まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    タグ:ロッテ

    WS000000

    【試合実況 2月22日13:00~ 中日-ロッテ】の続きを読む

    spo1802100020-p1



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 05:07:08.08 ID:bzSm7KJ/0
    中スポ
    DWmZS6mVQAEEClx

    【中日・大野雄大「ロッテは毎年この時期振れている」 】の続きを読む

    DWjTz_wV4AADIrc



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/02/21(水) 23:32:46.36 ID:ilye1vBa0
    新人3人がノーヒットやったんは知ってる

    【ロッテ】安田、直球でバット折られる 3新人出場も無安打
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00000181-sph-base

     ロッテは21日、広島と練習試合を行い、0―7で完敗した。ドラフト1位の安田尚憲内野手(18)=履正社高=は5回の守備から途中出場。内角で体を起こされて三振、直球でバットを折られて三飛と2打数無安打だった。

     遊撃手の有力候補、ドラフト2位の藤岡裕大内野手(24)=トヨタ自動車=は「1番・遊撃」で3打数無安打。守備では、結果は内野安打となったが、三遊間の難しいバウンドのゴロを横っ飛びで好捕するなど見せ場を作った。

     外野の一角を狙うドラフト4位の菅野剛士外野手(24)=日立製作所=は「8番・右翼」で3打数無安打。2回の第1打席は三遊間のゴロを三塁手に好捕され、5回の第2打席は中直。ノーヒットだったが、上々の打席内容だった。

    【今日のロッテ練習試合で内容良かったやつおる? 】の続きを読む

    IP180219TAN000019000





     濃厚な時間はあっという間に過ぎ去った。1日から始まった千葉ロッテマリーンズの石垣島春季キャンプ。初日こそあいにくの雨が降り、室内練習場での練習となったが、それ以降は予定通りのメニューを消化した。競争を煽(あお)った日々で、選手たちは自主自律の精神で取り組み、成長していった。








    【千葉魂 成長遂げた19日間 自主性、競争促し変化実感】の続きを読む

    DWhtA22V4AEH5ev




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/02/21(水) 12:19:16.36 ID:z1DXQVUY0
    <広島>
    1番(遊):田中
    2番(二):菊池
    3番(指):丸
    4番(一):松山
    5番(左):バティスタ
    6番(三):安部
    7番(右):堂林
    8番(中):下水流
    9番(捕):磯村
    先発投手:岡田

    <ロッテ>
    1番(遊)藤岡
    2番(中)清田
    3番(三)鈴木
    4番(一)井上
    5番(二)中村
    6番(左)ペゲーロ
    7番(指)細谷
    8番(右)菅野
    9番(捕)江村
    先発投手:二木

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/02/21(水) 12:19:42.44 ID:z1DXQVUY0

    【練習試合ロッテ×広島スタメン発表!井上4番、新人藤岡・菅野も出場!安田はベンチスタート】の続きを読む

    WS008713




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/02/20(火) 21:08:47.55 ID:8apUiwUh0
    ロッテの林球団本部長は28日、来季の新外国人補強に関して「今年の成績不振の原因は、バッターの不振。そこを中心に考えている」と明かした。
    同時に、今季最高は内の16セーブといった絶対的守護神の不在にも触れ、「(外国人補強の)可能性はあり得る。156キロのストレートを投げて、フォークが落ちるような(投手)。
    (ソフトバンクの)サファテのような選手は簡単には獲れないでしょうが…」と語った。

     同日、マット・ダフィー内野手、ジミー・パラデス内野手、ロエル・サントス外野手の退団が発表された。4番候補だったパラデスは89試合で打率.219、10本塁打、26打点。
    シーズン途中に加入した“走り打ち”のキューバ出身サントスは66試合で打率.250、3本塁打、8打点。ダフィーは54試合で打率.201、6本塁打、18打点と、期待通りの活躍ができなかった。

     林球団本部長は、新外国人選手の人数に関しては「基本2人プラスα」と話している。
    今季途中加入ながら15本塁打の活躍で残留が見込まれるペーニャ内野手も、来季も続けて期待通りの働きができるか予断は許さない。
    それだけに「(本塁打を打てる)確率が高い選手」をターゲットとし、井口新監督、松本編成部長と候補について討議中。キューバとのパイプを維持しながら、投打の助っ人獲得に動いていくようだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171129-00095250-fullcount-base

    【11月のロッテ林球団本部長「助っ人補強は強打者中心、成績不振原因は打者の不振」】の続きを読む

    このページのトップヘ