まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    タグ:伊東勤

    IP170220TAN000011000_0001_C






     晴天の続く順調なキャンプだった。最終日2日前、伊東勤監督は練習前にグラウンドに選手を集めた。ここまで練習前の集合では担当コーチに任せ、輪の外で見守り、あえて言葉を発することはなかったが、終了を目前に控えて全員の前でメッセージを伝えた。青空の下、切り出した。

     「けがなく、しっかりと練習をしてくれた。やりたい練習は、ほとんどできた。順調だった。ここからは試合が多くなり、練習に割ける時間は減ってくる。その中で自分たちの置かれている状況を考えながらそれぞれが練習に取り組んでほしい。ゲームでは、ふるいにかける作業となる。結果を出せるように準備をして、どんどんアピールをしてくれ」




    【千葉魂 限界超えた走塁で勝利を 攻撃的に先の塁を狙う】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 12:36:04.48 ID:ckVZLtYq0
    ロッテ伊東監督 沖縄美女から激励受け、照れる
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-01781996-nksports-base

    激励の言葉を受けた伊東監督は「最近は若い女性に囲まれることがないからなあ」と照れていた。
    20170221-01781996-nksports-000-4-view

    【画像 ロッテの伊東監督、ノンケだった】の続きを読む

    20170204-01774575-nksports-000-2-view




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/04(土) 21:32:55.18 ID:4tfwcPfn0
     ロッテ伊東勤監督(54)が4日、石垣島キャンプ第1クール4日目を、次の通り振り返った。

     「(ブルペン入りしたドラフト1位の)佐々木は力のある球が何球があった。特に、シンカーは精度が高い」

     「(ドラフト5位の)有吉は、4日連続でブルペンか。若干、飛ばしすぎかな。体と相談するように、本人には言っている。ボールは、まとまっており、即戦力。今の感じなら四球で崩れることもなさそう」

     「(ドラフト2位の)酒居も社会人の即戦力。状態は良さそう。ここから落ちていかないようにしないと」

     「(打撃投手を務めた大嶺祐、二木、宮崎は)よかった。打者との感覚をつかんで欲しい。二木は、今年は忘れられないようにしないと。去年は先発として頑張ったが、シーズン中盤以降はなかなか良い姿を見せられなかった。

     前半はポンポンと勝ったけど。キャンプの取り組み方も分かって来ているだろう。投手も競争を勝ち抜いて、1軍の枠に残れるように頑張って欲しい。ラミゴ戦で投げます」

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/04(土) 21:33:06.62 ID:4tfwcPfn0

    【ロッテ伊東監督、ルーキー酒居&有吉は「即戦力」】の続きを読む

    f-bb-itoh170202yg-w500_0




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/02(木) 19:41:19.25 ID:jkdO9wVU00202

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/02(木) 19:41:42.43 ID:jkdO9wVU00202
    「(二塁にコンバートされた鈴木は)守備範囲、肩を考えれば、ショートタイプではなかった。彼なりによくやってくれたが、楽に守備をやらせることで、打撃に専念してもらいたい。
    ショート(の後釜)は苦労するだろうけど、平沢、(中村)奨吾、三木、(大嶺)翔太、高浜、この辺の争いになる。50試合ずつでもいいかな。まだ、それぐらいの感じ。俺も、そこで勝負しないといけない」

    【ロッテ伊東監督「鈴木大地は守備範囲、肩がショートタイプではなかった」】の続きを読む

    20170116-01766099-nksports-000-3-view



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 17:24:32.74 ID:ExZ5ubkC0
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00050057-yom-base
     日本野球の発展に貢献した人をたたえる2017年の野球殿堂表彰者が16日、発表され、5氏が殿堂入りを果たした。

     プロ野球出身者が対象となる競技者表彰のプレーヤー部門では、1980年~90年代の西武の名捕手で、現ロッテ監督の伊東勤氏(54)が選ばれた。エキスパート部門では、中日のエースとして活躍し、中日、阪神、楽天で監督を務めた星野仙一氏(69)、大洋(現DeNA)で通算201勝を挙げた平松政次氏(69)が選出された。

     特別表彰では、アマチュア審判員として多くの試合を裁いた郷司裕氏(故人)、公式野球規則の編さんに長年携わった鈴木美嶺(みれい)氏(故人)が選ばれた。5氏のレリーフは、東京都文京区の野球殿堂博物館内の殿堂ホールに掲げられる。

    【ロッテ伊東監督、野球殿堂入り!星野仙一・平松政次氏も】の続きを読む

    20170110-00010000-chibatopi-000-1-view





     すぐに決まった。新たな一年のチームスローガン。伊東勤監督は2016年シーズンが終了した時点から次なる戦いに向けたビジョンに思いを巡らせていた。何度も口にした。「結果には満足をしていない。不本意な一年」。マリーンズは球団史上31年ぶりとなる2年連続のAクラス。その事実は受け入れても、指揮官として満足をするつもりは毛頭なかった。4年間、チームを率いてきて確信した。このチームはもっとできる。能力のある選手が多い。だからこそ、妥協なく、限界をつくることなく攻め続ける姿勢こそが今、必要なのだという結論に改めて至った。


    【千葉魂 「限界を超えろ!」に込めた思い 伊東監督、このチームはもっとできる】の続きを読む

    20161227-00010000-chibatopi-000-1-view





     年の瀬の都内に伊東勤監督の姿があった。ラジオ番組のスタジオ生出演を終えると、帰路についた。これで年内のすべての公務を終えた指揮官は寒空の下、ジャンバーを羽織ることもなく歩き出した。31年ぶりとなる2年連続のAクラスとなった。ただ、指揮官はまったく満足な思いはしていない。だから、シーズンを振り返るインタビューでは必ず悔しさを口にした。

     「不本意とは言わないまでも、理想とはかけ離れた内容だった。最後に勝てなかった。それがすべて」
     



    【千葉魂 全て背負うも「孤独ではない」 伊東監督、大先輩からの手紙】の続きを読む

    このページのトップヘ