まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    タグ:ベストナイン

    スクリーンショット 2018-11-08 10.35.48

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/11/06(火) 22:20:16.67 ID:giI7MEbL0
    一塁手 岡本和真(巨人)初
    二塁手 山田哲人(ヤクルト)4度目
    三塁手 宮崎敏郎(DeNA)2度目
    遊撃手 坂本勇人(巨人)4度目
    外野手 丸佳浩(広島)4度目
    外野手 筒香嘉智(DeNA)4度目
    外野手 鈴木誠也(広島)3度目
    捕手 曾澤翼(広島)2度目
    投手 菅野智之(巨人)3度目

    3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/11/06(火) 22:20:30.69 ID:giI7MEbL0

    4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/11/06(火) 22:21:10.77 ID:giI7MEbL0
    一塁手 山川穂高(西武)初
    二塁手 浅村栄斗(西武)4度目
    三塁手 松田宣浩(ソフトバンク)初
    遊撃手 源田壮亮(西武)初
    外野手 秋山翔吾(西武)3度目
    外野手 柳田悠岐(ソフトバンク)4度目
    外野手 西川遥輝(日本ハム)3度目
    捕手 森友哉(西武)初
    DH デスパイネ(ソフトバンク)2度目
    投手 菊池雄星(西武)2度目

    5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/11/06(火) 22:21:20.45 ID:giI7MEbL0

    【フルカウントが選ぶセパ両リーグベストナインがこちら】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/12/19(火) 14:25:16.36 ID:so0IIpty0
    20171217-OHT1I50123-L


    http://www.hochi.co.jp/baseball/hs/20171217-OHT1T50149.html

     ▽投手 桜井周斗(日大三3年) 早実・清宮、履正社・安田を封じたスライダーは一級品。打者としても高校通算30本塁打超と抜群のセンスを発揮。

     ▽捕手 中村奨成(広陵3年) 夏の甲子園で1大会個人最多6本塁打。俊足、強肩にも注目が集まった。

     ▽一塁手 清宮幸太郎(早実3年) 打撃は文句なし。抜群の知名度、集客力。プロでの活躍に期待したい。

     ▽二塁手 小玉佳吾(東海大菅生3年) 若林監督が「小玉じゃないんだ! 大玉になれ!」とゲキを飛ばしていたのが印象的だった。

     ▽三塁手 飯島大夢(前橋育英3年) 左手首を骨折しながら強行出場。甲子園で本塁打を放つなど、男気あふれるキャプテンとしてチームをけん引した。

     ▽遊撃手 田中幹也(東海大菅生2年) まるで忍者。166センチ、61キロと小柄ながら、俊足を生かして広い守備範囲をカバー。新チームではキャプテンに就任した。

     ▽外野手 増田珠(横浜3年) 神奈川大会新記録となる4戦連発を含む5試合で本塁打。明るいキャラクターも魅力的だった。

     ▽同 丸山和郁(前橋育英3年) 俊足巧打のリードオフマン、サウスポーとしても活躍。抜群の野球センス、身体能力を誇った。

     ▽同 藤原恭大(大阪桐蔭2年) 名門のリードオフマンとして存在感。高校日本代表にも選出された。

     【新人賞】宮城大弥(興南1年) 夏の沖縄大会決勝で今夏初先発し、13奪三振1失点完投勝利。甲子園でも先発を託された。

    【画像 ロッテドラ1安田尚憲さん、今年の高校野球ベストナインから漏れる】の続きを読む

    show_img

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/11/18(土)16:15:17 ID:ZOY
    2012 鶴岡慎也(日本ハム)
    2013 嶋基宏(楽天)
    2014 伊藤光(オリックス)
    2015 炭谷銀仁朗(西武)
    2016 田村龍弘(ロッテ)
    2017 甲斐拓也(ソフトバンク)

    地味にすごくね?

    【ここ6年でベストナインを受賞したパ・リーグ捕手がすごいwwww】の続きを読む

    4_1





    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/11/10(金) 00:15:50.36 ID:uV3lY8IFd
    ショートでベストナイン取った翌年セカンドコンバート
    セカンドでゴールデングラブ取った翌年サードコンバート

    【ロッテ鈴木大地(B9:2回 遊撃手 GG:1回 二塁手)来年サードコンバート】の続きを読む

    このページのトップヘ