まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    タグ:補強

    20170526-00000101-jij-000-2-view



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/26(金)11:50:25 ID:PyQ
    千葉ロッテマリーンズは18日に、ロエル・サントス外野手の獲得を発表した。だが、同日の伊東勤監督のコメントからは新助っ人加入について喜んでいる様子が一切窺えなかった。今、ロッテが本当に必要なのはどんな選手なのだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170526-00010003-baseballc-base


     実際、いまのロッテに必要なのは打線のテコ入れだ。打つことができる選手であるならば必要な戦力だ。状況を鑑みると起爆剤が欲しいわけだが、サントスは言ってみれば、岡田幸文のようなタイプ。彼の打撃が相当良かったとして、出塁してもホームに還ってこなければ起爆剤にならない。

     厳しい言い方になるが、サントスのようなタイプは助っ人外国人として適切ではない。なぜなら、このタイプの選手は日本人で賄えるからだ。そもそも、今のロッテが低迷した原因はデスパイネ退団の穴が埋まらないからである。

     昨季オフ、デスパイネに変わる選手が必要となり、そこで獲得したのがパラデスとダフィーだった。しかし、その2人の目論見が外れた。伊東監督のコメントを借りれば「話にならない」というレベルの活躍しかしていないわけだ。それを受けて獲得した選手が出塁に特化した選手であるというのは、レストランで注文したのとは違うメニューが出てきたようなものだ。

     もちろん、球団としては高い出塁率を期待した現存の選手が機能していないから獲得に踏み切ったというのもあるだろう。シーズン開幕早々から獲得を目指して動いていたと会見などで話している。

    【疑問残るロッテの補強戦略。いま必要なのはサントスではない】の続きを読む

    CI0003




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/21(日) 09:49:03.33 ID:rz7xgJ400
    ――サントスは俊足巧打の選手ということですが……。

    「そうですね。足でかき回したり、(後ろの打者に)しっかりつないでくれたらと期待している」

    ――本職は中堅。伊志嶺、岡田、荻野とタイプが重なりますね。

    「う~ん、まあ、でもそこらへんが打てないのでね。彼らが機能していればここまで(低迷すること)にはならなかった可能性もある」

    ――これからはサントスと彼らを競わせると……。

    「そうですね。そういうことになると思います」――獲得を発表した直後に、伊東監督が「今絶対にほしい選手じゃない」と不満を口にしていましたが、それについては? 

    「あ~、それは僕は直接聞いていないので分からないですけど。まあ、4番候補、ホームランバッターの方がプライオリティー(優先順位)としては高かったのかなと。そういう意味では、確かに1番打者ではなかったかもしれない。 監督はそういうことを言いたかったのかなと。(補強は)なかなか思うようにはいかないものなので……」 

    ――今後、4番を任せられるような大砲の補強をするつもりはありますか?

    「そこは調査中です。この先、取る可能性は十分にあります。トレード?それはなかなかハードルが高いので、外国人の方で考えています」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170521-00000011-nkgendai-base

    【サントス獲得の真相をロッテ林球団本部長に直撃取材】の続きを読む

    20170519-00117112-baseballk-000-3-view



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/19(金) 10:59:33.09 ID:Ad1iz3/8x
    この日、球団はサントス獲得を発表した。WBCキューバ代表で1番を務めたチャンスメーカーだが、打率1割台のチームに必要なのは一撃で流れを変える長距離砲。
    指揮官が「WBCを見て面白そうという話はしたが、食い違いと言ったらおかしいけど、(現状で)絶対欲しいという選手ではない」と本音を漏らすのは当然だ。

     キューバ政府にオファーを出したのはパラデスとダフィーの活躍でオープン戦を首位で終えた直後。主軸が固定されていることが前提だった。
    両外国人の不振で前提が崩れた状況で、ようやくキューバが合意したから間が悪い。
    林信平球団本部長は苦渋の表情で「本塁打を打てる打者の調査も進める」と約束した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000045-spnannex-base

    【借金20のロッテ伊東監督「絶対欲しい選手ではない」新助っ人獲得もちぐはぐ】の続きを読む

    bandicam 2017-05-12 21-17-55-080





    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/13(土) 01:52:19.83 ID:+TvP6h0pa

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/13(土) 01:52:31.76 ID:+TvP6h0pa
    ロッテの林球団本部長が12日の日本ハム戦(東京ドーム)に1―15で敗れた直後に
    補強に前向きな姿勢を示した。同本部長は「補強はできることとできないことがある」
    と前置きしながらも「可能な限り手を尽くしたい」とこれまでになく強い口調で言い切った。

    ロッテは現在、チーム防御率(4・59)、チーム打率(1割8分7里)ともに12球団ワースト。
    ただ、ここまで4度の完封負けを喫するなど打撃不振が深刻で、同本部長は野手の補強を示唆していた。
    「補強すればすべてが解決するわけじゃない」としつつも、早急に打開策を打ち立てるつもりでいる。

    【ロッテ林球団本部長「野手を補強する、可能な限り手は尽くす」】の続きを読む

    20170510-01820823-nksports-000-3-view




    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/10(水) 05:54:22.40 ID:3tN9RgRPx
    ロッテが今年3月のWBCでキューバ代表を務めたロエル・サントス外野手(29)の獲得交渉を続けていることが9日、分かった。
    キューバ地元メディア「サイバーキューバ」がこの日、ロッテとの合意が間近であると報じた。同国野球連盟関係者の「時間の問題だ」というコメントも紹介している。
    現地報道を受け、ロッテ球団関係者もキューバ政府との交渉が続いていることを認めた。ただし、合意に至るかは「条件次第」とした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170510-01820823-nksports-base

    【ロッテ、WBCキューバ代表サントスと合意間近か】の続きを読む

    20170504-00000135-spnannex-000-3-view



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/04(木) 18:11:16.51 ID:NmMcFoSc0
    【ロッテ】伊東監督、借金12に新外国人補強を要望「本気で動いてほしい」 スポーツ報知 5/4(木) 18:05配信

    ◆日本ハム6―4ロッテ(4日・札幌ドーム)

    ロッテ・伊東勤監督(54)が、フロントに外国人のスピード補強をあらためて要望した。

    今季3度目の3連戦3連敗で、借金は早くも12。103敗ペースで、3位のソフトバンクとも8・5差をつけられた。
    パラデス、ダフィーの両新助っ人の不振も低迷の一因となっているが、さらなる補強は6月以降の見通し。
    この日の試合後、公式の場で初めて「この状況を何とか抜け出さないと、負け癖じゃないけどずるずるいってしまう。球団には外国人を含めて本気で動いてほしい」と切実に訴えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170504-00000172-sph-base

    【ロッテ伊東監督、新外国人補強を要望「本気で動いてほしい」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/02(火) 10:45:59.55 ID:8AVv3+zN6
    no title
    ※以下、原文抜粋
    ロッテの外国人補強が6月以降になる見通しであることが1日、分かった。
    4月を終えて、チーム打率1割8分6厘、9本塁打は12球団ワースト。
    新外国人のパラデス、ダフィーとも不振による無期限2軍降格中で、
    右脇腹痛で離脱している角中の復帰は5月中旬。
    補強は急務に見えるが、当面は現有戦力で戦うことになる。
    球団関係者は「6月。(補強ポイントが)大砲タイプか1番タイプか見極めている」と説明した。

      【画像 ロッテ、新外国人補強は6月以降になる見通し…】の続きを読む

    このページのトップヘ