まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    タグ:台湾

    1: 風吹けば名無し 2020/05/17(日) 20:21:20.12 ID:mvCEO7kb0
    no title

    no title

    【画像 台湾の日本野球辞典に「なんJ」の項目がある…】の続きを読む

    18041111081486880.5



    1: 風吹けば名無し 2020/02/14(金) 18:36:07.63 ID:RMujNEmRpSt.V
    no title

    no title

    no title

    【画像 台湾の豆腐屋店員、セクシーすぎる】の続きを読む

    20200506-00010002-wordleafs-000-3-view



    1: 風吹けば名無し 2020/05/11(月) 09:18:57.14 ID:MgL/5YVC0
    ・観衆を最大1000人に制限(段階的に引き上げ予定)
    ・座席に十分な間隔をあける
    ・観戦者は実名を事前登録
    ・検温義務
    ・マスク着用義務
    ・渡航歴及び体調を記した書類を提出


    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO58902260Y0A500C2NNE000

    【台湾プロ野球のコロナ対策、日本人ができる芸当ではない…】の続きを読む

    0c8

    1: 風吹けば名無し 2020/05/09(土) 08:12:22.55 ID:uRIEP32Ia
    台湾のプロ野球は8日、観客の入場を1000人以下に制限し、試合を開催した。各国で新型コロナウイルスの感染が拡大する中で、封じ込めに成功した台湾では4月12日にプロ野球が世界に先駆け無観客で開幕。
    この日は久しぶりにファンの歓声が球場に響いた。問題がなければ台湾政府は今後、客の増員を認めていく方針だ。


    8日は北部・新北市と中部・台中市で計2試合があり、大勢のファンが十分な距離を保って観戦。チアリーダーが声援を送る中、選手が熱戦を繰り広げた。

     球場への入場者は体温測定と手の消毒、マスクの着用を義務づけられ、水と薬を除き飲食は禁止された。
    新北市の球場で観戦した大学生、黄建翔さん(18)は「この日を待ちに待っていた。世界で今季初めて観戦できるファンになれてとてもうれしい」と話した。

     球場には政府のコロナ対策本部長、陳時中衛生福利部長(衛生相)も姿を見せた。


    https://mainichi.jp/articles/20200508/k00/00m/050/225000c

    【コロナ封じ込めた台湾プロ野球、観戦解禁!1000人以下に制限】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 20/05/03(日)12:46:20 ID:X03
    希望你們一直保持正面的能量!一起努力防疫,相信下雨過後一定會出現彩虹的🌈我會在台灣為你們加油打氣,也非常期待與你們見面那天的到來💛

    日本の皆さまはポジティブな気持ちで、しっかり対策をやっていきましょう!雨が止んだら虹は必ず出ます🌈私は台湾で日本の皆さまを応援し、お会いできるのを楽しみにしています!💛
    https://www.nikkansports.com/baseball/news/202005030000083.html
    202005030000083-w500_1

    【画像&動画 台湾美人チア・チュンチュン、野球民に向けて愛のメッセージをくれる!】の続きを読む

    a612deda-s (1)



    1: 風吹けば名無し 2020/04/30(木) 18:16:34.40 ID:PnWIt6kb0
    https://news.infoseek.co.jp/article/00fujibas2004290001/

    ソフトバンク・王球団会長が突如ぶち上げた、日本野球機構(NPB)を12球団から16球団に拡張する構想は、注目され始めたところで新型コロナウイルス禍が直撃。
    今季公式戦はいまだ開幕のめどが立たず、スポーツビジネスのリスクが再認識されたことで、新規参入の機運は吹き飛んでしまった。ただ、一から新球団を立ち上げなくても、
    16球団でリーグ戦を展開する方法はある。世界で唯一、今季公式戦を開催中の台湾プロ野球(CPBL)との“合体”だ。台湾側の有力者からも、ラブコールが出ている。

    2: 風吹けば名無し 2020/04/30(木) 18:17:24.02 ID:PnWIt6kb0
     立ち消えの気配の16球団構想ではあるが、王会長が意図する「受け皿の拡大」と「プレーオフ方式の公正化」は、何も国内だけで4球団を増やさなくても実現できる。
    注目するべき候補地は、王会長が国籍を有し現地でも英雄視される台湾だ。

     5月20日に台湾副総統に就任する頼清徳氏は、2月に産経新聞の単独インタビューで興味深い発言をしている。「世界中で日本と最も関係の深い場所は台湾」が持論の親日派は、
    「(日本と)関係を発展させるのにまだやれることはまだたくさんある」と力説。具体案として「台湾のプロ野球チームが日本のプロリーグに参加できれば面白いと思う」と話している。

     リップサービスで片づけるのは早計だ。巨人のフロントOBは数年前、台湾の有力企業の首脳から次のような相談を持ち掛けられたと証言する。

     「プロ野球チームを持ちたい気持ちはあるが、台湾だと八百長が怖くて手が出せない。台湾に本拠地を置いて、NPBに加盟する方法はないか」

     選手の永久追放や球団の解散といった悲哀を何度も味わいながら、今世紀に入っても台湾球界では八百長が繰り返されてきた。
    不正でファンの心が離れ、リスクを嫌う企業から球団経営は敬遠され、年俸が安い選手がまた手を染める悪循環が続いたが、ここ10年は小康状態を保っている。

     台湾のコロナ対策が奏功したことから、今季は世界に先駆けて12日から無観客ながら1軍公式戦を開催中だ。
    4球団の一角には、日本企業を親会社に今季参入した楽天モンキーズ。来季さらに1球団増える予定だ。

    【コロナ禍で立ち消え寸前も…16球団構想に「台湾と合体」の裏ワザ!(夕刊フジ)】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/04/26(日) 02:19:43.70 ID:sNg4sGV00
    台湾楽天ガールズ
    no title

    【画像 台湾楽天モンキーズのチア、可愛い】の続きを読む

    このページのトップヘ