簿に掲載して残留交渉を継続していた。

    【ロッテ・スタンリッジ残留決定!正式発表は年明け】の続きを読む

    P2012082602088_burazeru-ns-big





    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 13:11:38.15 ID:NtxpdRtrM
    他にもおったっけ?

    【今岡 ブラゼル スタンリッジ ゴメス  阪神からロッテに行く助っ人外国人多くね?】の続きを読む

    このページのトップヘ