まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    タグ:ロッテ

    IP180618TAN000027000_0






     ガッツポーズはなかった。打った瞬間にサヨナラ打を確信したが、冷静に一塁を踏んだ。そしてベンチから駆け付ける先輩たちを待った。17日のジャイアンツ戦(ZOZOマリンスタジアム)。人生初のサヨナラ打を打った20歳の若者は控えめな笑顔を見せた。それはプロ3年目の平沢大河内野手の想いのすべてを物語っていた。

     「前進守備だったので打った瞬間に抜けることは確信しました。ただ、自分はこれで喜んでいられる立場じゃない。結果を出し続けないといけないので、もちろんうれしかったですけど、そこは冷静な部分がありました。これで浮かれることなく継続的に結果を出したい。次の甲子園でもチャンスがあればしっかりと結果を出したい。すぐにそれを考えていました」







    【千葉魂 笑顔なきサヨナラ打 平沢「結果を出し続けないと」】の続きを読む

    WS010111



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/06/22(金) 13:02:15.05 ID:0mJJujvDd




    【動画 ロッテ安田、マリンの逆方向へ4号ホームラン!!】の続きを読む

    DgN0U0jU0AEek7k




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/06/21(木) 23:33:41.35 ID:MWMIMfkI0
    ロッテ・井上 2軍戦で満塁弾含む4安打8打点の大暴れ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000111-dal-base

     「イースタン、巨人4-17ロッテ」(21日、ジャイアンツ球場)

     へんとう炎による発熱で2軍調整中のロッテ・井上晴哉内野手(28)が、「3番・一塁」でスタメン出場。実戦復帰後、初アーチを満塁本塁打で飾った。

     6月13日に出場選手登録を抹消された井上は19日のイースタン・巨人戦で実戦復帰してから2試合目。初回に先制適時打となる中前打を放つと、二回にも中前適時打。迎えた三回2死満塁から巨人・高田の139キロ直球を豪快にフルスイング。左中間フェンスを越えるグランドスラムに笑顔で本塁を踏みしめた。

     勢いづいた井上のバットは止まらず、四回にも右翼フェンス直撃の適時二塁打と4安打8打点の大暴れ。1軍復帰間近を印象づける打撃を2軍戦で見せつけた。

     イースタン12連勝中の巨人はロッテ打線の猛攻を受け、大敗。連勝がストップした。

    【ロッテ・アジャ井上さん、2軍で満塁弾含む4安打8打点の大暴れ】の続きを読む

    このページのトップヘ