まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    タグ:唐川侑己

    no title



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/03(火) 09:05:14.80 ID:nA1l5Veu0.net
    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/02/03/kiji/K20150203009741720.html

     石垣島キャンプ2日目。2軍を初めて視察したロッテ・伊東監督から熱視線を浴びたのは、ドラフト3位の岩下(星稜)だった。立ち投げで40球、捕手を座らせて20球。1メートル81の長身右腕は全て直球を投げ込み、指揮官を「高校生にしては精度の高い投球だった。体つきも、バランスもいい。マウンド度胸も良さそうだね」とうならせた。 

     「2日連続でブルペンに入りましたが、入れるだけ入りたい。自分の(投球の)形をつくることを意識して投げている」と岩下。昨夏の石川大会決勝で小松大谷を相手に9回に8点差を逆転した「ミラクル星稜」のエースだ。最速146キロを誇る18歳。小谷2軍投手コーチと話し込んだ伊東監督は「小谷さんと夏くらいから出てきてほしいと話したんだ」と先発候補として期待を寄せた。あの夏から1年後。先発陣が苦しくなる夏場に救世主になるかもしれない。

     今年の高卒新人には楽天のドラフト1位・安楽(済美)や西武の同1位・高橋光成(登録名=前橋育英)ら注目投手が多い。岩下は高1の秋に安楽と練習試合で初めて投げ合い、0―0で引き分け。お互い9回無失点で勝敗は付かなかった。好きな言葉は「勝ち気」という右腕はライバル心を燃やすどころか、こう言い放った。「こんな言い方をしたら申し訳ないですが、プロで1勝もしていない選手を意識しても意味がない。プロで100勝、200勝している投手はたくさんいる。そういうレベルの選手を意識したい」

     巨人コーチ時代に内海らを育てた小谷2軍投手コーチが「テークバックとトップをつくる動きが西野に似ている」と言えば、松本尚樹編成統括は「フォームの流れが唐川にダブる」と評する。「西野×唐川」。侍ジャパンの守護神と、通算49勝右腕のいいとこ取りである。カーブに縦横の2種類のスライダー。さらにフォークと球種も豊富で、将来のエース候補として期待が懸かる逸材だ。

     キャンプ初の実戦となる14、15日の1・2軍合同紅白戦でデビューする可能性もある。「自分がやることをやっていればチャンスは必ずあると思う」。キャンプ2軍スタートだが、実戦で結果を残せば「大逆転」で1軍に昇格するかもしれない。 

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/01/27(火) 06:56:18.01 ID:TVzGb3yL0.net
    涌井 164.2回 8勝12敗 4.21
    石川 160.0回 10勝8敗 3.43
    成瀬 142.2回 9勝11敗 4.67
    藤岡 132.2回 6勝10敗 4.48
    唐川 116.0回 4勝9敗 4.66 
    no title

    【ロッテの先発のロッテ感が凄い】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/12/07(日)20:31:35 ID:GxI
     ロッテの唐川侑己投手(25)が7日、地元の千葉・成田市内でトークショーを行った。

     成田高から2007年の高校生ドラフトで1位指名された唐川。早朝から多くのファンを集め、さすがの成田人気だった。
    だが、ファンからの質問コーナーでちびっ子から「唐川選手は、高校はどこですか?」とまさかの質問を受けた。
    これには苦笑いで「成田高校ってところなんですけど…是非目指してください」と返すしかなかった。

     昨オフは涌井と共に自主トレを行っていたが、今オフは「(涌井との自主トレは)卒業しました。(笑い)。今年は1人でやります」と黙々と己を磨くつもりだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141207-00000087-sph-base
    no title

    【ロッテ唐川、今年の自主トレは「1人でやります」地元・成田でトークショー】の続きを読む

    no title


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/11/24(月) 08:06:17.60 ID:COvysVfU0.net
    涌井
    唐川
    石川
    藤岡
    古谷
    大嶺
    木村
    李大恩←新外国人


    後は去年1試合も先発で投げてない若手のみの模様
    【成瀬抜けたロッテの先発陣wwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ