まとめロッテ!

    マリーンズニュース

    タグ:AI

    1: それでも動く名無し 2024/01/31(水) 17:58:58.74 ID:qWutp37q0
    10年以内に対戦する確率はは18.4%
    no title

    【AI「戦力を考慮するとロッテと広島が今年の日本シリーズで対戦する確率は3.2%です」】の続きを読む

    pexels-pixabay-373543



    1: それでも動く名無し 2024/01/03(水) 23:55:09.98 ID:+uKKaHH30
    NPB(日本プロ野球)のセ・リーグとパ・リーグの順位予想は、チームの戦力や過去の成績に基づいて行われるため、一概には言えません。さまざまな予想があるため、以下は一例です。
    2: それでも動く名無し 2024/01/03(水) 23:55:57.63 ID:+uKKaHH30
    セ・リーグの順位予想:
    1位:読売ジャイアンツ(巨人)
    2位:阪神タイガース
    3位:横浜DeNAベイスターズ
    4位:中日ドラゴンズ
    5位:広島東洋カープ
    6位:東京ヤクルトスワローズ

    パ・リーグの順位予想:
    1位:福岡ソフトバンクホークス
    2位:千葉ロッテマリーンズ
    3位:埼玉西武ライオンズ
    4位:北海道日本ハムファイターズ
    5位:東北楽天ゴールデンイーグルス
    6位:オリックス・バファローズ

    【AIが予想する2024年プロ野球の順位www】の続きを読む

    64063dbcad97bd421b437096_chatgpt



    572: どうですか解説の名無しさん 2023/05/26(金) 17:17:34.01 ID:IR01Vwdvd
    AIが作成してくれた文章(すげーなAIって)

    千葉ロッテマリーンズの魅力

    2023年シーズンに向けて、マリーンズの成功の秘訣として、選手の満足度の向上を重視した取り組みを行うことが挙げられる。具体的には、選手とのコミュニケーション強化や福利厚生の充実、チームビルディングの取り組みなどを実施し、選手たちのやる気とチームワークを高めることが重要だ。
    佐々木朗希の活躍に注目が集まる中、それ以外の選手たちにも光を当てることが必要だ。例えば、若手選手の成長促進のためのトレーニングプログラムの充実や、ベテラン選手のリーダーシップ強化などを行うことで、チーム全体の力を引き出すことができる。
    他球団との差別化を図るため、マリーンズは「儚さ」という特徴を戦略に取り入れることができる。例えば、スタジアム内には花や風鈴、アコースティックな演奏などを取り入れ、観客に儚さを感じる空間を提供することで、ファン層の拡大を目指すことができる。
    マリーンズの金銭的制約を逆手に取り、「独創性」を戦略として掲げることもできる。例えば、他球団では見られない斬新なユニフォームや球団グッズを開発し、注目を集めることができる。

    【AIが作成した「千葉ロッテマリーンズの魅力」がこちらwww】の続きを読む

    1: それでも動く名無し 2023/05/08(月) 15:00:39.13 ID:bSrHpzma0
    no title


    no title

    【AI「ロッテの四番バッター…?こいつらやろ!」】の続きを読む

    1: それでも動く名無し 2023/04/27(木) 11:24:06.41 ID:q4Eh+Pzy0
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    2: それでも動く名無し 2023/04/27(木) 11:24:31.08 ID:q4Eh+Pzy0

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【画像 12球団の監督をAIで女体化させた】の続きを読む

    61453473



    1: それでも動く名無し 2023/03/25(土) 09:58:56.65 ID:eMu7iZ9Z0


    ヤク ソフバン
    阪神 楽天
    中日 オリ
    横浜 ハム
    広島 西武
    巨人 ロッテ

    【AIの2023年順位予想がこちらwww】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2023/03/18(土) 00:20:01.84 ID:lEZOP5v70
    no title

    【AIに12球団の監督を聞いた結果www】の続きを読む

    このページのトップヘ