まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    タグ:岡田幸文

    DV0VTiNVwAA-X_v




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/02/12(月) 23:42:51.97 ID:t4xpV5Ad0
    おかしくなかった
    【ロッテ岡田幸文、紅白戦で2安打2盗塁!】の続きを読む

    no title

    https://ameblo.jp/area66-yoshifumi-okada/entry-12343918001.html




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/02/07(水) 16:49:09.29 ID:FG91vlUy0
    西武は6日、2016年のドラフト1位・今井達也投手(19)がキャンプ直前の1月末に所沢市内で喫煙していた事実を公表し、
    2月7日から5月までのユニホーム着用禁止と対外試合出場停止の処分を発表した。

    球団によると外部から寄せられた情報を5日、高知・春野のB班キャンプに参加している今井本人に確認したところ、事実と認めたことで発表に至ったという。

    今井は球団を通して「深く反省しております。自分自身の甘さが今回の事態を招いてしまったと考えています。
    今後、二度とこのようなことを起こさないよう、自分に厳しくありたいと思います。この度は大変申し訳ありませんでした」とコメントした。

    今井は栃木・作新学院のエースとして16年夏の甲子園優勝投手になり、その秋のドラフト会議で西武に1位指名入団。
    楽天にFA移籍した岸の背番号「11」を受け継いだ将来のエース候補だったが、1年目の昨季は計3度の右肩痛発症で、故障とリハビリの繰り返しだった。

    3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/02/07(水) 16:49:27.69 ID:FG91vlUy0
    一方、西武二軍内での今井は、本人の勝ち気な性格もあってか、浮いた存在になっていた。
    関係者の計らいで、年明けには母校の先輩であるロッテ・岡田幸文外野手(33)の合同自主トレに参加したが、
    遅刻や礼儀に欠ける行動があり「彼はいつも、こんな感じなの?」と岡田を困惑させたという。

    その前後から「今井が喫煙をしている」という情報は周囲に漏れ伝わっており、
    今回の騒動は「残念ながら起きるべくして起きた」というのが関係者の共通認識だった。

    4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/02/07(水) 16:49:45.62 ID:FG91vlUy0

    【西武今井の礼儀に欠ける行動にロッテ岡田「彼はいつも、こんな感じなの?」】の続きを読む

    WS008548





    4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/01/13(土) 20:52:49.05 ID:UWLmIm1E0
    中 永遠のゼロ岡田
    遊 鬼嫁金子
    一 ファンの高齢化を嘆く銀次
    右 弄られまくる秋山
    二 元カノから連絡が止まらない又吉
    三 すしざんまい安部
    捕 甲斐画伯
    左 ナルシスト森福
    投 レギュラーを狙う井納

    【動画 ジョブチューン プロ野球反省会(岡田幸文さん)】の続きを読む

    20171230-00000008-baseballo-000-1-view




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/12/30(土) 12:09:02.09 ID:ZJwdeToxd
     この悔しさを忘れることはない。岡田幸文にとってのプロ9年目は屈辱的なものだった。
    2017年11月には野球協約の減額制限(1億円以下は25パーセント)ギリギリのダウン提示で契約を更改し、
    「振り返る数字もない。自分の力のなさですね」と悔しさをにじませた。

     3月31日のソフトバンクとの開幕戦(ヤフオクドーム)でスタメン出場も無安打。ここからトンネルは長かった。徐々に出番は減り、代打となった。焦り、ゴロを打ってはアウトになる打席を繰り返した。
    7月10日に出場選手登録を外れると、その後一軍の舞台に戻ってくることはなかった。31試合に出場して40打席無安打。野手のシーズン最長無安打という不名誉な記録をつくってしまった。

     シーズン中に取得した国内FA権も「この成績で出るのは納得がいかない部分がある」と行使せずに残留を決断。育成選手からはい上がってきた愛着のある球団で、再起を図ることを決めた。

     節目のプロ10年目。「大暴れしますよ、もちろん」と語気を強めるように、懸ける思いは誰よりも強い。外野守備と走塁技術はまだまだ超一流。打撃を向上させれば、レギュラーの座も近づいてくる。

     秋季キャンプから金森栄治新打撃コーチのもとで、ボールを引きつけてコンパクトに振り抜く打法の習得に必死だ。そしてプライドを持つ守備での大きな目標がある。
    「もう一度、ゴールデン・グラブ賞を獲りたい。自信はあります」。2018年、岡田にとって新たな1年が始まった。

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/12/30(土) 12:09:19.70 ID:ZJwdeToxd

    【ロッテ岡田幸文、再起を懸けるプロ10年目 新年の誓い】の続きを読む

    このページのトップヘ