まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    タグ:井口資仁


    BR4KSb5CcAAsnYF




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 01:24:32.79 ID:qMGkP0sVa
     ロッテ・井口資仁(ただひと)内野手(42)が20日、今季限りで現役を引退することを表明した。
    球界からは、ねぎらいの言葉や引退を惜しむコメントが相次いだ。

    (中略)

    ヤクルト・大松尚逸内野手(昨年までロッテに在籍)
    「少しのけがでは休まないとか、言葉だけでなく背中でいろんなことを教えていただいた。
    甘いところがあったロッテを変えてくれた方。
    教わったことを僕も若い人たちに伝えていきたい」

    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20170621-OHT1T50022.html

    【ヤクルト大松「ロッテは甘いところがあった」】の続きを読む

    DB8X2IvVwAI2p43



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 18:14:23.56 ID:AM9rMMehd
    井口裕香 ワーナーOfficial
    @yukachiofficial:
    (ゆ)トレンドに「井口さん」が入っていてビックリしたなう。わたし何かやらかしたかと思ったなう。心当たりはないなう。
    そしたらまさかの「野球⚾?ロッテ井口資仁選手今季限りで引退」のニュースだったなう。さびしい…なぅ。。
    井口選手、今シーズン最後まで頑張って下さいっ!o(*`ω´ )o


    さすがやね
    【声優井口裕香ちゃん、ロッテ井口選手を知っていた】の続きを読む

    DArKkWLXcAMTrJN




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 19:50:03.06 ID:Qj+WIiUJp
     ロッテの井口資仁内野手(42)が20日、千葉のZOZOマリンスタジアムで会見し、今季限りで現役を引退することを発表した。

    井口の引退は伊東監督にとっても、“寝耳に水”だった。

     この日は午前11時からZOZOマリンで全体練習。監督室に到着すると、すぐに井口が「お話があります」と訪ねてきた。

     井口が「今季限りでユニホームを脱ごうと思います」と話し始めると、伊東監督は「エッ!」と絶句した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00000060-dal-base

    【井口「今季限りでユニホームを脱ごうと思います」伊東監督「エッ!」】の続きを読む

    CyB1hyYVIAAHolj




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/20(火)22:17:36 ID:MKK
    マジで言ってて草
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00010017-fullcount-base

     選手会長の角中は「井口さんはお父さん、福浦さんはお母さんみたいな」と話した。若い選手を委縮させず、背中でアドバイスを送る井口を的確に言い表していた。「びっくりしたのが一番で、まだまだ見てても、本当に40歳を超えているのかと。ここ一番でやってくれる感じで、他の選手にはないものがある」と来季以降の“井口ロス”を懸念した。


    【ロッテ角中「井口さんはお父さん、福浦さんはお母さんみたい」】の続きを読む

    20170620-01843281-nksports-000-8-view





    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 11:42:38.37 ID:SCrk1sRJ0

     ロッテ井口資仁内野手(42)が今季限りでの現役引退を決めたことが20日、分かった。

     井口は国学院久我山、青学大をへて、96年ドラフト1位でダイエー(現ソフトバンク)入団。3拍子そろった主力として活躍し、99年のリーグ優勝、日本一に貢献した。

     05年に米球界移籍。同年はホワイトソックスでリーグ優勝、ワールドシリーズ優勝に貢献。フィリーズ、パドレスでもプレー。09年にロッテに入り、日本球界に復帰した。

     ロッテでも主力としてチームを引っ張り、10年の日本一に貢献した。13年には、日米通算2000安打を達成した。

     今季はDHと代打を兼務。ここまで35試合、打率2割5分7厘、1本塁打、8打点。


    【ロッテ井口資仁が今季限りでの現役引退を決意…】の続きを読む

    このページのトップヘ