まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    タグ:鳥谷敬

    bandicam 2020-06-27 16-35-21-937.mp4_000062333




    257: 風吹けば名無し 2020/06/27(土) 16:31:50.92 ID:DO5U7tEk0
    ファースト鳥谷wwwwwwwww
    bandicam 2020-06-27 16-32-05-604.mp4_000023366

    【GIF画像 代走鳥谷、公式戦初のファースト守備につき早速打球を処理】の続きを読む

    bandicam 2020-06-25 18-24-41-609.mp4_000028766



    1: 風吹けば名無し 2020/06/26(金) 06:26:04.28 ID:LdF1YkGS0
    好調要因はベンチの〝あの男〟の存在が大きいか。ロッテ・中村奨吾内野手(28)の打棒がこのところ爆発気配を漂わせている。

     23日のオリックス戦(ZOZOマリン)で左翼席に今季1号を放つと、25日の同戦では自身初となる満塁弾を含む今季初の3安打固め打ち。
    打率も3割台に乗せ、2016年6月以来となるチーム5連勝と単独首位浮上に大きく貢献した。

    「相手投手が(初回に)不安定だったので、早い回に(自身の満塁弾で)点を取れてよかった」とは試合後の中村奨。
    昨季はヒザ痛や左目下負傷などの不運もあり、5月から打撃不振に陥る不本意なシーズンを送った。そのうっぷんを晴らすべく、今季は開幕から気合が入っていたが、発奮材料はそれだけではない。今年3月にチームに新加入した鳥谷敬内野手(39)の存在も大きい。

     中村奨はここ数年、チームの正二塁手として君臨しているが、守備だけを見れば華麗なグラブさばきを誇る元阪神のレジェンドも引けを取らない。
    少しでも打撃の調子を落とせば、井口監督は二塁も守れる鳥谷を先発出場させる可能性がある。その危機感こそが中村奨の今季開幕直後からの好調を引き出しているといわれる。

    「ベンチは明るいし、少しでも連勝を伸ばしたい。一戦一戦みんなでやっていきたい」。ベンチから目を光らせるベテランの視線を刺激に意気揚々と語る中村奨。いわゆる〝鳥谷効果〟でさらなる飛躍を目指す。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/19b6c9b55126014ff01e9f04e76a36348bdff347

    ※GIF画像


    【ロッテ中村奨吾の満塁弾、鳥谷のおかげだった】の続きを読む

    bandicam 2020-06-25 12-18-24-476



    84: 風吹けば名無し 2020/06/24(水) 22:54:46.41 ID:uZQZyEjYa
    チャンスで凡退した安田をベンチで励ます鳥谷さん 
    https://twitter.com/IzvPqInF7Z7WvWz/status/1275728778455588865 

    これはキャプテンシー発揮してますわ 

    【動画 鳥谷が凡退した安田を励ましてるシーンが素晴らしい(ロッテベンチの様子)】の続きを読む

    7fa40fdc



    1: 風吹けば名無し 2020/06/24(水) 22:44:35.03 ID:Rzr3nJrC0
    ・ベンチで若手にアドバイスする姿が目撃される
    ・ベンチでの声出しも頑張っている
    ・言うほど試合に出てこない
    ・セカンドなら無難に守れる
    ・藤岡のショート守備上達の一因と言われている(真偽不明)

    あまり叩かれなくなってきた模様

    【ロッテ鳥谷さん、何だかんだで許され始める】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/06/24(水) 00:04:56.52 ID:dliO+MYw0
    no title

    サヨナラ勝ちに笑顔

    【画像 ロッテ鳥谷さん、楽しそう】の続きを読む

    154: 風吹けば名無し 2020/06/22(月) 21:29:20.77 ID:oetR3T9X0
    千葉ロッテパムズが活躍してくれれば優勝や
    no title

    【画像 千葉ロッテパムズ、集合する】の続きを読む

    bandicam 2020-06-23 12-18-10-588



    117: 風吹けば名無し 2020/06/22(月) 21:26:56.33 ID:SXPJf2Wz0
    鳥谷のおかげで藤岡の守備が覚醒した説ガチなん?

    【鳥谷のおかげで藤岡の守備が覚醒した説ってガチなん?】の続きを読む

    このページのトップヘ