まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    タグ:福浦和也


    C4CuTDHUkAAxYdV



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/08(水)19:48:14 ID:MP0
    ロッテ福浦「下半身いじめて振った」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170208-01776282-nksports-base

    何でこんなタイトルにする必要があるんですかね?

    【ロッテ福浦「下半身いじめて振った!!!」】の続きを読む

    20170213-00010000-baseballc-000-3-view





    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 12:15:52.95 ID:bslyEMga0
     大卒でプロ入りしたものの、過去2年間一度も1軍出場なし。
     プロ3年目を迎える寺嶋寛大は強い覚悟を持って、キャンプを送っている。

    2014年ドラフト4位でマリーンズに入団した寺嶋。これまで1軍出場の経験はない。ファームでも定位置を獲得していない。

    「大卒3年目ですからね。今年ダメだったらという思いがあります。だから、悔いが残らないように精一杯やろうと思っています。やり残したことがないように。結果がどうなるか分からない。ただ、全力で限界まで挑戦をしようと思っています」

     これまでは、球界を代表する大ベテランの福浦和也内野手に、恐れ多くてなかなか声をかけることも近づくこともできなかったが、悔いを残さないと決めた今年の寺嶋は違った。

    「いろいろな話を聞かせてもらいました。野球のことはもちろん。人生のこと。いろいろなことを教えてもらいました」

     これまでは消極的だったウエイトも行うようになった。福浦からはベンチプレスを勧められた。

     85キロを上げるのが精いっぱいの中、41歳の大ベテランは135キロを持ち上げた。決して大きくはない体ながら内に秘めているパワーに驚嘆した。そして自分の甘さを痛感した。

     ある時、ウエイトと打撃には共通するものがあると教えてくれた。

     どちらもずっと力を入れるのではない。一瞬。全身を使って一点に力を入れ込む。重い重量のベンチプレスも上げる瞬間に力を込める。それは打撃にも繋がるものがあると教えてくれた。

    「今年はラストチャンスだと思っています。大卒3年で一度も1軍に上がっていない。決意と覚悟をもってやると決めています。キャンプがそのスタート。頑張ります」

    その先にはきっとキラキラと輝く未来が待っている。

    5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 12:17:07.73 ID:bslyEMga0

    【ロッテ寺嶋寛大、決意と覚悟の3年目。「自分の甘さを痛感」千葉のレジェンドを生きた教材に】の続きを読む

    このページのトップヘ