まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    タグ:補強

    G20160222012087790_view



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/09/15(土) 21:50:58.03 ID:8KnNk7wD0
    これもう煽りカスでは?

    >今季は中村と井上が主力に定着し、3年目の平沢も台頭。7月までは勝率5割を上回る戦いぶりに、山室社長は「想定より不本意な成績ではあるが、1年目からいい方向に進んでいる。徐々に底上げされて順調だと思う」と評価した。
    https://r.nikkei.com/article/DGXLSSXK41329_W8A900C1000000?s=0

    【ロッテ山室社長「想定より不本意な成績ではあるが1年目からいい方向に進んでいる」】の続きを読む

    WS008713




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/02/20(火) 21:08:47.55 ID:8apUiwUh0
    ロッテの林球団本部長は28日、来季の新外国人補強に関して「今年の成績不振の原因は、バッターの不振。そこを中心に考えている」と明かした。
    同時に、今季最高は内の16セーブといった絶対的守護神の不在にも触れ、「(外国人補強の)可能性はあり得る。156キロのストレートを投げて、フォークが落ちるような(投手)。
    (ソフトバンクの)サファテのような選手は簡単には獲れないでしょうが…」と語った。

     同日、マット・ダフィー内野手、ジミー・パラデス内野手、ロエル・サントス外野手の退団が発表された。4番候補だったパラデスは89試合で打率.219、10本塁打、26打点。
    シーズン途中に加入した“走り打ち”のキューバ出身サントスは66試合で打率.250、3本塁打、8打点。ダフィーは54試合で打率.201、6本塁打、18打点と、期待通りの活躍ができなかった。

     林球団本部長は、新外国人選手の人数に関しては「基本2人プラスα」と話している。
    今季途中加入ながら15本塁打の活躍で残留が見込まれるペーニャ内野手も、来季も続けて期待通りの働きができるか予断は許さない。
    それだけに「(本塁打を打てる)確率が高い選手」をターゲットとし、井口新監督、松本編成部長と候補について討議中。キューバとのパイプを維持しながら、投打の助っ人獲得に動いていくようだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171129-00095250-fullcount-base

    【11月のロッテ林球団本部長「助っ人補強は強打者中心、成績不振原因は打者の不振」】の続きを読む

    img_news



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/02/13(火)14:47:26 ID:4zQ
    2018井口「新外国人野手は外野手の方向で考えてます。大地は慣れ親しんだサード、奨吾はセカンドにコンバートします」
    フロント「サードのドミンゲスとってきたで!」

    ガ◯ジすぎませんかね

    【2013伊東「右打ちの長距離砲が欲しい」ロッテフロント「ブラゼルとったで!」】の続きを読む

    DVFGoUGU0AASgKE

    https://twitter.com/Chiba_Lotte/status/959625864043405318


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/02/10(土) 07:35:21.13 ID:rI0QsX3U0
    オルモス!
    シェッパーズ!
    ボルシンガー!
    ドミンゲス!
    ペゲロ!
    大隣!
    李!
    安田!
    藤岡!
    菅野!


    これでなにが不満なのか

    【「ロッテはちゃんと補強してない!」ってファンおるけど】の続きを読む

    このページのトップヘ