まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    タグ:伊東勤

    20170116-01766099-nksports-000-3-view



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 17:24:32.74 ID:ExZ5ubkC0
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00050057-yom-base
     日本野球の発展に貢献した人をたたえる2017年の野球殿堂表彰者が16日、発表され、5氏が殿堂入りを果たした。

     プロ野球出身者が対象となる競技者表彰のプレーヤー部門では、1980年~90年代の西武の名捕手で、現ロッテ監督の伊東勤氏(54)が選ばれた。エキスパート部門では、中日のエースとして活躍し、中日、阪神、楽天で監督を務めた星野仙一氏(69)、大洋(現DeNA)で通算201勝を挙げた平松政次氏(69)が選出された。

     特別表彰では、アマチュア審判員として多くの試合を裁いた郷司裕氏(故人)、公式野球規則の編さんに長年携わった鈴木美嶺(みれい)氏(故人)が選ばれた。5氏のレリーフは、東京都文京区の野球殿堂博物館内の殿堂ホールに掲げられる。

    【ロッテ伊東監督、野球殿堂入り!星野仙一・平松政次氏も】の続きを読む

    20170110-00010000-chibatopi-000-1-view





     すぐに決まった。新たな一年のチームスローガン。伊東勤監督は2016年シーズンが終了した時点から次なる戦いに向けたビジョンに思いを巡らせていた。何度も口にした。「結果には満足をしていない。不本意な一年」。マリーンズは球団史上31年ぶりとなる2年連続のAクラス。その事実は受け入れても、指揮官として満足をするつもりは毛頭なかった。4年間、チームを率いてきて確信した。このチームはもっとできる。能力のある選手が多い。だからこそ、妥協なく、限界をつくることなく攻め続ける姿勢こそが今、必要なのだという結論に改めて至った。


    【千葉魂 「限界を超えろ!」に込めた思い 伊東監督、このチームはもっとできる】の続きを読む

    20161227-00010000-chibatopi-000-1-view





     年の瀬の都内に伊東勤監督の姿があった。ラジオ番組のスタジオ生出演を終えると、帰路についた。これで年内のすべての公務を終えた指揮官は寒空の下、ジャンバーを羽織ることもなく歩き出した。31年ぶりとなる2年連続のAクラスとなった。ただ、指揮官はまったく満足な思いはしていない。だから、シーズンを振り返るインタビューでは必ず悔しさを口にした。

     「不本意とは言わないまでも、理想とはかけ離れた内容だった。最後に勝てなかった。それがすべて」
     



    【千葉魂 全て背負うも「孤独ではない」 伊東監督、大先輩からの手紙】の続きを読む

    07017080




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/28(水) 12:51:19.21 ID:dsxPeizo0
    ロッテの伊東勤監督(54)は17日、QVCマリンフィールドで、球団からの続投要請を受諾し、
    就任5年目となる来季も指揮を執ることを明らかにした。
    「引き受ける。5日くらい前にだいたい煮詰まった」と話し、1年契約と説明した。

    続投条件として球団に求めた戦力補強については「全力でやるという話も聞けた。
    強いチームをつくることには協力したいということだった」と納得感を示した。

    http://www.daily.co.jp/baseball/2016/10/17/0009589498.shtml

    【ロッテ・伊東監督(続投条件として球団に求めた戦力補強については)「全力でやるという話も聞けた。」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/23(金) 13:57:32.55 ID:OEDB6ENxa
    TBSラジオ 伊集院光とらじおと 月~木 8:30 ~ 11:00
    http://www.tbsradio.jp/ij/

    12月26日(月)は、ゲスト:プロ野球ロッテの伊東勤監督!&メッセージテーマ「あの年の年末年始!」

    あの事について質問しよか
    WS005860

    【TBSラジオでロッテ伊東監督への質問募集中!】の続きを読む

    20161209-OHT1I50222-L




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 09:50:29.35 ID:A/CusVKx0
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161209-00000546-sanspo-base

     世界ボクシング評議会(WBC)スーパーバンタム級王者の長谷川穂積(35)=真正=が9日、現役引退を表明したことを受け、親交の深いロッテ・伊東勤監督(54)が球団を通じてコメントを発表。

     「正直、残念だし寂しい気持ち。でも本当に強いチャンピオンで、いつも試合を見て勇気をもらっていた」と振り返った。

     西武の監督だった2005年、4月の世界初挑戦を前にした長谷川が2月の宮崎・南郷キャンプに特別参加。合同トレーニングを行った。以降、同監督は長谷川の成長を見守り、実際に世界戦をリングサイドから生応援したこともあった。

     「素晴らしいボクシング人生だったのではないかな。しばらくは、ゆっくり休んでもらいたい。(将来は)ぜひ、長谷川穂積を抜く強いチャンピオンを育ててほしいね。本当にご苦労さまでした」とねぎらった。

    【長谷川穂積の現役引退にロッテ・伊東監督「素晴らしいボクシング人生」】の続きを読む

    このページのトップヘ