まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    タグ:大谷翔平

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/02/16(金) 12:05:41.89 ID:6Qp7e+Nz0
    「大谷智久」ではなく「大谷」で自動的に振り分けされている模様

    WS008696

    【スポナビの「ロッテ」のニュースカテゴリに「大谷翔平」の記事が大量に紛れ込む】の続きを読む

    1

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/01/28(日)21:49:15 ID:7JS
    1(右) イチロー
    2(中) 松井秀喜
    3(三) 長嶋茂雄
    4(一) 王貞治
    5(二) 落合博満
    6(左) 金本知憲
    7(捕) 野村克也
    8(指) ■■■■
    9(遊) 松井稼頭央

    投手 大谷翔平

    【一般人でも分かる野球選手で打線組んだ】の続きを読む

    DGONUh0VYAA7_bJ




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/01/05(金) 16:15:21.92 ID:0iPy4xyu0
     ロッテ・大谷智久投手(32)が4日、“大谷ロス”を告白した。ZOZOでチーム一番乗りで初練習を行ったベテランは、日本ハムからエンゼルスに移籍が決まった大谷翔平投手(23)について「注目されてたので(日本に)いてくれた方がよかったですね」と吐露。
    ネット上では「大谷じゃないほうの大谷」という異名をとるなど、球場内外で盛り上がりをみせていただけに、165キロ右腕が海を渡る寂しさも本心だろう。

     「良い打者だったので対戦するのも楽しかった」という同姓対決は、通算14打数4安打、被打率2割8分6厘、1本塁打。昨季は2打数2安打1四球と分が悪かった。
    「僕がメジャーに行くことは多分無理ですけど。メジャーで彼がプレーする姿を見て、一野球人として向上心を持ってやっていきたい」。今後は1人の大谷ファンとして応援するつもりだ。

     02年センバツV投手となった報徳学園高から早大、トヨタ自動車とエリートコースを歩んできた9年目右腕は、勝利の方程式入りから2年連続50試合登板を目標に掲げる。千葉の大谷が日本のマウンドで躍動する。

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/01/05(金) 16:15:38.30 ID:0iPy4xyu0

    【ロッテ大谷じゃない方の大谷、“大谷ロス”を告白 】の続きを読む

    20171211s00001173187000p_view





    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/12/11(月) 14:45:01.86 ID:b5ElkMgH0
    ロッテの二木康太投手が11日、「マリーンズ・ベースボールチャレンジ」の一環として、千葉県八千代市の八千代市立八千代台西小学校を訪問した。

    小学4年生と体育授業でキャッチボールなどを行い交流すると、その後は給食をともにした。
    質問コーナーでは「大谷翔平選手と対戦したことはありますか?どうでしたか?」と聞かれて「三振を取ったことがあります」と答えると、子どもたちは大盛り上がり。
    「内角直球で見逃し三振でした。こうやって三振を取ったときのことを覚えているくらい、それだけ凄い選手と対戦できた。

    凄くうれしかった」と振り返ったものの、再び対戦したいかについては「もう見るだけでいいです」と苦笑いだった。

    3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/12/11(月) 14:45:40.10 ID:b5ElkMgH0
    野球少年たちから「どうやったら球が速くなれますか?」「三振を取ったときの気持ちは?」など質問が飛び、ていねいに答えた。
    自身が野球を始めたのは小学5年生のときとあって「みんなも今からでも遅くない。野球選手になれます」と話す右腕に、子どもたちの熱いまなざしが注がれていた。

    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/12/11/kiji/20171211s00001173186000c.html

    【ロッテ二木の“武勇伝”に小学生が大盛り上がり「大谷から三振取った」】の続きを読む

    999d4c2f-48c5-4441-ba20-791ddfbb9d84

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/12/07(木) 15:42:32.49 ID:yINJvmRUM
    来年マジでSB100勝しそう

    【ロッテ:涌井流出 ハム:大谷マーティン流出 西武:野上牧田流出 ←これ】の続きを読む

    このページのトップヘ