まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    タグ:角中勝也


    no title

    1: 風吹けば名無し 2013/08/31(土) 13:24:03.36 ID:rUdBRVeR
    昨季、独立リーグ出身者で初の首位打者を獲得したロッテ・角中勝也外野手(26)。
    楽天・田中に対しても昨季までは21打数9安打とキラーぶりを発揮していたが今季は9打数1安打。マー君の何が変わったのか、角中が語った。

    昨季と今季の一番の違いはスプリット。昨季はスプリットというよりフォークだった。フォークだと球速が遅いので、どれだけ落差があってもバットに当てやすい。
    スプリットは速いので。軌道もバットを振りにいった時点まで真っすぐと同じ。良いときは、振ってから落ちるぐらいのイメージで変化する。
    直球も昨季までと違う。スピードガン表示を見ても速くなっているんだけど切れが増した。昨季は「ズドン」という感じだったけど、今季は「ビュッ!」という感じ。
    ホップして浮き上がってくる。配球はその直球とスプリットが多くなっている。走者を出してからは直球とスプリットしか使ってこない。
    スライダーは比較的抜けることが多いのであまり使ってこない。本人も分かっているんだと思う。

    対策法は、うちの投手が0点に抑えてくれること。そうすれば負けはないですから(笑い)。
    とにかく追い込まれるまでに初球から振っていくしかない。多少、高かったりコースが外れていたとしても。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130831-00000078-spnannex-base
    【ロッテ・角中が語る マー君最大の変化】の続きを読む

    このページのトップヘ