まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    タグ:田中英祐

    IP171201TAN000075000_0001_C





     不思議な縁を感じずにはいられなかった。ドラフト会議の朝、山本大貴投手(三菱自動車岡崎)は、ふと予感がした。それはマリーンズが自分を指名してくれるのではないかということだった。だから野球部の監督や関係者にもそのことを伝えた。そして直観通りにドラフト3位で指名を受けた。ようやく巡ってきたプロ入りだった。

     「ドラフト当日の朝、なんとなくマリーンズではないかなあと感じました。まさにその通りになって自分でもビックリしました」





    【千葉魂 “運命”に導かれたプロ入り ドラ3山本、二木との縁】の続きを読む

    IP171125TAN000041000





     その表情は明るく未来を見据えていた。今季限りでマリーンズを退団し、現役を引退することを決めた田中英祐投手が11月21日、球団事務所にあいさつのため訪れた。スーツ姿の若者は凛(りん)とした表情で球団首脳に、総合商社から内定をもらい来年4月1日より就職することを伝えた。入団から3年。京都大卒初のプロ野球選手として注目を集めてプロの門をたたいた男は残念ながら1軍登板2試合、プロ未勝利でユニフォームを脱ぐことを自ら判断し、次なる道を歩みだした。

     「あっという間だったと周囲から言われますが、自分の中では濃い日々に感じます。一日一日、いろいろと試行錯誤して新しい事にも挑戦してやるべきことがたくさんあった。だから逆に途方もなく長く感じたこともあった。そんなに短いとは思いませんね」




    【千葉魂 田中英、新たな道へ 「濃い日々」挑戦の3年間】の続きを読む

    20171126-00060107-nksports-000-3-view




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/11/26(日) 17:20:07.57 ID:/yIdnOPy0
     ロッテから戦力外通告を受けた田中英祐投手(25)には誇れることがあった。10月3日に通告を受けた後、お世話になった人たちに報告して回ったが、多くの人たちから「英祐がずっと頑張っていたのは分かっていた」と言われたことだ。

     1年目の15年4月29日に1軍デビューしたが打ち込まれ、2試合で2軍降格。その後は投球フォームに悩み、結局、再昇格はかなわないままだった。
    わずか3年間で終わったプロ野球生活は「つらいことの方が多かった」という。三井物産への就職が決まり、あらためて振り返ってもらった。

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/11/26(日) 17:20:39.93 ID:/yIdnOPy0
     田中 普通なら会えない人と会えて、経験できないことを経験できました。自分がうまくなるために時間とお金を使いました。そのことを、人から応援してもらえました。デビュー戦では3万人の前で投げることもできました。
    その後は投げられなくなりましたが、そういう(投げられないという)経験もできました。乗り越えられたかは分かりませんが、1日も手を抜かず、逃げることもありませんでした。そういう生き方は、これからに生きると思います。
    思うことと、やることが一致しませんでしたけど、人として大きくなれたと思います。

     堂々と言い切った。「1日も手を抜かなかった」。野球選手に限らず、そんな言葉を、どれだけの人が言えるだろう。

     2年前の取材メモを見返した。デビュー戦の12日前。京大初のプロ野球選手と注目されていた右腕は、こう言っていた。

     田中 「なぜ、プロに入ったのか」と、よく聞かれたけど、結局、野球が好きだから。うまくなるのがうれしいから。「10年後、どうしていたいか」と聞かれたら、野球を続けていたい。
    「うまくなるのがうれしい」、「結果がでるのがうれしい」、「楽しむ」。アマチュアの時は、3つあった。今は「楽しむ」はない。2軍の選手が楽しんでいてもダメ。

     プロでは、10年間も野球はできなかった。好きな野球を楽しむことも、しなかった。だが、最後は「悔いのない日々を送りました」と言えた。困難から逃げなかったからだ。【古川真弥】

    4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/11/26(日) 17:21:12.17 ID:/yIdnOPy0

    【ロッテの京大田中はプロ3年間「手を抜かなかった」】の続きを読む

    20171122-00000219-sph-000-3-view




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/11/23(木) 09:30:25.40 ID:9D9vjwQC0
    ロッテは22日、今季限りで戦力外通告を行った田中英祐投手(25)が現役を引退すると発表した。京大4年時に入団が決まった際、就職内定を辞退した大手総合商社の三井物産に18年4月に入社する。
    球団に新設する分析グループ入りを要請していた山室球団社長は、去りゆく右腕に早くも異例のラブコールを送った。
     「経験を積んでいつか帰ってきてほしい。武者修業に出すというか。ビジネスと野球両方を経験して、こんなハイブリッドな人材はいない!」。
    山室社長は、未来の幹部候補生? に珍エールを送った。京大初のプロ野球選手として注目されながら、在籍は3年。1軍登板は1年目の2試合で終わったが、商社マンの経験を球界に還元してほしいという思いは強い。



    もう田中は関わりたくないやろ

    19: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/11/23(木) 09:33:41.53 ID:9D9vjwQC0

    【ロッテ山室球団社長、引退の田中英に異例のラブコール「帰ってきて」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/11/22(水) 03:10:31.60 ID:6jLJbRnQd
    no title


     華麗なる転身だ。ロッテから戦力外通告を受けた田中英祐投手(25)が現役を引退し、総合商社大手の三井物産への就職が内定したことが21日、分かった。

     現役3年間で未勝利に終わり、球団からはフロント入りを打診されていた。京大初のプロ野球選手として注目されてきた右腕が第2の人生に選んだのは、世界を股に掛ける商社マンだった。



    【ロッテの京大卒・田中が引退、三井物産へ就職】の続きを読む

    MAZDA_Stadium_Stands1


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/11/15(水) 14:25:49.33 ID:Fkh+ipD/0
    ゲスト解説 石井義人
    ベンチ解説 山内泰幸
    解説 笘篠賢治
    実況 田中大貴

    出場選手一覧
    投手
    no title

    no title

    捕手 内野手
    no title

    外野手
    no title



    【12球団トライアウト反省会 】の続きを読む

    このページのトップヘ