まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    タグ:藤原恭大

    20190217-70000854-nksports-000-14-view



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2019/02/17(日) 20:59:08.51 ID:b7CwjCPUa
    ロッテドラフト1位藤原恭大外野手(18=大阪桐蔭)が高校の先輩、楽天浅村の前でヒットを放った。
    「9番中堅」でスタメン出場し、迎えた6回の第3打席。カウント1-2から二塁手のグラブの下を抜ける右前打を放った。

    前日16日の楽天戦では先輩にあいさつする機会を逸し、この日の試合前に対面。「昨日来なかったんで、おると思わんかった」と言われてしまったゴールデンルーキーは、
    先輩の前で打った安打についても「いや全然しょぼいヒットだったんで」と照れ笑いだった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-70000854-nksports-base

    【楽天・浅村、後輩ロッテ藤原に「おると思わんかったわ」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2019/02/17(日) 00:18:39.55 ID:LRnAQvQY0
    no title
    【画像 ロッテ藤原、里崎ちゃんとツーショット】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2019/02/15(金) 16:16:32.79 ID:3e6B2z6n0
    no title


    16日のロッテ戦に先発する楽天・藤平
     楽天の3年目右腕・藤平が、ロッテの黄金ルーキーである「藤原斬り」を誓った。

     16日のロッテとの練習試合に先発予定で、キャンプ休日のこの日は午前中にキャンプ地で軽めの調整。
    初の実戦登板へ向け「試合に向けてしっかり調整できた。去年とは全く違うボールになっていると思う。フォームが安定して、1年間やっていけるフォームにたどり着いた」と話した。

     対するロッテには、若手有望株の左打者3人がいる。15年ドラフト1位の平沢、17年ドラフト1位の安田。そして18年ドラフト1位で、14日の中日戦でプロ初安打など3安打を放った藤原だ。

     藤平自身は16年ドラフト1位の20歳。「自分も若いけど、年が近い選手と戦うのはとても楽しい」。そして3人の名前を挙げ「打たれたら(新聞で)記事になってしまう。3人とも本当にいい打者。打たれた方じゃなく抑えた方で記事になりたい」と力を込めた。

     目標である開幕ローテーション入りへ。「(先発陣は)岸さん、則本さんは別として、(残りの4枠へ)どう抜け出すか。実戦で結果を残すしかない」。まずは藤原らをキッチリと抑え込んでアピールを狙う。

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2019/02/15(金) 16:16:46.12 ID:3e6B2z6n0

    【楽天・藤平、開幕ローテ入りへロッテのドラ1藤原を斬り誓う「抑えた方で記事になりたい」】の続きを読む

    bandicam 2019-02-15 14-18-28-656




    11: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2019-02-15 13:26:57
    藤原左飛
    三木右飛
    奨吾死球
    井上安打
    バル適時打
    安田二ゴロ
    1-0
    ※GIF画像(バルガスタイムリー)


    【GIF画像 バルガス・安田・吉田がタイムリーでロッテ3点リード!藤原はセンター前ヒットで二塁を狙う積極走塁!】の続きを読む

    StationTV_X 2019-02-15 00-46-17-618.mp4_000125700



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2019/02/15(金) 07:18:45.63 ID:VBKAvvIZ9
    ◆練習試合 中日6―7ロッテ(14日・北谷)

    ロッテのドラフト1位・藤原恭大外野手(18)=大阪桐蔭高=が14日、中日との練習試合(北谷)に「1番・中堅」で先発出場。
    同じく高卒1位の根尾(中日)、小園(広島)に先駆けて実戦初安打をマークすると、2本の適時打も放ち、3安打2打点と大暴れした。
    侍ジャパンの一員として昨秋の日米野球で好投した笠原、中日の守護神候補・田島を攻略。
    フルスイングを貫きながら、試合の中で一線級の投手に適応するセンスを見せた。

    快音が鳴り響くのは時間の問題だった。石垣島から那覇入りした12日の昼過ぎ。
    出発を待つ藤原に「重圧」について聞いてみた。ここまで実戦とシート打撃を合わせて17打席連続無安打。
    極度の不安や緊張を感じているのかと思ったが、「高校時代の方がプレッシャーはありました。それに比べたらまだ大丈夫かなと思います」とケロリとしていた。

    昨夏の甲子園、第100回大会はチームの4番として史上初となる2度目の春夏連覇に貢献した。
    大阪桐蔭は優勝の大本命に推され、「打って当たり前」という周囲の評価とも戦ってきた。
    そこで身に付けた自信もあったのだろう。報道陣は連日のように「プロの壁」と、はやし立てるも、藤原は「自分のスイングはできてきているので」と至って冷静だった。

    母・道子さん(42)によれば「落ち込んだりすることはなくて『次に、次に』って感じ」という前向きな性格。
    精神面も一流の素質があると見た。この日は初安打を手始めに一気に猛打賞。自信を深めたドラ1に大爆発の予感が漂う。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00000019-sph-base


    no title


    https://www.youtube.com/watch?v=suBOfWiQSnw


    ロッテ藤原恭大3安打2打点”覚醒の予感!輝星.根尾好調

    【ロッテ藤原、大暴れ5打数3安打2打点「高校時代の方がプレッシャーはありました」】の続きを読む

    DzW5A0TUUAEA8Th




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2019/02/14(木) 18:01:52.56 ID:Zt0NpHLgpSt.V
    試合前まで実戦では17打席無安打(3四球含む)だった。第1打席は空振り三振に倒れ、18打席に無安打が伸び、肩を落とし、ベンチに戻ると4番・井上がアドバイスをくれた。
    「足を上げるのが少し、遅いんじゃないか?」。短いひと言だったが、2打席目からは足を上げるタイミングを少し、早めただけでこれまでの苦しみがうそだったようにヒットが続いた。
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/02/14/kiji/20190214s00001173127000c.html

    【ロッテ藤原、4番井上のアドバイスで猛打賞!】の続きを読む

    このページのトップヘ