まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    タグ:井口資仁

    20170929s00001007129000p_view




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/09/29(金) 21:33:00.03 ID:ErORAPj70NIKU
    井口、シカゴで引退セレモニー 最終目標は指導者として“メジャー復帰”


     現役引退し来季のロッテ監督就任が決定的な井口資仁内野手(42)が28日(日本時間29日)、
    古巣ホワイトソックスの本拠地シカゴで行われた引退セレモニーと始球式に出席した。

     05年にワールドシリーズ制覇に貢献するなど、05年から07年途中までホ軍に在籍。
    当時のギーエン監督らのメッセージが大型映像装置に流れ、日米21年間のプロ生活をねぎらわれた。
    娘とともに久しぶりに古巣を訪ね「つい最近のことのようで、月日がたっているとも感じる。またここに戻ってこられて、うれしい」としみじみと話した。

     ロッテ次期監督就任を要請されている今後には明言を避けたが
    「またこっちに来てユニホームを着たいというのが最終目標。それまでいろいろ勉強していきたい」と将来は指導者として“メジャー復帰”したい意向を明かした。

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/09/29(金) 21:33:24.49 ID:ErORAPj70NIKU
    ※始球式GIF画像




    【井口、最終目標は指導者として“メジャー復帰”】の続きを読む

    20170929-00000012-sanspo-000-2-view





    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/09/29(金)07:22:15 ID:UHW
    たまげたなぁ
    ちなロ

    3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/09/29(金)07:23:54 ID:UHW
    ソース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00000012-sanspo-base

     今季限りで現役を引退し、ロッテの次期監督就任が決定的となっている井口資仁内野手(42)が、監督就任後も現役時と同じ背番号「6」をつけることが28日、わかった。また初采配を、11月10-12日に行われる台湾代表との交流試合(台湾・桃園)で振ることもわかった。

     「ミスターロッテ」の象徴である背番号「6」。球団は、次期監督就任を要請した井口に、引き続き現役時代と同じ番号を託す。

     ロッテの「6」は落合博満、初芝清、そして井口が9年間つけてきた、チームの“顔”となる番号だ。関係者によると、ルーキーや新入団選手らにすぐつけさせるのではなく、当面は井口が背負う。実績がともなった、番号にふさわしい選手が出てきた際に、譲る用意をして待つ。



    【ロッテ井口監督、監督でも背番号6!11月10日の台湾代表との交流試合が初陣に!】の続きを読む

    IP170925TAN000067000







     無我夢中で必死に食らいついた。初球152キロストレートを右前に運ぶと、清田育宏外野手の胸の奥からこみ上げるものがあった。一塁ベース上から打席を見る。そこにはこの日が引退試合となっていた井口資仁内野手が立っていた。9月24日のファイターズ戦(ZOZOマリンスタジアム)。2点ビハインドの九回無死。同点に追い付かないと試合は終わる。それは清田にとって1年目のオフから自主トレを共にするなど、公私ともにかわいがってもらった大先輩と一緒にプレーをする最後の時間となることを意味していた。だから代打を告げられると、次打者の井口につなげようと祈るような思いでバットを振り、打球は右前に抜けていった。泣いてはいけない。分かってはいても涙腺は緩んだ。一塁ベース上で目をくちゃくちゃに腫らしながらリードをとった。その直後、とんでもないドラマが起こった。

     「ボクは悔いが残らないようにと必死に打って、とにかく必死に走った。だから打球がフェンスを越えたかどうかを見ていない。抜けると分かって、とにかくホームにかえらないといけないと思って走っていました」





    【千葉魂 止まらなかった清田の涙 最後にこみ上げた井口への想い】の続きを読む

    DCze9IMUAAQ4qGL



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/09/27(水) 11:24:44.74 ID:7ilGbnmP0
    ロッテ井口が解説で出演!角中絶賛「天才的に打つ」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170926-00013135-nksports-base

     解説では、両チームの各選手のことを、どう見ているかなどを披露した。荻野については「マリーンズが上に行くには、1番、2番に座って、どんどん行ってもらわないと。スライディングが本当に速い選手」。
    角中には「どの球でも対応できる。まねできない打撃フォーム。前半、角中がいなかったのは、チームとして痛かった。ストライクゾーンは関係ない。高めも、低めも、天才的に打つ選手」と話した。

    【ロッテ角中、井口さんに絶賛されていた】の続きを読む

    このページのトップヘ