まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    タグ:井上晴哉


    no title


    1: 名無しさん@おーぷん 2015/03/08(日)13:20:49 ID:28X
    球場狭いのに初芝以来和製スラッガーが出てこないのは異常だ
    向かい風がそんなに吹くのか?
    【なぜ、ロッテから和製スラッガーが生まれないのか】の続きを読む

    no title



    1: 名無しさん@おーぷん 2015/03/04(水)07:32:27 ID:Ssu
    キャンプ地での握手から始まった愛-。ロッテの2年目、井上晴哉内野手(25)が電撃結婚することが3日、サンケイスポーツの取材で分かった。
    お相手は歯科助手、近辻玲緒(ちかつじ・れお)さん(21)=埼玉県在住の中学校教諭、孝志さん(50)の長女=で、大安の7日に婚姻届を提出する。
    プロレスラーのアジャコング似で知られる期待の大砲は、出会って1年、交際6カ月でのスピード婚を弾みにして、開幕1軍を目指す。

    球春本番のさらに上をいく“春”が、井上に訪れた。2人の出会いは昨年の沖縄・石垣島キャンプ。玲緒さんが母親とロッテの応援に訪れていたときだった。

    「握手してください」

    「えっ、ボクでいいんですか?」。井上にとってはプロ1年目。すでに「アジャ」としてブレークする一方で、心身ともに疲労はピークだった。
    「このときの笑顔に癒やされ、元気を取り戻したことを覚えています」と明かした。

    連絡先を交換するわけでもなく、その後、半年間は井上も野球漬けの日々だったが、9月上旬に玲緒さんがQVCマリンへ友人と試合観戦に訪れた際に運命の再会。その後、交際がスタートして、今月の大安7日にめでたく結婚の運びとなった。

    玲緒さんはフジテレビの宮澤智アナウンサー(25)似のキュートな美人。しかも、熱い“野球一家”に育った。

    埼玉県内の公立中学校で、英語の先生として教壇に立つ父・孝志さんは野球部監督も務め、さらには熱狂的な阪神ファン。
    玲緒さんの名前は西武の『レオ』から、1歳年上の兄・大河(たいが)さん(22)は『タイガース』から命名された筋金入りだ。

    そんな玲緒さんがフィアンセとして紹介したのが、なんと本物のプロ野球選手で「アジャ」として1年目から有名になった井上。さすがのお父さんも、このときばかりは腰を抜かして驚いたという。

    新妻は21歳とは思えない「しっかり者」でもある。野球の強豪、埼玉・花咲徳栄高在学中に調理師免許を取得。有名割烹(かっぽう)で約1年間、厨房(ちゅうぼう)に立っていた。
    さらに「資格はいくつあってもいいですから…」と、現在は東京都内の医療系専門学校に通って歯科衛生士を目指しながら、埼玉県内の歯科医院で歯科助手を務める。「飯と歯の心配は皆無です」と井上がのろけるのは当然だ。

    昨年はルーキーとしてチーム64年ぶりの「開幕4番」に座った井上だが、今年は開幕1軍を目指す立場。
    「浮かれてはいられません。まずは1軍に定着して生活を安定させることです」と、挙式・披露宴は2016年オフまで先延ばしにする。最強最愛のパートナーを得た井上の逆襲に注目だ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150304-00000019-sanspo-base
    【アジャ井上、ロッテファン女性と握手して結婚!きっかけは昨春キャンプ】の続きを読む

    no title


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/01/13(火) 17:55:51.43 ID:53U0Hdxc0.net
    ロッテ2014年一塁手打撃成績

    井口 74試合スタメン .229 4 27
    井上 16試合スタメン .204 2 2
    根元 16試合スタメン .146 0 3
    福浦 14試合スタメン .250 0 8
    高濱 9試合スタメン  .167 0 2
    大松 6試合スタメン  .136 0 0
    細谷 3試合スタメン  .167 0 0
    【【ロッテ】一塁手・井口(40) 74試合スタメン .229 4 27】の続きを読む

    no title


    1: 名無しさん@おーぷん 2014/12/13(土)23:09:35 ID:sf3
     浦和球場に足を踏み入れたとたん、田中はその存在に気が付いた。
    「すごい大きいなって思いました」。歩み寄り、歓迎の握手をしてくれたのは昨年ロッテに入団した井上だった。
    ちょうど1年前「コール、ミー、アジャ(アジャと呼んでくれ)」と言い放った異色のルーキーは、貫禄ある姿で田中の前に現れた。

     そして3つの助言をくれた。その1つが「ニックネームは自分で選ばないとダメだ」というもの。
    田中は「ファンの方から『えいすけ』って呼ばれたのは親しみを持ってくれているようでうれしかった。
    あとは、(ドラフト4位の)寺嶋が『タナチュウ』って呼んできます。彼らしくていいと思います」と、その場で2つに絞った。

     井上からの金言はそれだけではない。世間の注目を浴びながら開幕4番を務め、その後に地獄を見た。
    「やりたいことはしっかり持っていた方がいい」と周囲の騒ぎに振り回されないことの重要性を教えてくれた。実力が未知数のうちから注目を集めているのは共通項。田中は「その通りだと思う」と、うなずいた。

     3つ目のアドバイスは、ノートを書くことだった。井上は今季途中から、大学ノートを購入し「アジャの伝説ノート」と名付け、書き込んでいる。
    「書くことは大事。ここには伝説がいっぱい書き込まれることになる」と言った。
    それを聞いた田中は「今までやってなかったけど、プロに入ったら、いろんなことを教わるので、書いていきたい」。
    いずれの助言もありがたく受け止めた。

    http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20141213-1408368.html
    【ロッテ・アジャ井上「コール、ミー、アジャ(アジャと呼んでくれ)」】の続きを読む

    このページのトップヘ